2020/08/14 20:46

三大成人病(ガン、心臓病、脳卒中)を招く要因として殊更に改善をつよく求められているのが、肥満である。
肥満度は、現状の体重から標準体重を引いたものを標準体重で割り、100をかけて出す。

*標準体重は、身長(メートル)の2乗に22をかけて出する(ケトレー指数による標準体重)。


肥満度は、軽度肥満度(肥満度がプラス10から20パーセント)、中レベル肥満度(肥満度がプラス20から30パーセントのケースの場合)、高度肥満度(肥満度がプラス30パーセント以上のケースの場合)にわかれ、おのおのに適切な減量プランがある。


軽度肥満
まず、女性は1日1600キロカロリーから、男性は1日1800キロカロリーから始める。
この食事を1週間以上つづけてみてみたいとおもう。

1週間以上たっても減量効果が現れないケースの場合や、1週間したら減量がとまってしまったと云うケースの場合には、運動をプラスする事で消費カロリーを増大させるようにする。

運動を増やしても減量効果がとまってしまったら、女性は1日1400キロカロリーに、男性は1日1600キロカロリーに食事規制を厳しくする。


中レベル肥満
女性は1日1400キロカロリーから、男性は1日1600キロカロリーからスタートする。

減量効果がとまった、もしくは現れないケースの場合は、軽度肥満のケースの場合同様、運動をプラスする。
更に減量効果がとまってしまったら、女性は1日1200キロカロリーに、男性は1日1400キロカロリーに食事規制を厳しくする。


高度肥満
女性は1日1200キロカロリーに、男性は1日1400キロカロリーに食事規制を厳しくする。

軽度、中レベルとおなじ様にし、運動をプラスしても減量効果がとまったら、女性は1日1000キロカロリーに、男性は1日1200キロカロリーに食事規制を厳しくする。

2020/08/13 23:43

近頃、不眠症や睡眠障害にかんする悩みを抱いている人がおおくなってきているようである。
自身1人で苦しんでいて、病院に行こうかなとおもったケースの場合、何科に足を運べばいいか理解出きる事が出きないなんておもって結局足を運べないとなるケースの場合も少なくないとおもわれる。

何時も行ってる病院があるのならそこで対談じてみるのもいいとおもわれる。色々アドバイスをしてくれるとおもわれるし、ケースに拠っては睡眠薬等処方してくれるかも知れない。
そうじゃないなら精神科や心療内科等を検診する事をお勧めする。

いざ、足を運ぶ病院が決定したら自身の不眠にかんする症状をメモ書きで良いので洗い出しておくのもいいとおもわれる。
整理する内容は、「眠れなくなったのはいつ頃からか」「原因はなんだとおもうのか」「寝付くまでどれくらいの時間がかかってるか」等でいいとおもわれる。

これをする事により、自己カウンセリングしているのと同じに成る為、思わぬ原因や症状が思い付くかも知れない。
また、整理していく事で、病院での診察もスムーズに実行できるように成るとおもわれる。

また、自身が眠ってる時の様子等は自身では理解出きる事が出きないとおもわれる。家族が一緒に居住しているケースの場合は家族に就寝している時の様子を観てもらう等協力してもらうようにしよう。
こういった具合に、病院に足を運ぶ前にあるレベル準備していく事で、焦らずに診察してもらう事が可能であるし、スムーズに運ぶ事が出くのである。また心の準備も出きるとおもわれる。

2020/08/11 23:55

近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術等の可能性もあるが、老眼のケースの場合は、老眼鏡を使用するほかないのである。
老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まった為に生じる症状である。
治療に拠ってこの弾力性を強める事はできない。
本を詠む時に本を目から離さないとよくみえない等、老眼の症状が開始したら、結局のところ、不自由であれば老眼鏡をつくり、必要に応じてかけるしかなさそうである。


老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。
ゆえに、近視や遠視の人は、遠くを観るためのめがねと老眼鏡の二つが必要となるのである。
このケースの場合、めがねは別々のものを2つ準備しても、1枚のレンズで遠近両用にしたレンズ、「多焦点レンズ」としても問題ない。
後者のようなレンズのケースの場合、いちいちかけなおす手間が省ける事からべんりとは云えるが、ハッキリとみえる視野が狭くなると云う短所がある。


その為、近いところをみる仕事がつづくケースの場合には、やっぱり近いところを観る専用の老眼鏡を準備する方が良いのじゃないかとおもわれる。
おのれの生活を考慮して、めがねの使用スタイルを考慮するとよいだろう。


また、老眼鏡は早くかけると度が進むのでは、と懸念する人がいるが、老眼鏡をかけたからと云って症状が進むわけでも、逆にとまるわけでもないのである。
不自由を実感しながらもかけるのをガマンしている必要はないだろう。

2020/08/11 0:49

ペットボトル症候群と云う事ばを御存知だろうか?
清涼飲料水には糖分がおおく含有されている。
清涼飲料水を容量の少なくないペットボトルで飲みすぎて生じた、糖尿病性ケトアシドーシスをペットボトル症候群とよぶ。

糖尿病性ケトアシドーシスは糖尿病の悪化で生じる。
インスリン機能の低下で、エネルギーとしてブドウ糖を必要量吸収できず、体の筋肉や脂肪からエネルギーを活用しようとする。
そこから出きるケトン体と云うものに拠って血液が酸性に成る。
普通は中性であるべき血液が酸性に成る事により、体の機能が低下し、酷い(ひどい)ケースの場合、意識がなくなる。

また、糖尿病は尿の量がおおくなる。
その為、糖尿病が酷く(ひどく)なると脱水状態になり、このケースの場合もまた昏睡状態に陥る危険性がある。
これを糖尿病性昏睡という。

ペットボトル症候群のケースの場合、まず糖分がおおく含有されるペットボトル等の清涼飲料水を飲みすぎ高血糖に、そして糖尿病へとつながってしまう。
糖尿病に成ると喉が渇く為、更に清涼飲料水を飲み高血糖を更に悪化させてしまい、糖尿病性ケトアシドーシスを生じさせるのである。
清涼飲料水の飲みすぎに注意し、麦茶等で水分を取らないとならない。

糖尿病は体の機能の低下を引き起こし、規則ただしい食事、運動、治療で血糖をコントロールしなければこのような症状に成る可能性がある。
しかしながら、自身の体の管理に拠って、このような症状を防ぐ事が出きるのである。
食事や飲み物の内容を把握するのは、自身の体を守る事につながる。

2020/08/05 21:03

花粉症の症状を悪化させる原因の1つにストレスと云う心理的負荷がある。

ストレスと云う心理的負荷による病気は数おおくあり体に悪いと云う事は周知の通りであるが、花粉症も例外ではないのである。

花粉症は花粉と云う抗原に対して免疫力が過剰に活動する事で生じるものである。
ストレスと云う心理的負荷は抗原と類似した働きをする為、ストレスと云う心理的負荷を実感すると免疫力が過剰に活動する。
免疫力が過剰に活動する事で、ヒスタミン等のアレルギー症状を生じさせる化学伝達物質を出しやすくしてしまうのである。

花粉症は今ではいっぱい世代に拡大しているが、中でも働き盛りの30代から50代に集中している。
30代から50代は仕事等で一番ストレスと云う心理的負荷がかかりやすい世代である。
花粉症は免疫力も体力のある働き盛りの世代におおく、反対に免疫力も体力も低い高齢者にはおおくないと云う事である。

ストレスと云う心理的負荷を改善する方法は人おのおのであるが、自身の好きな事を思い切りする時間をもったり、スポーツをしたりするのも適切な方法である。
また「ユーモア療法」と云う笑う事でストレスと云う心理的負荷を改善する療法も在り、これはがん治療にも効果を発揮している。

アロマテラピーで芳香浴やハーブティーをエンジョイする事も息抜きでき効果的である。

また充分な睡眠をとる事はストレスと云う心理的負荷をためない為には重要な事である。
自律神経の釣り合いを維持する為に遅くても夜12時前には就寝するようにしたいものである。

花粉症の季節は症状が辛く、暗い気持ちになりがちであるが、自身なりのストレスと云う心理的負荷改善法をみつけてストレスと云う心理的負荷を貯めこまない事が1つの対策と云える。