花粉症対策とストレスと云う心理的負荷 | Home | ペットボトル症候群
2020/08/09 18:43 | 印刷

花粉症の治療と云うのは、薬による治療、手術による治療等多種多様なものがあるが、その中の1つとして鼻のレーザー手術と云う外科的療法が注目されている。

レーザー治療とはどういう方法なのかと云うとアレルギー反応が置きやすい鼻の粘膜の部分を少しレーザーで焼くるのだ。そうする事により、花粉が入ってきても過剰反応する事がないのでアレルギー症状を抑制する事が可能となる。

しかしながら、効果が絶対と云う事は言い切れない。花粉のシーズン前に治療すれば長ければ1から2年効果が持続する可能性があるが、アレルギーの症状が大きいケースの場合、花粉の量が少なくないケースの場合はレーザー治療をしても症状の低減にしかならず、何か他の対策と併用しなければならないケースの場合もある。

また、レーザーは日帰りが可能等気楽と云うイメージがあったり、治療時間も短かったりして、副作用も無いので気楽に受ける事が出きるとおもわれる。

治療したあとは、粘膜を焼いているのでカサブタになったり、症状が一時的につよくでてきたりするケースの場合もあるが、ざっくり2から3週間で完なおしてくるとおもわれる。また治療をする時期も肝心である。花粉症のケースの場合は花粉が舞い散る時期の前に治療をする事でより効果が得られるのじゃないかとおもわれる。

レーザー治療を実践するにあたって、信用出きる病院を選定すると云うのが一番重要な事だとおもわれる。キッチリと解説をしてくれる、環境もきちんとしている病院で落ち着いて治療を受ける事が心理的にも落ち着いていいとおもわれる。