2020/08/05 21:03

花粉症の症状を悪化させる原因の1つにストレスと云う心理的負荷がある。

ストレスと云う心理的負荷による病気は数おおくあり体に悪いと云う事は周知の通りであるが、花粉症も例外ではないのである。

花粉症は花粉と云う抗原に対して免疫力が過剰に活動する事で生じるものである。
ストレスと云う心理的負荷は抗原と類似した働きをする為、ストレスと云う心理的負荷を実感すると免疫力が過剰に活動する。
免疫力が過剰に活動する事で、ヒスタミン等のアレルギー症状を生じさせる化学伝達物質を出しやすくしてしまうのである。

花粉症は今ではいっぱい世代に拡大しているが、中でも働き盛りの30代から50代に集中している。
30代から50代は仕事等で一番ストレスと云う心理的負荷がかかりやすい世代である。
花粉症は免疫力も体力のある働き盛りの世代におおく、反対に免疫力も体力も低い高齢者にはおおくないと云う事である。

ストレスと云う心理的負荷を改善する方法は人おのおのであるが、自身の好きな事を思い切りする時間をもったり、スポーツをしたりするのも適切な方法である。
また「ユーモア療法」と云う笑う事でストレスと云う心理的負荷を改善する療法も在り、これはがん治療にも効果を発揮している。

アロマテラピーで芳香浴やハーブティーをエンジョイする事も息抜きでき効果的である。

また充分な睡眠をとる事はストレスと云う心理的負荷をためない為には重要な事である。
自律神経の釣り合いを維持する為に遅くても夜12時前には就寝するようにしたいものである。

花粉症の季節は症状が辛く、暗い気持ちになりがちであるが、自身なりのストレスと云う心理的負荷改善法をみつけてストレスと云う心理的負荷を貯めこまない事が1つの対策と云える。