2016/04/04 21:20

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2016年3月発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/03/11 17:20

マーティン・ファクラー『「本当のことを」伝えない日本の新聞』双葉社 双葉新書
著者はニューヨークタイムス東京支局長。昨年、独立系シンクタンク日本再建イニシアチィブに転出したという。(ウィキペディアから)
3・11の東日本大震災の津波や原発事故に、日本の新聞はなぜ無力だったかをジャーナリストとしての現地取材から明らかにする。
結果的に日本の大手メディアは、当局の隠蔽工作に加担することになった。
とりわけ、SPEEDI スピーディ(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の件り(p63-72)は、当該自治体や住民にとって深刻である。

続きを読む...

2016/03/09 14:42

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2016年2月発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/02/24 20:55

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

2月24日
 朝から晴れるも、アルプスは見えず雪雲。中空に綿雲の千切れ雲。
風冷たい。日中6℃。

 森栗丸『おおい栗之助』中日新聞2月24日4コマまんがから


続きを読む...

2016/02/15 21:00

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

2月15日
 雪雲。アルプスは見えず。明け方から雪ちらちらするも、昼から日がさす。
気温。日付の替わった時刻が一番高く、日中は下がり続けて、夕方から氷点下になる。

<鳩翔ちてお天守閣の冴返る>
 松本城の国宝天守閣を詠む。

続きを読む...

2016/02/08 21:30

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2016年1月発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/01/27 19:50

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

1月27日
 朝からきれいに晴れる。二日続きの快晴の冬晴れ。アルプスの裾に寒靄たなびく。眺望良し。最低気温氷点下6℃。

 庇に設置した衛星放送のアンテナが落雪を受けて視聴不能になる。
 画面の初期設定>アンテナ設定>でアンテナの張りワイヤを調節する。

 夜、市道に岩塩を振り撒く。

続きを読む...

2016/01/17 22:04

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

1月17日
 朝方きれいに晴れるも、まもなくうす雲、おぼろ雲。明日は大雪がくるという注意報出る。
 最低気温氷点下6℃、日中気温上がらず3℃。

 東西の通りに面して南側の我が家の前の市道の凍結に備えて、町会役員宅のデポから岩塩をポリバケツに5リットルほどもらって備える。また雪かき、スコップなども亦。

 雪が積もって困る作業を少しだけ。カエデの整枝など。

続きを読む...

2016/01/08 20:12

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2015年12月発電実績
 2015年一年間発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/01/04 21:41

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

正月四日
 朝からきれいに晴れ。アルプスに綿雲、中空にちぎれて少し。時折南寄りの風あり。
 暮れに来て二日に帰った子・孫の使った夜具など昨日今日の日差しに干す。
不義理した賀状3通今日投函する。昼前、ヤボ用にて温泉町をひとめぐり。キラキラ。気温日中16℃まで上がる。朝の気温氷点下2℃。

続きを読む...