2016/12/30 21:16

<松ぼくりつけてをりけり松飾>
<井戸のふた小さき松を飾りけり>
松を飾る、件の如し。玄関、表・裏木戸、井戸、蔵の扉、厠、竃(レンジ台)神棚、大黒柱。

 朝から晴れる。アルプスに雪雲、中空に綿雲も、日中はきれいな冬晴れ。
 朝氷点下4℃、最高気温4℃と冷たい。

続きを読む...

2016/12/21 21:46

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

12月21日
 朝方きれいに晴れるも、東の山から霧降りてきていちめんの冬霧。まもなく晴れる。
 昼近く南より薄いおぼろ雲広がりだんだん濃く。
 夜に入って星見える。寒オリオン。

 朝の気温氷点下2℃、日中10℃。

 昼、寄り合いの納会の昼食弁当をいただいたので、かぼちゃ団子は夕食時に食べる。
 



続きを読む...

2016/12/07 21:00

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2016年11月発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/11/24 20:12

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

11月24日
 昼近くまで雪、湿雪。その後も雪雲、いちにちチラチラとする。
 庭で12センチ。玄関前、生ゴミ用のコンポストまで、裏木戸までさっと雪かき。
 
 最低気温氷点下1℃、日中2℃。

<初雪のはや大雪となりしかな>
 



続きを読む...

2016/11/10 21:05

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2016年10月発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/11/07 21:12

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

11月7日
 明け方まで曇りも朝からきれいに晴れる。アルプスに雲なく。
夕方のアルプス夕映え。
 最低気温4℃、日中14℃。

 ほたるの里の作業。山際のヤブ、伸びすぎたカエデやケヤキなど伐る。片付けが大変、9人で8時半から11時までかかる。

<小春日の猫の仕草を楽しめり>
小春日和の日向の暖かさである。


続きを読む...

2016/10/13 21:21

<うすぐもに十三夜月登りけり>
 日中、日差しあるも雲の多いいちにち、うすぐもの中に月。
 最高気温17℃。

 

続きを読む...

2016/10/11 20:13

原子炉を眠らせ太陽を呼び覚ませ
 森永晴彦、同名の著作から


  山笑う太陽光発電所「かぎろひ」の月報です。
○2016年9月発電実績

○原子炉を眠らせよ
 

続きを読む...

2016/09/15 21:25

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

9月15日
 いちにち曇り雲。日中おぼろ雲、にゅうどう雲。今日の月、雲間に見えたり隠れたり。
 最高気温27℃。

 <ブラインドてふ蔀を上げよ今日の月>
 台所のブラインドを上げて、雲間の月を見る。


続きを読む...

2016/09/11 21:20

正岡子規の『雲の日記』に倣ってわたしの<雲の日記>を記す。 

9月11日
 いちにち曇り雲、朝方はアルプス見えず。夕方は晴れて夕焼け雲。
 最高気温27℃。

 地域の一斉清掃の日。女鳥羽川の堤防の草刈りと片付け当番、朝6時から小一時間。家の周りの道路、公園なども亦。

 昼前、近所の空き家の前を勝手に清掃。町会長の許可を得て実施する。朝顔の蔓、網戸の内側まではびこる。ケヤキ、アジサイ、バラ、アオキなど。勝手に生えたもの、植えられたもの。
 60センチ余に切ってまとめて置く。こちらも小一時間で切り上げる。


続きを読む...