八ヶ岳円筒分水ツーリング1<御射鹿池&茶水池> | Home | 八ヶ岳円筒分水ツーリング3<蓼科湖の円筒分水>
2011/05/27 21:33 | 印刷

5月27日 くもり|雨
最高気温 17.9℃  最低気温 11.5℃

麦草峠を越えて国道141号線に出る手前の集落にあるのが、「鷽の口(うそのくち)円筒分水」である。けっこう大きいらしいのですぐ見つかるかと思っていたら、分岐がわかりにくく、近くを随分ウロウロしてしまった。



そしてついに・・・

鷽の口円筒分水

見つけたー!





近付いて、見下ろしてみる

鷽の口円筒分水

中央が水で盛り上がっている




ちょうど周辺では田植えの時期だったので、水量が豊富。水の流れる音で人の声が聞こえないほど、勢いよく「分水」されていた。見ごたえあるなあ。




上の写真とは反対側へ

鷽の口円筒分水

左奥に見えるのは「ゴミ揚げ機」らしい




横に立ててあった案内板には、「この円筒分水は鉄筋コンクリート製で、石堂川から取り入れた水を上村、佐口、小山の三つの用水に分けるために、昭和28(1953)年3月に建設された」とある。
当時のものは老朽化により、昭和40年代に大改修されて現在に至るようだ。




どんどん水が出てくるなあ

鷽の口円筒分水

穴が丸い




この穴は全部で47個あって、上村用水28個、佐口用水13個、小山用水6個の配分になっている。この施設ができるまでは、下流の白滝で藤つるをものさしにして、水路に続く水口の幅を測って水を分けていたそうだ(前述の案内板より)。




流れ出る水、アップ

鷽の口円筒分水

ずっと見ていても飽きない




ちょうどお昼になったので、この円筒分水をながめながらお弁当。でも私は早めにおむすびを1個食べてしまったため、残りのお弁当だけではちょっと物足りない・・・。ということで、さらに近くのスーパーでパンも買って食べた。本当に、この日の食欲には我ながら驚くばかりだ。

円筒分水まとめ目次







この日はもう一つ円筒分水を見た。続く。*地図リンクは鷽の口円筒分水ですが、「だいたい」の場所です。
(クリック、いつもありがとうございます!)

いやぁ、素晴らしい存在感です。
ありがとうございます!
見ごたえありました〜

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。