<絵日記>社交辞令 | Home | 翌日のトラベラーズノート
2011/03/26 21:20 | 印刷

3月26日 うすぐもり/はれ
最高気温 4.7℃  最低気温 ー1.2℃

<2012年9月追記>
Appleのサービス「MobileMe」の終了に伴い、iDiskにあげていたこのブログの写真が表示されなくなっています。
この記事は過去の日記保管庫にてご覧ください→こちら


今まで、文具店で手にとることはあっても、自分が使うとはぜーんぜん想定していなかったトラベラーズノート。黒やコゲ茶の厚い1枚革が無骨だし、リフィルの規格も独特だし、商品の世界観もなんとなく近寄りがたい感じがしていた。

が、たまたま昨日訪れたお店で見かけたのが、このシリーズでは初めて見る明るい茶色のカバーで、一気に心をつかまれてしまった。帰宅してからずっと、「トラベラーズノート」で検索三昧。



そしてその翌日には我が家へ

トラベラーズノート 5周年 キャメル

方眼ノート、名刺ファイル、ジッパーケースも購入




調べてみたらこの色のカバーは5周年記念モデルで、24日に発売されたばかりだとか。ミドリのオンラインストアでは、発売当日に売り切れたという人気ぶり。でも「レギュラーサイズ」しかないのが残念だなあ。「パスポートサイズ」の方が、需要がありそうな気がするけれど。
この大きさが便利なのか自分の手にあまるのかは、しばらく使ってみないと分からないかも。




こういう木綿の袋に入っていた

トラベラーズノート 5周年 キャメル





カバー裏の刻印と同封されていたチラシ

トラベラーズノート 5周年 キャメル

5周年記念アイテムは色々あるようす






とりあえずこんなふうにセッティング

トラベラーズノート 5周年 キャメル






それともこういう使い方はどうだろう

トラベラーズノート 5周年 キャメル






上の状態で閉じたところ

トラベラーズノート 5周年 キャメル

けっこうスッキリ




今はまた上の状態から変わって、一番外側にハイタイドの手帳にはさんでいたメモ帳、ジッパーケースには電卓と3色ボールペン、その間に万年筆(ペリスケブルー)をはさんでみた。ゴムで閉じれば、万年筆はカバーに引っ掛けなくても落ちてこなさそう。

その他、入れているのはハイタイドの手帳にはさんでいたカード類と、住所録などの備忘録。実はすでにハイタイドのメモ欄がいっぱいになっており、どうしたものかと思っていたのだった。




つまり、ハイタイドの外付けのメモ帳

トラベラーズノート 5周年 キャメル

大きさ、ハイタイドの手帳のほぼ2倍




カバー左上についている金属のゴム留めは、パソコンや机を傷つけてしまいそうなのでとってしまった。現在はカバーの内側にゴムの結び目がある状態。しおりはつけていない。
それにしてもこのカバー、傷が全然気にならないのがいいなあ。この色が出るまで買わなくてよかった。

来年はスケジュール帳もこのトラベラーズノートに一本化することを視野に入れつつ、色々試してみたいと思っている。

トラベラーズノート公式サイト







本来の商品コンセプトである「旅」に、早く連れていってあげたい。
(クリック、いつもありがとうございます!)

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。