<PILOT>Pen Station Museum(パイロット ペンステーション ミュージアム) | Home | 赤坂のドーナツ屋さん、Neyn
2008/11/01 23:59 | 印刷

11月1日 はれ
最高気温 17.0℃  最低気温 7.4℃ (松本地方)

東京では木枯らし1号が吹いた日。日射しは安曇野よりも暖かかったけれど、空気は冷たかった!こっちは暑いと思って薄着で来ていたのを後悔。

ところでスクラップしたいものが日々色々出てきており、早く「カズン」を使いたいなあと思っていたところ、「ほぼ日」のサイトから11月版のお試しバージョンをダウンロードできるようになっていた。

*ダウンロードはこちらから→ほぼ日手帳CLUB|2008年10月30日更新分




さっそくダウンロード

ほぼ日手帳11月お試し版

11月月間カレンダー






1日1ページ

ほぼ日手帳11月お試し版

全16枚




これらをダウンロードして内側に折り、重ねると結構な厚さになる。みんなはこれをどうやって使うのだろう?
私の場合は、内側に折って、外を糊付けして貼り合わせ、上下とめくる部分(つまり、「のど」以外のところ)をカッターで切りそろえて製本。こうすると1ページが紙2枚分になり、カズンのカバーにはさんだりできないほどの厚さになってしまった。
上の方のカットに失敗し、2回カッターを入れたので、余白が狭くなっている。




ということで、独立した1冊に

ほぼ日手帳11月お試し版

カズンよりは少し小さい




表紙に使った紙は、後ほどまた記事にするけれど、ドーナツが入っていた箱だ(→翌日の日記)。裏表紙はその箱を入れて持ち歩いていた紙袋の底敷き。それらを留める背の紙は、その紙袋を細く切ったもの。徹底的にリサイクル。




下の方から見たところ

ほぼ日手帳11月お試し版

厚さは約5mm




実家にあるもので、いわば「急ごしらえ」のようなかたちで作ったので、雑だし強度もそれほどない。でも持ち歩くわけでもないし1ヶ月分だから、たぶん保つと思う。見返しなどはなく、表紙の裏からすぐに月間カレンダーが始まっている。
お試し版ということで方眼の印刷が濃くて、文字を書くのには向かないみたい。これはスクラップ帳としてだけ、使うことになりそうだ。

ほぼ日手帳関連記事まとめ







春一番は「番」なのに、木枯らし1号はなぜ「号」なのか?
(人気ブログランキングへ)

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。