軽井沢ハーフマラソン2011 | Home | ふれあいまつり2011
2011/08/18 18:55 | 印刷

震災ボランティア・防災講演会にて回収したアンケートの結果を報告します。こちらの不手際で長い間報告するのを忘れてしまい、申し訳ありません。(今回は松本地区の分のみ報告します。)

講演会アンケート結果
・集計方法:紙媒体のアンケート用紙をvolnetが信大生にランダムに配 布し集計する。回答に空欄があっても可とする(このため死票等で合計 が123人にならない)。
・回答総数:信大生123人分
・問③と④で使用しているカッコ内のアルファベットは、その前の問①、
 ②で示された選択肢を選んでいることを表している。



質問内容(選択式6問)と結果
①(全員に)講演会が開催されることを知っていたか(3択/有効回答123
人)
 a知っていたし参加した…1人
 b知らなかったので参加しなかった/できなかった…80人
c知っていたが参加しなかった…42人

②(①でbを選んだ人に)講演会の存在を知っていたら行きたかったか(2択・有効回答70人)
 d行きたかった…19人
 e 行きたくなかった…48人 
※その他3人(講演内容を知らないので答えられないなど)

③(講演会に参加しなかった人=b・cを選択した人に)講演会に参加しなかった理由は何か
(5択・複数回答可/有効回答91人)
選択肢(5つ)
・講演会に興味が無い: 11人(b) 11人(c)
・興味はあるが講演会の場に行きにくく感じた:6人(b) 5人(c)
・行きたかったが予定があった:12人(b)  18人(c)
・行くのが面倒だった :15人(b) 11人(c)
・その他(講演会の内容を知らない・就活が多忙)2人

④(全員に)あなたは防災知識を身につける必要があるか
     (2択・b=d+e/有効回答102人)

・ある(計101人): 1人(a),18人(d),48人(e),41人(c)
         (※その他bを選択、 d・e選択せず3名)

・ない(計1人) : 0人(a),0人(d),0人(e),1人(c)
⑤(全員に)防災の知識はどこで身につけられると思うか(複数回答可)
・テレビ86人
・新聞62人
・雑誌21人
・漫画7人
・ラジオ26人
・ネット66人
・公官庁配布物50人
・口コミ12人
・公官庁防災メール21人
・地域の放送11人
・近所づきあい15人
・講演会22人
・その他4人(図書2、実体験1、学校の防災訓練1)

⑥(全員に)volnetが再び防災講演会を企画したら参加を希望するか(2択/有効回答119人)
・する…39人
・しない…80人


質問等ありましたら、松下までお願い致します。
文責:松下 

アンケート結果だけじゃなく
それでどういう分析を行い,どういう結論に至り,今後はどうしていくのか

が重要ですよ.
お返事が遅れてしまい申し訳ありません。ご指摘ありがとうございます。

今回は講演会を聴講する参加者が少なかったこと、またその原因として「そもそも講演会の存在を知らない」人が多かったことが大きな特徴です。そのため、講演会の告知をより大々的に行う必要があったと考えられます。
 また講演会の時期的にも、かえる祭りの準備が重なってしまったため、講演会の準備は常に人手不足であり、準備段階で告知について多くのアイディアを募ることができなかったのも原因かと思われます。
 しかし、講演会それ自体についてはアンケート結果でも一定の需要があると言ってよいと思われます。今後講演会を開くのであれば、常にメンバーを確保できる時期に行うことが必要だと考えています。
 逆に講演会を開かないのであれば今後どのように信大生に対し防災意識を持ってもらうのかが課題になる思います。アンケート結果では紙媒体の情報で防災に関する知識を身につけようとする学生が多いため、松本市の防災マップ、講演会で参加者に配布した資料をまとめた冊子を配布するなどの手段が考えられます。
そのほかにもインターネットで情報を配信し、講演会へ行かなくて済むようにするといった方法もあるかと考えています。


文責:松下

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。