J2第39節 vs水戸ホーリーホック | Home | J2第42節 vs大分トリニータ(最終戦!)
2012/11/04 23:55 | 印刷

前節、栃木SC戦。
J1昇格プレーオフ圏内の可能性がまだ残る一戦。

試合前は「勝ってPOの可能性が残ったら、チームを後押しする為に千葉遠征考えようかなー」なんて思ってた。

試合を見て、敗戦を見て、POの可能性が消えた。

でも、気持ちを入れて戦う選手たちを見て、「千葉に行こう」と決意した。

PO圏内とかなんとかよりも、「この凄いやつらと共に戦える機会は、もう今年はあと2回だけだ」という気持ちになってました。

という事で今年4戦目のアウェイ参戦、ジェフユナイテッド市原・千葉戦へ緊急参戦してきました!

・・・とここまでカッコよさげな事書いておいて、今回の記事の中心は、試合以外のところ。

J創設から参戦するいわゆる「オリジナル10」のチーム。
私が行った事のあるアウェイの地では最も歴史を紡いで来ているだけあり、クラブやホームタウン全体について感銘を受ける事が多かったので、そっち中心です。

まずは道中から。
今回は決めたのがオフィシャルバスツアーは既に売り切れ。
もう選択肢は公共交通しかないわけで、今回は高速バス+JR。

そしたらUMさんが「電車でGO!」企画をやってるって事でこれにまざって来ました。
東京駅、京葉線入り口に集結したのはおよそ40名。


まあ、何をするって訳でなく、一部を”グリーン車”にするだけですけどね(^_^;) こんな感じでした。


JR蘇我駅に到着すると、そこは既にジェフホーム!
さすがにスポンサーがJR東日本て事もあるけど、結構インパクトでかいですね。




その後、スタジアムに向かう道中にも、こんなマンホールが!


そして商業施設を抜けたら突然姿を見せた、フクアリ!!

でけー!周りが広いー!

待機列に向かう前に、まずは名物モノを。
事前に知識を仕入れておいた「喜作のソーセージ盛り」へ。
ちょこっと列が出来てました。
まあ9割山雅サポでしたが(^_^;)


事前の情報どおり、普通だとトレイみたいなのに10本くらい乗っけてた感じでしたが、タッパー持参だと14本くらい入れてくれました。


そのソーセージをつつきながらアウェイのゲート方面へ。
すると、いたいた!緑の人だかり。
・・・またこんなに来てるー!!


でも入場もえらくスムーズに列が流れる。
口が多いのかな、セキュリティチェックが甘甘なのかな?などと思ってたけどそうでもない。

そしていざフクアリの中へ。
入って席確保してぐるっと見渡すと・・・

すっごいいい雰囲気でした!
アルウィンに近い感じを受けたけど、さらにピッチ近いし臨場感はこっちの方が高いかも。
屋根もついてて雨が来ても大丈夫。

そしてちょっと昼飯漁りにメイン方面へ。

この写真、ちょっとわかりにくいけど、娘さんを連れた男性とそのちょっと前を歩く男性。
その向こうにはメインとアウェイサイドを仕切るゲート。

手馴れた感じで、流れるようにユニを脱いでゲートへ向かわれました。(手に持ってる黄色がユニ)
さすがですね。
アルウィンなんて、なんの問題もなく通過出来ちゃうもんね。

あれはあれでいいから続けられるといいけどね・・・

キックオフ1時間前にはそのコンコースを埋め尽くしての決起集会!

でも、あまりに多すぎてご迷惑かけちゃったようですね・・・

試合はたくさんのレポが公式やサポさん方のブログとかにあるからなんだけど、とにかく力の差を感じました。

1~2タッチでブンブンボールも人も動く、だからなかなか奪いどころを絞れない。
うかつに飛び込むとかわされてえぐられてピンチに。

ウチはやっぱフナの存在は大きいなと。
シオもハイボールに今日はあまり勝てなかった。
この2人が前でボールを収められないと、厳しいですね・・


”幻の多々良ヘッド”もありました・・・


悔しい思いを背にフクアリを後にしました。
夜のフクアリもキレイでした。


ハードでもソフトでも、いろんな面で大先輩の大先輩たるものを見せてもらいました。

山雅も、20年・・いや10年後にはこんな姿になっていたい。

もちろん同じものを目指すんじゃなくて、我々なりの形で
クラブが、サポが、地域が、一体となって根付いて盛り上がってる様子。


成し遂げたいものです。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。