わたしとあなたとナガノのブログ。
剣ケ峰 | Home
2012/11/17 15:39 | 印刷

最近、ちゃんとからだと向き合う気になってきた私に
入り込んだ、野口晴哉氏のフレーズ。


まず自分から動くことだ。
自分から出発することだ。
しかしその意欲も、背骨が弱いと生じない。
脊髄へ息を通すと自発的に動きだし、世界は為に一新する。
この世にどんなことがおころうと、
どんな時にもいつも楽々悠々息しつづけよう。
そしてこの心ができた瞬間から、
小鳥は楽しくさえずり、花は嬉しそうに咲き、
風は爽やかに吹きすぎる。
雪は白く、空は蒼い。
黒い雲のむこうはいつも蒼い。



世界が変わったのではない。
自分が変わったのである。
自分が変われば世界は変わる。
自分の世界の中心はあく迄も自分であり、
自分以外の誰もが動かせないものなのだ。
自分がこの心を持ちつづける限り、この世界は毫も変わらない。


何と楽しいことではないか。
自分の欲する方向に心を向けさえすれば、欲する如く移り変わる。
人生は素晴らしい。いつも新鮮だ。
いつも活き活きしている。
大きな息をしよう。背骨を伸ばそう。


晴 哉


(月刊全生11月号より引用させていただきました。)

すごくいい文章だね!
今の私にもためになる話だわ。
>やぴ
そうだね。整体の先生の言葉だよ。
生活はどう?いまは、どちらにいるのかな。
新しい人生に祝杯!

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

Copyright © twilight - Powered by マツアズ [ログイン]