わたしとあなたとナガノのブログ。
「遠くの町と手としごと」 福井、京都、松本 工芸三都物語 | Home | 新型インフルエンザを予防する飴
2009/09/13 12:25 | 印刷

木曽の手前、奈良井の山間にうどん屋さんがありました。

うどんが好きです。


そんな秋の深まる今日このごろ、
このたび不定期開催のうどん会が発足しました。

メンバーは、木曽にあるけど讃岐うどんが食べられる
うどんやさん「十喜」(とき)へ足を運びました。






店内入り口にはセルフサービスのおでんが温まっており、
ひとつ80円で自分で取り分け、注文表へ記入する方式。


入って左側がカウンター、右側が小上がり、真ん中に厨房という構え。









(← ぶっかけうどん )










↑ 発起人のちびひめさんは、牛もつ煮込みに舌鼓。


さすがコシがありましたが、そこまで固すぎず、お子さんでも食べやすいのではないでしょうか。
うどんのほかにも、ついついたくさん食べてしまいました。
満足!



このあたりで讃岐うどんが食べられるお店はそこまで多くないので、木曽谷へ出向いた際には立ち寄られてはいかがでしょうか。夜も22時まで営業されています。

また、十喜さんは製麺所も兼ねていらっしゃるようです。
香川の小麦粉がどどんと置かれていて、またそれも良い雰囲気でした。


信州そばに負けず、うどん屋さんがもっとできたらいいですね。



讃岐うどん 十喜

塩尻市奈良井三ノ段837-206
TEL 050-3444-0238

営業時間 昼 11時~14時半
      夜 17時半~22時





コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

木曽からの19号沿いで、目立って明るかったお店。大好きな讃岐うどんの看板が見えたので、入ってみた。すると、ぞろぞろ歩いてくる人たちで、あっという間にいっぱいに!近所の方に愛されているお店のようです(^^)まだオープンして間もないのか、キレイな店内。カウンターに通され座ると、厨房が丸見え。目の前でうどんを茹でたり、天ぷらを揚げたりしている(゜゜)こちらは製麺所でもあるようで、小麦粉の大きな袋がドドーンと積まれているのも見える。サイドメニューやトッピングの天ぷら、ご飯もの等メニューが盛りだくさん。麺が茹...

このエントリーのトラックバックURLを表示

Copyright © twilight - Powered by マツアズ [ログイン]