宝物になっていく写真 | Home | もう一度はじめよう。
2007/01/15 0:21 | 印刷

先日名古屋へ、ずっとお会いしたかった方のところへ
訪問してきました。
名古屋までは高速バス。往復だと¥5,000位。
ずいぶん安く行けますね。


名古屋からちょっと電車に乗って移動したのですが、
町並みがこちらと違うことに新鮮な驚きを感じました。

屋根が、瓦屋根の家が多い!









































同じ都会でも、東京のように、
民家がビルのような建物が多い街とも、
またひと味違っていて、なつかしい感じのする
素敵な場所でした。
(名古屋駅前は大都会だったけど)

面識の無かった方に、
遠くまで会いに出掛けたのは、
すごく久し振りだったような気がします。

時間は多少かかりましたが、
私にとって、とても大切な訪問になりました。

明日(もう今日)は東京へ。
人に会いにではなく、会議で・・・
うーん、詰まらなそう。。。

詰まる、というのは将棋で言えば、勝負がつく、つまり目標達成することですよね。
ということは、
詰まらない、というのは、目標達成していかない状態のことか・・・

なるほどね。
なぜ、詰まらないのか、
それは、自分が目指す方向に進んでいないときに感じることなんでしょう。

詰まらないという感覚、
それはシグナルなのかもしれませんね。
うーむ・・・なるほど。
確かにシグナルなのだと、driveさんのコメントで
納得しました。
そうか、そういうことだったのか・・・
ではこれからはなるべく、
詰まることにエネルギーを使うことにしまーす!
とても懐かしくなる町並みですね。
名古屋というと大都会というイメージがありますが、こういう風景は以外だし、
素敵ですね。


私も意外でした〜。
三州瓦の産地が近いから、ということらしいです。
日本の町並みにはこういった瓦がよく似合いますね。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。