2006/10/31 22:29

NHKを割とよく見る我が家。

ニュース7の気象予報士、半井さんや、
ニュースウオッチ9の伊東アナウンサーも
楽しみなのですが、最近私が特に気に入っているのが
先日も盆栽に絡んでご紹介した「美の壺」。
NHK総合じゃなくて教育ですね。


で、なんでまた紹介したかというと、
次回、11月3日の美の壺は「信濃路」だからです。

ナビゲーターの谷啓さんが秋の信濃路を旅し、
信濃路で見つけた「美」を紹介してくれるそうです。

内容まではちょっとわかりませんが、
予告編を見た感じでは、道祖神もちらっと
映っていたので、安曇野の紹介もありそうです。

放送時間は11月3日(金・祝)の10:00〜10:50
ご興味のある方はぜひご覧下さい〜
チャンネルお間違え無く・・・

この番組、ナレーションの高橋美鈴アナウンサーも
いい感じですね。ってそればっかり。。。



2006/10/30 0:50

いつものように、忙しい週末を送っていました。

きちんとした更新も出来ないので、
今日はつらつらと日記的なものを・・・


ユーザーミーティングの日(水曜)は山梨へ
付き添いゴルフに行っていました。
私はゴルフが全く出来ないため、
「付き合い」ではなく、「付き添い」で。

コンペには参加しなかったのですが、
仕事でおつきあいのある会社の社長が
獲得したゴルフバッグを私に譲って下さいました。
2万円以上もするものらしい・・・
バッグをもらってしまった以上、
ゴルフ、始めなければ・・・
でも、できるのだろうか、この私に。
「みんなのゴルフ」ですらプレステ2がないので
出来ないのに・・・って関係ないか。



翌日の木曜日、会社に出勤してシフト表を確認すると、
あれっ? 今日は、自分はお休み・・・?
間違えて出勤してしまったものの、
仕事は山積みだったのでそのまま休日出勤。

そのかわり、昨日の日曜がひまだったので、会社を
3時で早退して、嫁さん、ちびと一緒に中山文庫へ行きました。
このバスが中山文庫って訳ではありません
こぢんまりとしてますが、ちゃんとした建物の図書館です






















中山文庫は以前にも何度か行こうと挑戦したのですが、
私は休館日にあたることが多く、中に入ったのは初めてでした。

思ったよりきれいで(あがたの森の図書館を想像していた。
あれはあれで好きですけど)、ちょっとびっくり。
私は写真に関する本を2冊程、
嫁さんは料理に関する本を借りてきました。

子供用のスペースもあるので子連れでもいいですね。

でも、うちのちびはトラックの絵本を見つけて
大興奮してしまい、わーわー言い出してしまったので
庭でちょっと遊んでから早々に家に帰りました。


日曜の夕方に家にいることはほとんどないので
「サザエさん」を随分久しぶりに見る事ができました。
波平さんって子煩悩でいいお父さんだなぁ・・・

このところ完全なお休みがなかったので
久しぶりにちょっとだけお休み気分を味わえました。


2006/10/20 1:16

落ち葉を踏んで
これは弘法山でのヒトコマ。落ち葉をさくさく踏みながら。
まだ歩くのがそれほど上手ではないので、
舗装されていない道では下を見ながら歩くことが多いです。

子供の写真で、背景をなるべくぼかしたい時は、
膝をついて姿勢を低くしてみると、こんな感じになります。
でもコンパクトデジカメだと、構造上(?)ここまで
ボケは出ないかな。。。?


















嫁撮影
嫁さん撮影のヒトコマ。ちびと私が画面の中央に来ています・・・
ちょっとこれだと普通の構図なので・・・
フォーカスロックという機能を使って、
地面をもっと大きく入れたり、空をもっと大きく入れたり、
しゃがんで撮ったりしてみたりすると、面白い写真になります。
「フォーカスロック」っていうと小難しいですが、
シャッターを半押しにして、レンズをずらすと
構図が変えられる仕組みの事です。
コンパクトデジカメでも割とできるはずなのでお試し下さい。

















紅葉の木
紅葉してました。もちろん紅葉なんて、ちびはおかまいなし。
もののあはれを勉強しなさい。・・・1歳半じゃ無理か。

















秋の日の木陰
被写体の斜め後ろくらいから光が射すのを、半逆光といいます。
半逆光は人物をきれいに浮き立たせ、
やわらかい雰囲気を作り出します。

















うさぎ
ちなみにこれは順光といわれる光の向きです。
被写体の正面から光が当たっている状態をいいます。
って、ちび後ろ向きですけど。
コントラストがはっきりしますが、その分
光が固い感じになります。
「とうちゃん!うさぎだよ〜、うさぎ!うさぎだってば!」
なんてしゃべれるようには、いつになるのやら・・・







2006/10/19 0:16

先週の写真になります。
お休みの日は、芳川公園の確率が
高いちびと私です。

この日は噴水が出ていました。

噴水
冬になっちゃうと確か止まってしまうので、
もうすぐ芳川公園の噴水もしばらく
見られなくなりますね。


















みずたまり
どうして子供はこういう水たまりの中に
入りたがるのでしょうね・・・
靴、びしょびしょなんですけど。。。


















みずのひかり
これは一眼デジカメで撮りましたが、
最近のコンパクトデジカメには「露出補正」という
機能がつていたりするので、それを使うと
こういう逆光でもきれいに撮れます。


















視線
人物の写真を撮るときは、見ている方向を
ちょっと空けて構図を作ると、安定した構図になります。
この写真で言うとちびは右側を向いているので
少しだけ写真の右側に空間を作っています。
わざと逆にする場合もあります。

















今回は一眼デジカメですが、
コンパクトデジカメでも、もっと
上手い具合に撮れないかなぁと勉強中です。



一昨日のお休みはアルプス公園に行ったので
次回はその写真でも・・・

2006/10/15 0:56

MacFanさんの記事を拝見して、
エントリーすることにしてみました。

個人的なお話になりますが
どうかご容赦下さい。




中学1・2年のときに同じクラスだった
女の子がいました。

とても大人しかった彼女とは、
おそらく同じクラスだった2年間を通じても
言葉を交わした回数は、片手の指の数にも
満たなかったかもしれません。



その彼女との思い出と言えば、
放課後の木造校舎の教室で、
お互い、おそらく忘れ物でも
取りに来たところへ偶然出くわしてしまい、
ちょっと困ったような、なんとなくきまずそうな
表情をされたことと、
彼女がクラスの男子にからかわれて、
やはりちょっと困った顔をしていたことを
覚えているくらいなものでした。


別に好きだったとか、
特に意識していたなんてことはなかった、
ただのクラスメイトの一人でしかなかった彼女の、
ちょっと困った表情だけがなぜ強く印象に残っているのか
今でも私にはわかりません。


3年生のときはクラスが別になってしまったため、
どこの高校に行ったのかも知らないまま、
どんどん年だけを重ねていきました。



在学中には木造校舎も取り壊され、
卒業してから一度だけあった、
学年全体での同窓会にも確か、
彼女は来ていなかったように覚えています。



時々、ふと思い出すことはあっても
もちろん連絡を取るなんてことは無く、
稀に会う友人たちとの会話にも、
彼女の名前が出てくることは全くありませんでした。





その彼女の名前を、あるサイトで
見かけたのはもう6年前のことでした。

SNSのようなサイトだったのですが、
彼女の名前を見つけたとき、
彼女の、ちょっと困ったような表情を鮮明に思い出し、
懐かしくてメールを出そうかどうしようか迷ったのですが、
そんなに交流があった訳ではないし、
今更メールを出されても覚えていないかもしれない、
と、そのままにしてしまいました。


そしてまた、なんとなく、気にしたまま
しばらく時間が過ぎました。





彼女の名前をそのサイトで
見かけてから4年程経ったある日、
今度は新聞の朝刊を読んでいると、
彼女の名前が載っているのが目に入りました。



名前を見た瞬間に私は、あの時の木造校舎での
ちょっと困ったような彼女の顔を
再び鮮明に思い出しました。



ただ悲しい事に・・・その名前が載っていた記事は、
交通事故の記事で、その名前の女性が亡くなったことを
伝えていました。


年齢を確認すると、私と同い年。
住所は住んでいた場所とは異なりましたが、隣の街。


心当たりのありそうな友人に問い合わせたり、
警察に知り合いのいる人物に、
確認を取ってみたのですが、
私の知っている彼女かどうかまでは、
住居の移転やプライバシーの問題もあり、
結局調べることが出来ませんでした。

でも、その彼女のちょっと変わった名前から、
おそらく彼女自身であることは間違いないと、
私は感じています。



そのサイトには、今でも彼女の名前があって、
メールを出そうと思えば出すことが出来るようです。

ただし、一旦、そのサイト内でメールを受け取る仕組みに
なっているので、おそらくメールを出したところで
彼女の家族が見てくれるなんていうことも考えられません。




いまになってみれば、ですが、
なんで彼女の名前を最初にサイトで見かけた時に
メールを出さなかったんだろうと、
鈍い後悔が心の底に残っています。



もちろん、何も変わらなかったかも知れないけど、
本当に万に一つでも、彼女の行動を変えることが
出来ていたなら、もしかしたら、彼女が事故に
遭わなかったかも知れない。


確率としてはとても低いものかもしれないけど、
今でも時々は昔の思い出話をできる
友人として、いてくれたかも知れない。


この年になれば、困ったような顔をしなくても、
きちんと話が出来たかもしれないのに。


メールを出せなかった事が、
いまでも心残りな思い出です。





2006/10/11 23:51

せっかく、昨日は「その1」にしたので続きを。

今回は出席するのも楽しみだったのですが、
写真を撮らせてもらえるのも楽しみでした。

でもチャペルでは出席している人は
撮影禁止だったので、チャペル内での写真は無し。




ケーキカット
以前はイミテーションの背の高いケーキが
主流だったようですが、最近は高さが低いタイプの
生ケーキが多いですね。
あっ、でもこのカットじゃ生ケーキかどうかなんてわからない。。。


















スパークリングワイン
お酒の事や料理に関して、全く知識のない私は、
スパークリングワインは全てシャンパンかと思っていました。
違うんですってね。。。
さらにトンチンカンなこと言ってたらお許しを・・・


















カクテルドレス用ブーケ
式とウエディングドレスで使った白いブーケから
カクテルドレスの色に合わせたブーケに持ち替えて。
ちょっとわかりにくいですが、
ブーケの先にいるのが新婦。


















夕景
この日は天気がよくて、本当に気持ちよかったです。
でも秋冬の礼服で出席したので暑かった・・・
秋冬かどうかは関係ないけど、
ウエストがきつくなっていて、
出掛けるときになって、入るかどうか焦りました。
礼服買わなくちゃ・・・


















手紙
新婦のお手紙はしんみりしますね。
いいお手紙でした。


















今回はガーデンがついた会場だったのですが、
こういう場所は天気がいいと気持ちがいいですね。
雨ではなくて良かった良かった。
新郎の日頃の行いは、高校時代と違って
良くなってたのかなぁ?
良くなっていなかったような気がするけど・・・





2006/10/11 1:42

高校時代の友人の結婚披露宴に
出席するため、実家のある埼玉に帰っていました。

風邪がいまひとつ回復せず、
ちょっと辛かったのですが・・・


こんな感じの会場。
これはチャペルの一部。
チャペルでは咳がでてしまい困りました・・・
なんとか無理やり咳をこらえ、肩を震わせ、
涙目になりながら我慢していたのですが、
横で私を見ていた聖歌隊の方は
わたしのこと、相当、不審に思ったでしょうね・・・


















庭には花の植え込みがあります。

















敷地内は外国風な感じ。

















結婚披露宴は、きれいな人が一杯いるので、
出席するのがいつも楽しみです。
ブーケもきれいでした。

















最近、披露宴に出ると、よく撮るカット。
デジカメや携帯のカメラをみんなが
よく使うようになったから撮れるカットですね。


















ゲストテーブルのお花。

















メインテーブルのお花。

















久しぶりに友人達に会う事ができたので
とても楽しかったです。
高校を卒業して、約20年。
友人達に会ったのは、15〜18歳の頃ですから、
その倍以上生きて来た事になります。

でも、昔の友達に会うと、
その頃に戻れるような気がして、
楽しいですね。

って、披露宴の話じゃなくなってしまいましたが・・・

披露宴のお話は、もしかしたら明日以降に。。。




2006/10/07 1:02

どうも風邪をひいたようです。
熱はあまり出ない体質なので・・・

いま計ってみたら35度6分。

?

もう一回・・・35度7分。


(=_=)

体温低いなぁ・・・

頭は痛いし鼻水は出るし寒気はするし・・・
風邪だと思うんだけど。。。



健康は大事ですね。

先日、会社の健康診断で病院に行って来たのですが、
毎年の事ながら、健康診断って、もう少し詳しく
(親身に?)やってくれたらいいのに、と思います。

年取ってくるといろんなところにガタが出てくるので、
問診の時、「胃が重いんですけど・・・」とか、
「頭痛がよくあって・・・」というと、
(他にも色々あるけど言えない)
大体いつも先生に、
「気になるようなら専門のお医者さんに行って下さいね」
と、言われます。

はい、その通りです・・・。
健康診断はそこまでですよね・・・。

でも一度だけ行った人間ドックでも、
「気になるようなら専門のお医者さんに行って下さいね」と
言われたっけ・・・。


我が家(私だけ)は、手術などではない、
通常の通院程度の医療費に関しては、
自分のお小遣いのなかから自己負担する、という
しきたり(自主的に)なので、病気になると
金銭的にも結構きついものがあります。

ここ3ヶ月程は歯医者さんに通っているので、
今はきついんだよなぁ・・・

週あけには、お医者さん行かなくても
治っていますように・・・


2006/10/06 0:28

国体の弓道の少年女子で
長野県が優勝したという記事
信毎で見ました。


長野県は弓道強いんですね。

下諏訪向陽とか飯田女子なんかは
時々耳にしていたような気がします。
あれ?でもその辺の高校は選手に入ってないや


私も高校、大学時代と弓道をやっていました。
と、言ってもすごく下手で・・・
謙遜で言うならまだしも、本当に下手でした。

平均して2〜3割しか的に当たらない
(上手い人は7〜9割当たる)、くらいの腕前・・・
それもそのはず、高校時代に「時をかける少女」
(原田知世版)
や「アイコ16才」などが流行った頃に、
なんとなく(かなりか?)影響されて
弓を始めたミーハー組だったもので・・・

時をかける少女はアニメもあるんですね。
こっちも主人公は弓道部なのかな?



でも、今になってたまに弓道の写真などを見ると、
また、間近で観てみたいな、という気持ちが
湧いてきます。
引くにはきちんと道場に通って、何ヶ月か練習しないと
無理なので、ちょっと今は不可能ですが・・・


日本の弓は世界に類を見ない程、
長く、美しい形をしています。

そして、動作や射形についても、
完成された美しさがあります。
もちろんあまり上手でないと
美しくなかったりもしますが。。。




写真の被写体としても、とても魅力的なので、
いつか写真を撮らせてもらえる
機会があればいいなぁと思っています。

それと、いまは無理ですが、あと10年くらい
経ったら、もう一度始めてみたいな、
と記事を見て思いました。

2006/10/04 0:50

夕方、コンパクトデジカメ持って、
芳川公園におでかけ。嫁は生協さんで買い物中。
最近ちょっとコンパクトデジカメの勉強中です。

芳川公園、広くていいですね。
電車も見えるし。

歩け歩け
















夕方なので影が長く伸びて・・・
















父の影、チビの影
随分足が長く見えるなぁ・・・
















おやつにパンを二人で食べました。
いい天気で良かった良かった。
















この後、すぐ曇っちゃったけど・・・


明日もなんでもない一日でありますように

2006/10/02 9:13

誰も寝てはならぬに続いて、
今日のおすすめマンガ
BANANA FISH


J.D.サリンジャーのナイン・ストーリーズに
入っているものではなく、
吉田秋生がフラワーコミックに連載した、
一応、少女マンガの御紹介。

結構、年代物ですね。
ベトナム戦争に端を発し、まだソ連があった時代の
お話なので・・・
ちょっと好き嫌いは分かれるかも知れませんが、
マンガ好きの方は、一度は目を通しておいても
良いかと思います。


内容は、比類無き知性と美貌を持つ、ストリートキッズ、
アッシュ・リンクスが、麻薬「BANANA FISH」の謎を
巡って繰り広げるハードアクションと、
友情、愛を描いた長編作品。
アッシュの顔が途中から変わってしまうのはご愛嬌ですが・・・
亀有の両さんも変わっちゃってるし、
その辺はしょうがないですね。

長編で人気のある作品は脇役もいい味出していますが、
この作品も脇役が個性的、かつ魅力的です。
アッシュの親友、ショーター。
ショーターの後を引き継いだチャイニーズマフィアの
若きボス、シン・スウ・リン。
アッシュの教師であり、敵であり、
そして味方でもあるブランカ。

敵役になりますが、ゴルツィネ、月龍なども
アッシュを際立たせるいい味を出しています。


一応、アッシュと、位置づけ的には
ヒロインである英二を中心に話が進むのですが、
英二以外の人物像がとても魅力的です。

そして特筆すべきは番外編の ANOTHER STORY

その中の「光の庭」は、恥ずかしながら、
私は今でも泣けてしまう作品です。

ただし、番外編だけ読んではいけません。
本編を全巻読み終えた後でないと
その良さが半減どころでは無くなってしまうので要注意です。
できれば少しだけ時間をあけてから
「光の庭」を読んでみて下さい。
きっと涙せずにはいられないでしょう・・・

2006/10/01 0:56

みなさん、先日はユーザーミティング、
どうもありがとうございました。

当日、お礼も言えませんでしたが、
yukaripanさんのパン、美味しかったです。
チーズ入っていたら嬉しいなーと思って
食べたら入ってた!行って良かった〜。
山中さんには飴もらって、松AZさんにはお茶もらって、
すっかりクレクレくん状態になっておりました。

今回は人がたくさんで楽しかったですね。
また次回もたくさんのみなさんと
お会いできますように。。。



さて、最近、松AZ内でもマンガの話題が
盛り上がっているので、
今更ですが、わたしもちょっと参戦。

今回ご紹介するのは、ここしばらく、
気に入っているサライネスの「誰も寝てはならぬ」
こんなリンクで良いのかな?

トゥーランドットじゃないですよ。
と、書いてみたもののトゥーランドットは
荒川静香のあれよ、あれ、ってくらいしか
わからない、教養の無い私。


デザイン事務所を経営するゴロちゃんと、
一応主人公らしいハルキちゃんの40男二人を中心に、
取り巻く周囲の常識人・非常識人・不思議な人たちが
おりなす日常を、ゆるーい感じで描いた作品です。
現在もモーニングに連載中(だと思います)。

辻褄の合った話の展開が、実話か?と
思わせるマンガです。 実話なのかなぁ・・・
違うよなぁ・・・

時折大変そうに見える彼らの職場も、
傍からみると、とてもゆるい感じで
ちょっと羨ましい・・・。

仕事はできるのだけど、抜く時は抜く、
という姿勢に憧れます。マンガ上では
9割方抜いている感じですが、
こんな風になれたらいいなぁ・・・

仕事に疲れた方、つらい事があった方、
このマンガを読めば、まったり、ゆっくりした、
「まあ、いいか〜」という気分になれるマンガです。

あっ!あれ?マンガのタグカテゴリーがない!
みんな何に入れているんだろう・・・?
趣味にいれとくか・・・