2018/08/31 21:41

こんにちは!
普段SNS更新を担当しております、りょ〜と申します。
今回は短い投稿では想いを書き切れなかったのでこちらを初めて書かせてもらいました。

8月25日の横浜FC戦では、選手の新人研修として
34DFジョジヌ選手(ゲート1)
36DF武藤友樹選手(スロープゲート)
39FW小松蓮選手(ゲート4)
の3名が我々の活動に参加してくださいました!



たまにクラブのイベントのひとつとして少しだけ顔を出すのとは大違いの、運営の裏側を経験して今後のサッカー生活に役立てるというJリーグの新人研修です。

他のゲートの方の感想も聞いてみたいですが、私の担当するゲートには小松選手が来てくれました。
開門前はテント立て、POP貼付、マッチデー袋を保管場所からゲートに移動など。
入場開始後はマッチデー袋の配布。
試合終了後はゲート外でのゴミ回収と、我々と同じ活動を積極的にこなしてくれました。



その間ファンの方々からの声掛けに応えるだけではなく、自らお客様やバモスメンバーに声を掛けてくれたり、小さな子供にしゃがんで目を見て笑顔で「はいどうぞ!」と渡している姿。
我々にとっても初心を思い出させてくれるような本当に素晴らしい姿勢を見せてくれていました。

現場撤収後の終礼ミーティングの時に、3選手が挨拶してくれました。
(記憶の限りですが、)
小松選手は「皆さんがいつもこうやって自分達がサッカー出来る環境を支えてくださることに感謝しながら、結果を出せるように頑張って行きたい」

武藤選手は「試合をするのにこれだけの人達が動いていることはこうやって経験しないとわからなかった。サッカーを頑張ろうと改めて思いました。」
という言葉に胸打たれました。

そしてジヌ選手は通訳の方がいなくてキョロキョロしながら「ありがとうございました!」と絞り出しました(^^)


皆さんは、今好きな選手のことをどのようなきっかけで好きになりましたか?

プレーはもちろん、小松選手はU-18から初の昇格選手であり諏訪の出身であるということもあるかと思いますが、そこを抜きにしてもこのような取り組む姿勢とか笑顔とか気持ちって人を惹きつけるチカラを持ってるなと、半日見てて思いました。

チームバモスの活動は直接選手と関わることはほぼほぼありませんが、サポーターの方々だけではなく、少しでも遠回しに選手達のためになっているんだ!ということを改めて感じる1日となりました。

これからも、笑顔溢れるアルウィンをみんなで作っていきましょう!

読んでいただきありがとうございました!

2018/08/08 21:41

皆さま、連日暑い日が続いておりますが、体調を崩されたりしていないでしょうか?
先般の西日本豪雨災害で被災された方々の復興を祈念いたします。

さて、平成最後の夏も本番に入っております。
TEAM VAMOSでは、毎年夏季に、小中学生のお子様を対象として、「お客様から感謝される喜びを知る」体験をしていただく、夏休み体験ボランティアというイベントを開催しております。
http://yamaga-kouenkai.com/volunteer/2018/07/20/1532047966283.html


普段とは異なる視点でアルウィンでのホームゲームを楽しむことができ、貴重な経験ができたとご好評いただいております。
本年度は8月18日の第29節に実施予定でありますが、申込はすでに終了しております。
ご興味ある方は、また次回開催時にお申込みください。




ところで、お子様のボランティア活動の機会として、山雅後援会がホーム戦の毎試合後に行っている「Green&Clean作戦」はご存知でしょうか?

「Green&Clean作戦」は試合後にスタジアム内の清掃活動をお子様にお手伝いいただく活動です。

試合観戦で訪れているアルウィンをきれいに保つため、アルウィンへの感謝の気持ちを込めて、清掃活動を行うことで、お子様の健全な成長に資することを目的としております。




活動の協力依頼について、山雅後援会から以下のとおりメッセージをいただきました。

=======

後援会活動に日頃よりご協力いただき感謝申し上げます。
後援会活動の一つである「Green&Clean作戦」ですが、
次世代育成支援の一環として、2012シーズンより行っております。
活動終了後はその試合の時しか手に入らない記念品をお子様にプレゼントします。
試合終了20分後から30分間ほどの活動となり、試合終了後の混雑回避にもなりますので、親子でご参加いただければと思います。

=======

ご興味のある方は、メインスタンド側スロープゲート横の後援会ブースにて毎試合受付をしておりますので、参加してみてはいかがでしょうか?

駆け出しライターT

2018/07/05 21:55

皆さま、こんにちは。
ワールドカップ、熱戦が続いていますね!
日本は惜しくも決勝トーナメント1回戦で敗退となりましたが、決勝トーナメント進出だけでなく
その先どう勝ち上がっていくのかという点が議論となっており、日本サッカー全体として地力がついてきたのでは、と感じています。

日本のサッカーをさらに発展させるために、まずはJリーグを盛り上げませんか?

TEAM VAMOSでは、サッカーを”支える”という観点から、試合運営のボランティア活動をしておりますが、
この度、我々の活動を体験していただくことができる「体験ボランティア」を実施することとなりました。

 実施日:明治安田生命J2リーグ 第26節
     2018年7月29日(日)ヴァンフォーレ甲府戦

試合運営のボランティアには、観戦、応援では味わえない充実感、サッカーに携われる喜びを感じることができます。
また、一緒に活動する仲間の輪ができ、様々な人と知り合い、絆を深めることができます。

申込は以下URLにアクセスし、メールアドレスを登録ください。
https://www.mwt.jp/vamos/regist/

この体験ボランティアは、山雅後援会の一事業として実施しています。
本件の詳細は、以下の山雅後援会HPにおいても案内されていますので、ご参照ください。
http://yamaga-kouenkai.com/volunteer/2018/07/05/1530781597177.html

ぜひお気軽にお申し込みください!

駆け出しライターT

2018/06/20 21:38

皆さま、こんばんわ。
昨日の日本代表のコロンビア戦勝利に、皆さま喜びで湧いているところと思います。
このまま行けるところまで突き進んでいってもらいたいですね!
さて今回は、TEAM VAMOSの活動のうち、今月初旬に実施しました標記の普通救命講習会についてお伝えします。


==============

目の前で人が倒れているのを見かけたとき、あなたはどう行動できますか?

ホームゲームでは、毎回一万人以上の方々にアルウィンに足を運んでいただいています。
年齢も性別も異なる、大勢の方が集まるアルウィンでは、想定外のことが起こりうる可能性があります。バモスに参加し、『安心・安全なスタジアム』の運営をお手伝いする私たちに出来ることには何があるのかと考えるとき、『救命処置』を学ぶことは、とても大事なことであると思います。

例年、暑さが本番を迎えるこの時期に、普通救命講習会を開催しています。
今年は栃木SC戦の前日6月2日に、松本広域消防局様にご協力をいただき、普通救命講習会を開催しました。講師として丸の内消防署・渚消防署より救急救命士お二人をお招きし、実技も含めて三時間の講習を行いました。



初めに、映像を使っての座学からのスタートです。

ついさっきまで元気にしていた人が、急に倒れてしまい突然心臓や呼吸が止まってしまった時、この人の命を救うために、そこに居合わせた人ができる応急手当のことを『救命処置』といいます。
119番で通報してから、現場に救急車が到着するのには、平均で9分かかるそうです。
この9分間にその場で出来る処置を行わなければ、目の前の救える命も救えなくなってしまう可能性が大きくなります。
出来ることを皆で少しづつでも行うことが大切であると感じます。
119番の仕組みや方法、アルウィンでのAEDの設置場所などを確認し、2班に分かれいよいよ実技の開始です。

「安全の確認」→「声をかけ反応を確認」→「119番の通報と協力者を依頼」→「呼吸の確認」→「胸骨圧迫」→「人工呼吸」という救命処置の一連の流れを確認し、人形を使って一人ひとり実践します。
この一連の動作を一通り行うのは、実はかなりハードです。特に「胸骨圧迫」を一定の速度で30回行うと息があがってしまいます。周りの人と協力しないと、救急隊が着くまでの9分間はとても乗り切れそうもありません。
講師の方や、他のメンバーのやっているところを見て、頭では解っているつもりでしたが、自分の番になると思うようにはいきません。繰り返し講習を受けて、何度も実践してみることが必要だと実感します。



次はAED(自動体外式除細動器)の操作を学びます。

AEDによるショックが必要か否かは、AEDが自動的に判断します。
機械はいくつかの種類がありますが、どの機種も同じような手順で使えるように設計されているそうです。
電源を入れると、あとは音声のガイドに従って使用すれば問題ないとのこと。だからこそ、必要だと思われるときは迷わずAEDを使用することが大切であると認識しました。

ここでは、二人一組になり「AED操作」と「胸骨圧迫」をペアでおこないます。
人形とデモ機であっても、AEDのボタンを押すときは緊張しました。
このような場面に直面しないことが望ましいのですが、いざという時のために心構えをし、準備をしておくことの重要性を感じました。



最後に、止血の方法やその他の応急手当を教えていただき、すべての講習が終了しました。

私自身は、子どものPTAで救命講習を受講して以来、十数年ぶりの受講でした。
改めてこうした講座を受講し、「救命救急」を必要とする現場で、何をすべきか、また勇気をもって行動することの大事さを学ばせていただきました。
これからも、継続して講習に参加していきたいと思っています。
TEAM VAMOSメンバーで未受講の方は、次回の『普通救命講習会』にぜひご参加ください。

また、まだ受講されたことのない方、「何年か前に受講したような…」という方、お近くで講習会開催の折りには皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。

駆け出しライターY

2018/04/16 22:28

皆さま、こんにちは!
明治安田生命J2リーグ、2018年シーズンが始まりましたね。
この度TEAM VAMOSの広報担当となりました駆け出しライターTと申します。

これから、松本山雅FCのホームゲーム運営を支えるボランティア団体、TEAM VAMOSのことをもっと皆さまに知っていただけるよう、情報発信していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


2018年の山雅は、第4節が初めてのホームゲームでした。
しかし、芝の養生のためアルウィンでの開催ではなく、他クラブのホームスタジアムをお借りすることとなりました。


それがこちら、山梨県小瀬スポーツ公園にあります、山梨中銀スタジアムです。

普段と異なる環境・ルールで、戸惑うこともあったかもしれません。
それでも、我々TEAM VAMOSは普段の運営と変わらず、笑顔を大切に活動をしたつもりです。


また、試合終了後には感謝の意味を込めまして、客席を拭き掃除いたしました。


ヴァンフォーレ甲府の方々をはじめ、小瀬での試合開催にご協力いただいた関係者の皆様、素晴らしいスタジアムをお貸しいただき、誠にありがとうございました!



そして4月に入り、生まれ変わったホームスタジアム、アルウィンでの試合が行われました。

本当にきれいな芝になっていて、嬉しくなってきますね。

今年からスタジアム(アルウィン)内のレイアウトも少し変わっておりますので、この場でも改めてお知らせさせていただきます。

まず、アウェイサポーターのためのゲートが2ゲートに移っております。

これにより、アルウィン北側のゴール裏席に、コンコースからの入場が可能となりましたが、ゲート3が閉鎖となっております。

また、2ゲート付近にあったグッズ売り場がスロープゲート付近に移動しております。

これにより、スロープゲートにあった以下のブース(機能)がそれぞれ以下の通り移動しております。
 ユニフォーム販売ブース : 4G付近
 インフォメーションセンター : 総合案内所

すでにご存じの方も多いかと思いますが、ご注意ください。


TEAM VAMOSでは、今シーズンも山雅の試合運営を支えていきます。
皆さまも、お気づきの点がありましたら、忌憚のないご意見をお寄せください。
そして、松本山雅FC、山雅のホームタウン:信州、Jリーグをともに盛り上げていきましょう!

駆け出しライターT


 <TEAM VAMOSの活動に興味を持たれた方は、このリンクをクリックして、登録案内のページをご覧ください!>