2017/03/17 22:19

次の日曜日はいよいよホーム開幕戦ですね!

今回ご紹介するのは、複数年の経験を積んだ“頼れるアニキ”的VAMOSメンバーのお話です。
 

皆さんこんにちは。
自分がTEAM VAMOSに登録したのは2014年の後半、最初はBe-VAMOSで登録しました。
自分も元々サポーターで、ゴール裏で大旗を振る立場でしたが、肩をケガして旗が振れず応援も出来なくなってしまいました。
でも何か山雅に関わる形でアルウィンに来たいなと思っていたらお声がかかりまして、「VAMOSやってみないか」と知り合いの方に言われたのです。
ダマされたような感じでやっていたが結構ハマってしまいまして、2015年からはフルタイムのVAMOSでやっています。
ちなみにこれ(今着ているの)がTEAM VAMOSのジャンバーです(すりすり)。結構厚手で、今ちょうど暖房の下にいて暑いくらいです。

TEAM VAMOSに入ったきっかけは肩を壊したことでしたが、実はVAMOSに登録した本当の理由というのがあります。
自分は大旗隊という立場でした。「大旗隊」見たことある方はわかると思いますが、ゴール裏で、サポーターの方が飛び跳ねている中で、大旗隊の人はぽつんぽつんといて、周りに仲間がいないような環境でちょっと寂しいなと思う時もありました。
そんなある時、かなりの雨の試合で自分がびしょぬれで帰るときに、とあるVAMOSの方に「大丈夫ですか」と声をかけてもらいました。
そういう親切な言葉をかけてもらうことはなかなか無かったので、「VAMOSの人親切だな、かっこいいな」と思ってちょっと興味ができました。
それからVAMOSの方と話したり挨拶したりするようになり、「VAMOSって何をやっているんだろう」と考えるようになって2014年、Be-VAMOSで試合が始まるまでやらせていただきまして、結果的に自分の中で「これ面白い、楽しい」となり、今はフルVAMOSでやらせていただいています。

TEAM VAMOSに登録し、いざボランティアという形でアルウィンに行くとなると、試合を観に行くときと気持ちが全然違うんです。ゴール裏に行っていた時と違い、裏方、運営の裏側に入っていくという感じで自分には未知の世界といいますか、自分が行って大丈夫なんだろうか、とか、何をしたらいいんだろうとかという不安があって、最初行ったときはもう本当にうろちょろして「何をやったらいいんだろう」という感じでいました。
VAMOSの先輩方は仲間意識というのが強くて、初めて行ったときも何人も声をかけていただきました。「これはこうして、次はあれやったらいいよ」とか「大丈夫?」と、結構声をかけてくださるんです。そういう姿を見ていて、「あぁ、VAMOSの人たち本当に親切でかっこいいな」って心から思いました。自分もこういう人たちになりたいという気持ちがだんだん強くなっていきました。

運営のボランティアに参加した中で、最初に自分がやった業務はYellで、資源物の回収のところを担当しました。
同じようなことをずっとやっている中で、大変だった時もありました。ですが独りではなく、VAMOSの仲間がみんないます。そして和気あいあいと話しながらやる中で、「楽しみながらやるというのが一番大事」と教えてもらいました。

そんな経験を重ねていき、今、自分は主に『誘導』をやらせてもらっています。
お客様の『誘導』の内容は幅が広くて、いろいろなファン・サポーターの方と話をする機会が増えてきます。
自分はあまり話をするのが得意な方ではないのですが、VAMOSをきっかけにいろんな人と接するのが大好きになって、今では「また誘導やらせてください!」と常々言っているくらいです。
『誘導』では、試合が始まる前、ゲート周りの誘導だったり、あと、試合が終わるちょっと前にシャトルバスの誘導もやらせてもらいます。
結果的に試合が見られないが、試合が見られなくても遠くからスタジアムを見ていると、歓声が「わぁっ!」と上がったり、「あ~っ・・・」となったりします。自分はそれを楽しみながらバモスの運営をやっている状況でもあります。

今年、フルVAMOSでのシーズン3年目になります。まだまだ自分も未熟なところもありますし、やってみないとわからないところもあり、毎試合不安でしようがないこともありますが、仲間と一緒に、運営をやっていく中で楽しんでいけたらいいと毎回毎回思っています。

今日お越しいただいた皆さまにも、ぜひTEAM VAMOSに登録していただいて、感じたことを率直に教えてください。すでにVAMOSをやっている私達からすると、新しく入ってきた人の意見は結構大事なもので、自分では気づかないこともあるのでいろいろ聞かせてほしいです。

山雅の裏側を覗いてみながら、皆さんと一緒にVAMOSをできたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします。
ありがとうございました。


5回にわたり、TEAM VAMOSの活動を経験した皆さんの声をお届けしました。
たまたま「VAMOSに入る前はサポーターでした」という方が揃いましたが、実際には「VAMOSに入るまでアルウィンに来たことがなかった」「知り合いに誘われて説明会に行った」「なんとなく入ってみた」というメンバーも多くいます。

TEAM VAMOSには様々なメンバーがいますが、『アルウィンを訪れる皆さんに安心・安全で楽しいひとときを過ごしていただきたい』という思いはひとつです。

ようこそ、アルウィンへ(^^)/

-修行中ライターY-


◆松本山雅FC ホーム開幕戦
2017明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)14:00 vs ジェフユナイテッド千葉
会場:アルウィン(松本平広域公園総合球技場)

詳しくはコチラ →ホームゲーム情報

コチラもチェック →2017シーズンホームゲームに関する情報の更新について





2017/03/14 21:39

3月11日。

TEAM VAMOSはミーティングを行いました。
ミーティングでは、今年のホームゲーム運営における注意点を共有したり、TEAM VAMOSとして大切にしていくことの再確認を行ったりしました。

“普通のことを、当たり前にできるありがたさ”を忘れずに、これからも活動していきたいと思いました。


さて、今回は昨シーズンからTEAM VAMOSで活動しているメンバーの体験談をご紹介します。

山雅の試合を観始めたのは2009年、JFLに上がる頃です。
まず一試合観たらひきつけられてしまいました。
それからはホーム試合はもちろん、アウェイ試合も行けるときはゴール裏で大声をだして飛び跳ねて応援していました。
クラブの方はその後急速に発展してJ2、J1と昇格し、サポーターも増えてきました。

当時試合観戦でアルウィンを訪れるとまず目に入る、入場待機列を整理する人や入場ゲートでチケットもぎりをする人、マッチデイプログラムを配布している人、またコンコースで“何かお困りごとはございませんか”という看板を持っている、いわゆる『ボランティア』=『TEAM VAMOS』の人たち。
最初は何気なく感じていましたが、何試合か通ううちに、入場時や帰るとき笑顔で元気よく挨拶してくれるTEAM VAMOSの存在を非常に大きく感じるようになりました。
サポーターという立場から、いつかはTEAM VAMOS、運営側のボランティアという立場で活動してみたいと思うようになりました。
大好きな松本山雅のいくらかでも力になりたい、裏方としてサポートしたい気持ちが日々、年々強くなり、昨年TEAM VAMOSに加入しました。

試合を観て、大声で応援していた立場でしたから、ボランティアもしたいけど応援もしたいという複雑な想いでいました。
入った当初は年間4,5試合ボランティア活動できればいいかなと、また、自分が楽しめず、バモスのメンバーと馴染めなければサポーターに戻ればいいやくらいの安易な気持ちでいました。
活動初日、初めての場所、特に一人で入ったため知り合いもいない不安を抱えてエントランスに向かいました。
どこへ行き、何をすればいいか不安な気持ちでいましたがいざ集合してみると周りの先輩方から気軽に声をかけてもらえました。
行く場所ややることを気さくに話しかけてもらえたので気が楽になりました。
初めてのボランティア活動のときは第4ゲートのもぎりを担当しました。初めてで気が張っていましたが、開場、キックオフ、試合終了と瞬く間に時間が過ぎて、終了ミーティングのときはなんとも言えない充実感がありました。

ごみの分別収集をしていると、ファンやサポーターの皆さんから「ありがとう」「おつかれさま」と多く声をかけてもらえます。
活動をしているとこれが非常にうれしいです。朝早くから集合して活動していた一日の疲れが吹き飛ぶ気持ちになります。
数回経験した後には、またバモスで活動したい、また次の試合も頑張ろう、という気持ちが強くなり、当初考えていたよりも、バモスに出たい気持ちが強くなりました。

バモスの仕事は多種多様ですが、セクションごとにリーダーがいて、先輩方もいてアドバイスをくれるのでバモスに入ってもすんなり運営に入れると思います。
そんなこともあり、昨年開幕後数試合は二試合に一回程度のバモスへの参加でしたが、何試合か運営を経験して応援したい気持ち以上に充実感を得られました。
この充実感は半端なく、昨年、終わってみれば全試合の八割はバモスとして参加していました。

バモスで活動していると、応援チャントが耳に入ってきます。つい一年前は応援したい気持ちの方が強かったが今ではバモスの運営ボランティアの方が楽しい気持ちが大きくなっています。

TEAM VAMOSは年齢層の幅が広いです。私は行き帰りにシャトルバスを利用していますが、特に帰りの車中、様々な年齢層の方々と反省会のように話すことが楽しみの一つとなっています。

ぜひTEAM VAMOSに入り、あのアルウィンの雰囲気を運営の立場から作り上げる、ホームゲームをより良いものにする活動を一緒に頑張っていきましょう!



ホーム開幕戦が迫ってきました。
山雅後援会では、ホーム開幕戦に備えてアルウィン清掃を行います。
詳しくはコチラ→第14回 日本一気持ちのいいスタジアム大作戦!
聖地アルウィンをピカピカにしましょう!

-“みならい”改め“しゅぎょうちゅう”ライターY-

2017/03/07 8:06

先日「喫茶山雅」で行った第3回説明会では、昨年からTEAM VAMOSに登録したメンバーが体験談を語ってくれました。
その内容をご紹介します。

○TEAM VAMOSに入るきっかけについて
VAMOSを始める切っ掛けには2通りあると私は考えている。
ひとつは松本山雅が好きで、試合を観に行く中で松本山雅の力になりたいと思うところからボランティアを始めるタイプ。
もうひとつは、サッカーの試合というよりはボランティアそのものにやりがいを感じて活動をしたいというところから始めるタイプ。
私は前者で、サッカーが好きで山雅が好きでというところから始めた。

○TEAM VAMOSに入るに至った背景について
2006年から山雅の試合を見ており、ホームゲームは、地域リーグに参加していた頃からほとんど見ていた。
昔は誰が試合を運営して観客をサポートしていたかなんて考えたこともなかった。
でも、いつごろかは忘れたが、VAMOSというボランティアチームが試合運営のサポートを行っているということがわかった。

○TEAM VAMOSに入った理由について
松本山雅は、2009年まで地域リーグという北信越のリーグ戦で戦っていたけど、JFLという全国リーグ、そしてJ2と昇格するに連れて観客が増えていった。
そんな中でも、VAMOSの人たちは笑顔を絶やさず、観客を、そして試合をサポートしてくれていた。
VAMOSのメンバーに尊敬の念を抱くようになった。
そう思っているうちに、自分もただ試合を見る立場ではなく、迎える立場に立って、山雅の力になりたいと思うようになった。

○自分の経験
自分は昨年からVAMOSを始めた。
2016年分のシーズンパスは発売と同時に購入していたが、「何か力になりたい」という思いがあったので2月のボランティア説明会に参加した。
最初からフルVAMOSで登録したが、シーズンパスを持っていたので、Be-VAMOSの形式で初めのうちは活動をしていた。

私の場合は「サッカーが好き、山雅が好き」で始めたことだったのでボランティア活動の経験は全く無かった。また『チームバモスの約束』のように約束事も多く、はたして自分にできるのだろうか、という不安があった。
いざやってみると、やることが沢山あり、一つひとつはそれほど大変でなくともお客様相手ということで非常に気を使った。そんな中でもVAMOSの先輩方に色々教えてもらって、やり遂げることができた。

初めての担当はマッチデープログラムの配布。
「配れなくても、後ろで対応できるから大丈夫ですよ」と言ってもらえて、安心してできたことが思い出される。
マッチデープログラムの配布を始めとして
・チケットのモギリ
・再入場対応
・入場者カウント
・B席ゲートチェック担当
・Yellステーション
等、グッズ販売と誘導を除いて一通り経験させて頂き、非常に楽しかった。

○嬉しかったこと
仕事柄、来場者の方と直に接することが多く、時には厳しいお言葉をいただくこともあるが、来場者の方に「こんにちは」「ご来場ありがとうございます」と言うと、多くの方から「こんにちは」、「お疲れ様」、「ご苦労様」、「いつもありがとう」などと労いの言葉をかけていただき、非常に嬉しく、やりがいを感じる。
来場頂いた方々に、気持ちよく観戦いただき、また来たいと思ってもらえるよう務めるようにしている。

生まれて初めてのボランティア活動だったが、なんとか一年間やりきることができた。そして、今年もVAMOSを継続することに決めた。
昨年はシーズンパスを持ってBe-VAMOSで主に参加したが、今年はVAMOSに集中しようと思い、株式会社松本山雅の方には申し訳ないがシーズンパスを購入していません(笑)。

○試合運営以外のTEAM VAMOSの活動について
・松本山雅主催の活動のサポート(ファン感謝デー、キックオフイベント)
・反省会や報告会などのミーティング
・飲み会やレクリエーションなどの活動
・救命講習会
のように、ボランティア以外でも活動は多岐にわたるため、非常に楽しく充実した活動を行える。

○おわりに
VAMOSに参加している人は学生から高齢の方まで幅広く、いろいろな人と知り合う事ができる。
こういうことは、普通の社会活動をしていると味わえないと思う。
私は、ボランティア活動は『自己満足』だと思っています。
ボランティアすることで、対象とする人に満足していただき、いい気持ちになってもらう。
そうすることで自分が満足する。
『一歩踏み込む』ことはなかなか大変なことかもしれませんが、貴重なことを体験できる場ですので、ぜひみなさんも、VAMOSに参加して一緒に頑張っていければいいな、と思います。



ホーム開幕戦前の説明会はこれで一旦終了となりますが、TEAM VAMOSではメンバーを随時募集しています。
詳しくはコチラ→「TEAM VAMOSについて」

皆さまの『新しい一歩』お待ちしております!

2017/02/22 22:47

TEAM VAMOSでは、2017シーズンをともに活動してくださるメンバーを大・大・大募集中です!!

TEAM VAMOSのボランティア説明会では、活動を経験したメンバーが体験談を発表しています。

先日の説明会で語られた体験談をご紹介します。
 

皆さんこんにちは。
私は2013年にBe-VAMOSとして登録しました。5年目の今年は、登録区分をフルタイムのVAMOSに変更して活動します。
TEAM VAMOSに入る前はサポーターで、“12番目の選手”として応援を頑張っていました。

TEAM VAMOSは入りやすいボランティアだと思います。
Beの時はボランティアの後試合を観るので、VAMOSの制服やら応援用の衣装やら荷物が多くて大変でした。・・・大したことではないので楽しいボランティア活動には何ら支障はないと思います(笑)。

担当は誘導をやることが多く、お客さんに顔を覚えてもらいました。アウェイ試合に行ったとき「VAMOSの人だよね」と声をかけられ、その後アルウィンで会うと「愛媛にいたね」「千葉にいたね」と声をかけてもらえました。
顔だけしか知らない知り合いがとても増えて仲良くなって、毎試合話をしたり試合後に握手を交わしたり、VAMOSって不思議だなと思います。

私は夫婦でTEAM VAMOSに登録しています。大抵一緒に参加しているので、ボランティアの後にその日の配置について「今日はこんなことをした」とか「あんなトラブルがあった」と話し合い、反省したり励ましあったりしています。
身近に話せる人がいると気が安らいで良いと思います。家族の中での会話も増えました。以前は各々の部屋で過ごすこともありましたが、今はリビングで、みんなで話したり山雅の試合を観たりしています。親戚が集まれば山雅の話題になり、そこでボランティアの話が出ることもあります。
そのぐらい私の生活は山雅と密接なつながりがあります。

今日来ていただいた皆さん、ボランティアというと不安が先に立ってしまってどうしても一歩踏み込めない人もいると思いますが、ボランティア、スタッフみないい人ばかりなので、まずは一回ボランティアに参加していただきたいです。大変なこともあるかもわからないけれど、ぜひ一歩踏み入れていただきたいと思います。

私がBeからVAMOSへ登録を変えた理由は、実は“なんとなく”で、明確な理由はないのです。ただ、フルでやってみたかった、という。
これからは、試合観戦はアウェイ試合で、アルウィンではボランティアで、“12番目の選手”として頑張っていきたいです。みなさんもぜひチャレンジしていただいて、自分の人生を変える、そんなかんじで頑張っていきましょう。
私、しゃべることをいろいろまとめてきて、まだ半分もしゃべっていないんですけど(笑)、結局なんだかまとまりませんけど、これで終わりにさせていただきたいと思います。
緊張していて、すみません(笑)こんな僕でもVAMOSできますので、皆さんも頑張ってやっていきましょう!よろしくお願いします。



メンバーの“息遣い”、少しでも感じていただけましたでしょうか。


次回説明会の日程が決まりました。
会場はなんと!今松本市内で最もアツいといわれるあの場所です(*^o^*)
皆さまのお越しをお待ちしております!



◆TEAM VAMOS説明会◆
≪第3回≫
日時:3月1日(水)19:00~20:30(受付開始18:45)
場所:喫茶山雅内 2Fイベントスペース

詳しくはコチラ →新規運営ボランティア説明会(第3回)開催のお知らせ





2016/11/03 21:25

こんにちは。いつも蹴刊バモ通をご覧頂きありがとうございます!
本日は先日行いました、バモス内のレクレーションのバモストレッキングin上高地の模様をお伝えします。


今年TEAM VAMOSでは「メンバーに新しい人生の楽しみにも出合えるように」と様々なレクレーションを企画しています。

トレッキングもその一環で今年から開催しており今回が3回目でした。
まぁ2回目は雨で中止になりましたが(^_^;)


上記のことと、バモス仲間とのコミュニケーションを密にして欲しく始めたのですが実はもう一つ目的があります。

山がちな長野県、その為アウトドアアクテビティに関しては天国のような地域なのです。
意外と皆さん行かない、または知らない山や高原へ行きもっと地域を知って、県外からいらっしゃるお客様にどんどん地域の事を情報発信できたら素晴らしいと思います。

そしてもっと地域をよく知る事で誇りを持って欲しいという思いがありました。

さて当日。
大正池や河童橋からの素晴らしい穂高連峰の景観を期待したのですが、山は厚い雲の中(^_^;)
冬型の気圧配置で山は結局見えませんでしたがカラマツの紅葉はとても美しく楽しめました。


参加者の中には初めて来た方や、子供の頃から何十年も上高地に訪れた事がないメンバーもいました。
上高地の景観の良さに触れ、とても楽しんでいました。


こんな素晴らしい景色がホームタウン松本市にあります。
遠方からのお客様にもアルウィンだけじゃなく素晴らしい所があると発信していけるといいなと思います。
シャトルバス代が掛かりますが以前より快適にアクセス出来ます。今年は間も無く閉山ですが皆さんも上高地に訪れてみてはと思っております。

2016/03/22 17:39

まだまだ、松本は寒いですが待ちに待ったホーム開幕戦を迎えました。
入場者数は17,284人!!寒い中多くのお客さまがアルウィンにお越し頂きありがとうございます。
松本山雅のホーム試合の運営ボランティアを行う、バモスメンバーは本日は約140名でした。
ホーム開幕戦で相手チームには山雅に在籍した選手もあり、多くの方が来場されました。今年の新しいバモスメンバーも参加し、メンバーが揃うと、全体ミーティングです。その後は持ち場に分かれて設営をして、入場開始時刻を待ちます。入場開始時刻が近くなると、メンバー全員で円陣を組んで無事に運営が終わるように気合を入れます!





本日の私の担当業務はゲート4で誘導案内をしました。
誘導案内とは、先行入場や一般入場の列整理や案内を行います。
ゲート4は今年からゲートの入り口の位置が変わっていますので、ご注意ください。ゲート4の誘導・案内を行ったあとは、シャトルバス乗り場に行って、シャトルバス乗り場に乗るお客さまへの案内をしました。
シャトルバスも、今年は新松本工業団地駐車場を経由してアイシティに向かうようになりましたので、気をつけてくださいね。
まだまだ3月ですから、寒くて凍えそうでしたが帰るお客さまから「寒いのにお疲れ様、頑張ってくださいね」と一言いわれると、寒さもどこかに飛んでいってしまいました!


今年から、バックスタンドにA席のシーズンパスお持ちの方の先行入場口ができました。A席シーズンパスをお持ちのお客さまは、先行入場開始から30分は先行入場ができますが、30分を過ぎ一般入場が開始すると、こちらは原則として、再入場口のゲートとなります。別のゲートからの入場となりますのでお気をつけください。

本日は多く方がご来場されて、帰りのシャトルバスもとても混みましたが、なかなかうまく案内ができずにご迷惑をおかけしたと思います。今後はスムーズに案内できるようにしていきたいと思います
まだまだ寒い日が続きますので、アルウィンにお越しの際はしっかりと防寒着を着て来てくださいね。
アルウィンでお待ちしています!!

バモ通ライター コロ

◆次回ホームゲーム◆
第5節 3月26日(土)レノファ山口FC 13:00kick off
多くの皆様のご来場をお待ちしています!!

2016/01/31 9:06

先日の日曜日、新規ボランティア登録説明会で昨年度の活動経験をお話しさせて戴きました。

週初めの大雪のせいか思っていたよりも少なめの参加者数に、胸の中にほんのチョッピリ残念な気持ちがありましたが、しかし話を始めると真摯な眼差しを向けて下さり、心強く感じながら昨シーズンの活動での体験をお話ししました。

お話しした内容は、VAMOSの仕事は多岐にわたり、各ゲートでのチケットもぎりやマッチデープログラムの配布にはじまり、各席種毎のチケットチェック、eco-VAMOSのゴミ回収まで、ひととおりの仕事を経験したことです。
そして印象に残った事として、アウェイサポさん同士で喋っていた「風が爽やか〜!」「山がこんなに近くなんだ!」という言葉。
そして「アウェイ歓迎のノボリだ!こういうの、嬉しいなぁ!」とか、我々VAMOSに対して「再入場のこのチケット、記念に貰っていっていいですか?」などなど、嬉しい言葉を戴きました。

ですがすべて嬉しい事ばかりではなく、赤いアウェイサポさんがいらした試合では、ハーフタイムにタバコを吸いたい大勢の方が再入場ゲートへ殺到し、再入場チケットを渡すのも間に合わない状況で、アウェイサポさんの方から「こういうやり方は考え直した方が良いよ」という言葉を戴きました。
勿論その事は、今後改善する為の情報のひとつとしてVAMOSの管理メンバーさんへ伝えておきました。そういった、今後の糧となるものを得る事ができるのも、やはり直接的な人と人とのコミュニケーションの賜物なのかなと思いました。

ひとつ、私の胸の内に秘めている事があります。
それはホームサポの皆さんが入場ゲートをくぐる時、こちらから「こんにちわ!」「ようこそアルウィンへ!」と言葉をかけているんですが、10人中3〜4人の方からは残念ながら、言葉が返って来ないのです。
ですが地道にこちらからの声かけを続ける事で、そのうちだんだんと1人でも2人でも、言葉が返ってくる人が増えていく様な、そんな「アルウィンの空気」を作り上げていきたいな…という事です。

元々人前で話をするのは得意ではなく、考えていた事の3分の1くらいしか言葉にできませんでしたが、VAMOS活動の魅力の一部でも伝える事ができたんではないかな、と思いました。

私はこの、人と人とのコミュニケーションを「面白い経験」と表現してお伝えしましたが、それをどう感じどういう言葉で表現するかは、VAMOSメンバーの中でも様々かと思います。ですが、基本はやはり「人と人」で繋がって築き上げるものが、他サポさんに賞賛されるアルウィンの雰囲気であり、ひいてはそれが松本山雅のカラーではないかと思っています。
そんな「また来たい」と思って戴ける様なアルウィンを、新しく加わる皆さんも含めたVAMOSメンバーと、今年も造り上げて行けたらどんなに素晴らしいか… という気持ちが上手く伝わったかどうか、今年の新規ボランティアの登録に効果があれば良かったかな、と思っています。

VAMOS活動への参加に迷っていらっしゃる方は、いちど説明会にご参加戴いて、その空気や人に触れて気持ちをお確かめ戴けたらと思います。


◆TEAM VAMOS説明会
≪第2回≫
日時:2月6日(土)13:30~16:00(受付開始13:15)
場所:アルウィン第1・2会議室(地図)

≪第3回≫
日時:2月7日(日)13:30~16:00(受付開始13:15)
場所:アルウィン第1・2会議室(地図)

*2回のうちのいずれか1回のご参加でTEAM VAMOSへの登録ができます。
*第2回、第3回の説明会はアルウィンの見学会を行います。

※事前の申し込みは必須ではありませんが、参加を希望される方は緊急連絡などのために、可能な限り下記のフォームへの登録をお願いします。
登録フォーム





2015/07/06 8:23

6月27日、ファーストステージの最終節湘南ベルマーレ戦が行われました。もうシーズンの折り返し地点を迎えました。早いものですね!



湘南ベルマーレと言えば、我らが反町監督・岩上選手・柿本アンバサダーの古巣であり、2008年には天皇杯で当時地域リーグに所属しながらも勝利し「ジャイアントキリング」を達成した何かとご縁を感じる相手であります。

昨年までは共にJ2に所属しており、J2での通算成績は3分1敗と未だに勝利がない相手です。

我々TEAM VAMOSもこの日はいつも以上に気合いが入ります。
円陣!「ワンソールッ」


「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」(と、言っているかは不明。)


この日はいつもより豪華にチアダンスチームが皆様をお出迎えしてくださいました。テンション上がる!


皆様にご好評頂いております?今シーズンから新調しましたバーガンディー色のポロシャツも馴染んできましたでしょうか ( ̄∇ ̄)v ドヤッ!


数々のご縁があり、そしてファーストステージの締めくくりに是非とも勝利したい相手でした…が、結果は2-3で敗戦。やはりJ1はそう甘く無いですねσ^_^;
セカンドステージにはこの悔しさをバネに奮起を期待しましょう!

次回ホームゲームのご案内です。

いよいよセカンドステージ突入!!
2015 J1リーグ 2ndステージ第1節 浦和レッズ
7月11日(土)19:00キックオフ

また、試合当日の13:00からアルウィンにて、新規運営ボランティア説明会が開催されます。事前申し込みが必要となります。詳しくは“山雅後援会のホームページ”をご参照下さい。
http://yamaga-kouenkai.com/volunteer/2015/06/28/1435478413996.html

ramo

2015/03/17 17:47

3/14ホーム開幕戦にご来場いただいた皆さま、寒い中本当にありがとうございました!

この日の来場者数は約17000人。本当にたくさんのご来場ありがとうございました!
でも不思議に思ったことがあります。人数でいえば2014年最終戦の水戸戦の方が多かったはずなのですが、選手入場時の中央線や試合中のチャントは今回の方がずっと大きく外に響いていました。

きっとファン・サポーターの皆さまが「J1で毎回強敵相手だから、これまで以上に精一杯応援するぞ!」と気合を入れて応援して下さったのだと思います。


私たちTEAM VAMOSもいよいよJ1での運営デビュー!

「J1で毎回たくさんのお客様がご来場されるだろうから、これまで以上に精一杯のおもてなしをするぞ!」とメンバーも気合を入れて集合しました。





ホーム開幕戦の恒例となりつつあるスタッフ全員円陣でスタッフのOneSou1を感じ合い、さらに気合を入れます。





今シーズンからは、先行入場がワンタッチパス方式になったり、再入場ができるようなったり、松本山雅グッズ・アウェイグッズを身につけての通行禁止エリアができたりと、昨年までとは運営方法が大きく変わりました。

多くのお客様が「J1仕様」と快く受け入れて、運営にご協力いただきました。本当にありがとうございます!私たちももっともっと快適にご観戦いただけるように、この環境の中での工夫をしていきたいと思います。


この日のTEAM VAMOSの参加者数は約150人。
昨シーズンまででしたらある程度余裕を持ってスタッフ配置を組める人数でした。

しかしJ1へと舞台を移し、より多くのスタッフが必要となった今回はこの人数でも足りないくらいでした。

そんな中、3月15日付 信濃毎日新聞さん斜面でも取り上げて頂いたように”原則試合開始前で活動が終わり、試合観戦ができるBe-VAMOS”の仲間に、”試合が終わって片付けまで行うVAMOS”への参加区分変更をお願いしました。

今回記事になった仲間の他にも約10人の仲間が区分変更を申し出てくれました。開幕の週になってからです。きっとチケットも手配して、記念すべきアルウィンでのJ1開幕を観戦することを楽しみにしていたと思います。
それでも仲間の、そしてお客様の安心・安全な観戦のピンチのために協力してくれました。
身内ながら本当に頭が下がります。

この他にも、当日は色んな場面で仲間が協力し合い未知なるJ1での運営に一生懸命あたっていました。
そこにあるのは「お客様にアルウィンでの試合観戦を安全・安心・快適に楽しんでほしい」という共通の思いです。

手前みそですがVAMOSの仲間は本当に誇りです。



試合終了後帰っていくお客様が「負けちゃったけど、通用する部分もあったし”J1でもなんとかやれそう”って手ごたえはあったよ」とお話しされていました。

J1の舞台での運営―
やはり手ごわかったです。

それでも「この仲間とならJ1でもいい運営ができる」

それがこの日TEAM VAMOSが感じた一番の手ごたえでした。


-まや-

◆次回ホームゲーム
ヤマザキナビスコカップ第2節 FC東京戦
3月28日(土)17:00キックオフ

FC東京さんはアルウィンで2006年に行われたFC東京vs鹿島アントラーズで17070人を動員。これは2012年の松本山雅FCvsガンバ大阪までアルウィンの最高動員記録でした。
また、2011年4月には復興支援チャリティーマッチでもアルウィンに来ています。
チームの実力、アルウィンの雰囲気共にパワーアップしたところをぜひ感じていただきましょう。
たくさんのご来場お待ちしております!



2015/01/27 11:52


新入団選手の会見が行われ、練習が始まり、いよいよ本格的に日本最高峰のリーグで戦う1年が始まりましたね!

松本山雅のシーズンの始まりを告げるのはやはり新体制発表会。
まつもと市民芸術館を舞台に選手、スタッフ、サポーターで作り上げる空間は特別なものであり、多くの皆さんが新しいシーズンへの期待に胸を膨らませる1日なのではないでしょうか。


そんな新体制発表会ですが、当選確率はかなり低く、当選ハガキの届いた方はガンズくん曰く、『ウルトラスペシャルマンモスラッキーヒューマン』だそうです。

そんなとてつもなく幸運な方々お迎えするべく、私たちTEAM VAMOSもお手伝いさせていただきました!



まずはみんなでミーティング。
このときすでにエントランスにはサポーターの皆さんが大勢並ばれており、熱気をひしひしと感じました。


入場ゲートでの配布物の準備の様子。開場を今か今かと待ちわびるサポーターの皆さんのわくわく感を一身に浴びながらの作業です(笑)


また松本山雅後援会ブースでの『マツモトフットボール映画祭』のチケット販売のお手伝いをしました。

『マツモト・フットボール映画祭』とは1月31日(土)に松本市のピカデリーホールで行われるイベントのことです。

サッカーに関連した映画の上映、週刊松本山雅の特別編の上映、そして昨シーズンを持って現役を引退された飯尾和也さんと大月弘士社長、片山真人ホームタウン担当のトークショーなど内容盛りだくさんのイベントとなっています。

詳しくはこちらをご覧ください。


こちらはグッズ販売。厳選されたレアなアイテムたちを所狭し並べていきます。


クラブガンズ会員受付担当の皆さん。気合の入ったいい笑顔!


開場してからは持ち場につき、担当の仕事に精一杯取り組みました。
その様子は......自分の業務に夢中で写真が一切ないです(笑)すみません。


まつもと市民芸術館はホールの外にいても中の音声を聞くことができるため、神田次期社長の素晴らしい挨拶や歌、選手・コーチ陣の気合の入った、そしてユーモアあふれるあいさつを聞きつつ撤収作業に取り組みました。
なかなか経験できない貴重な撤収作業の時間となりましたヽ(´∀`*)ノ


会場内には背中スポンサー様である長野銀行様によりユニフォームが展示されていました。

今シーズンのユニフォームがずらり。

権利の都合で写真は載せられませんが、今までとはちょっと違ったデザインでかっこいい!

さらには、山'雅'ではなく山'稚'となっていると有名な2代目ユニフォームも展示されていました。
すべてはここから始まったのだなあ....としばし見入ってしまいました。

市民によって作られ、支えられてきたクラブが創設50年目の節目の年に国内最高峰のリーグに初参戦するという、まさに奇跡的なことが起きているのですよね。

ここまで関わってきたすべての人に感謝し、さらに多くの人を巻き込んでこのクラブを支え続けていきたい!と思いを新たにしました。




特別な時間はあっという間に過ぎ、充実感を漂わせる皆さんをお見送り。





そして終礼ミーティング

ウルトラスーパーマンモス級に幸運な皆さんと一緒に素敵な時間を支えることができ、私たちまでウルトラスーパーマンモス級に幸せな気持ちになりました(o゚▽゚)o



残念ながら会場にはいらっしゃることができなかった皆さんも、それぞれ思い思いの場所でこの新体制発表会をご覧になったかと思います。

厳しいシーズンになることは間違いありません。
だからこそ、これまで以上にみんなで支え、私たちの松本山雅を盛り上げていきたいですね。

TEAM VAMOSもスタジアムに訪れたすべての皆さんに楽しんでいただき、「また来たい!」と思っていただける日本一のスタジアムにするべく、精一杯サポートさせていただきます。

One Soulで今シーズンも戦い抜きましょう!!

(臨時特派員F)

2015/01/04 20:52

あけましておめでとうございます。
今年も松本山雅FC並びにTEAM VAMOSをよろしくお願いいたします!



新年にすることといえば、何といっても初詣。
このバモ通でも例年初詣の様子を紹介してまいりました。

2013年は四柱神社と深志神社に初詣

2014年は全ホームタウンの寺社に初詣

うむむ。昨年欲張って全ホームタウンで初詣をしてしまったので今年のネタに困ってしまいました(笑)

なんとかバモ通的初詣を楽しみたいものです。悩みます。
「今年も改めて全ホームタウンの寺社を巡るか、、、ん?ホームタウンといえば、年末に『山雅、大町市に出資を依頼 市長「検討していきたい」』という記事があったな」と思いだしました。


ということで、今年は「大町市さん。ぜひ松本山雅FCのホームタウンになって下さい!」という願掛けも兼ねて大町市にある神社にお参りすることにしました!

大町市の寺社仏閣といえば、何といっても国宝仁科神明宮が有名。国宝です国宝。中信地区の建造物で国宝に指定されているのは松本城と仁科神明宮のみ。これはご縁を感じます。

参道の厳かな階段を上がっていきます。



そしてたどり着いたのがこれまた厳かな拝殿!


仁科神明宮の御祭神は天照大神。
天照大神といえば皇室の祖神で、日本民族の総氏神ともされる大変ありがたい神様です。
日本全国の猛者を相手にする今シーズンの闘いにぜひとも力をお貸しください!

--

ホームタウンになるか否かは一旦置いておいて、既に松本山雅FCには大町市からも多くのファン・サポーターさんが応援に駆けつけて下さっています。
TEAM VAMOSでも大町市から通うメンバー、さらには白馬から通うメンバーもいます。
クラブを後押しする力が地域をどんどん広げていっていることを実感します。

TEAM VAMOSのツイッターやfacebookページには全国各地の方がコメントを寄せて下さり、「山雅もいよいよ全国区になってきたなぁ」と肌で感じています。


2004年に始まった、地方都市の小さなクラブの挑戦は、今年いよいよJ1へと舞台を移します。
正直、苦しい闘いが続くと思われます。

ですがこれまでもそうであったように「苦しい時こそ温かくクラブを支え、みんなで良い方向に持っていく」そんなサポートの仕方ができるといいなと思っています。

TEAM VAMOSはファン・サポーターの皆さまはもちろん、アウェイサポーターの皆さまも安心・安全・快適に試合観戦を楽しめる試合運営に努めることでクラブを温かくサポートしていきます。


初めてのJ1の試合運営。
やっぱり不安と緊張もあります(笑)
ぜひとも皆さまのお力添えもよろしくお願い致します。


2015年もよろしくお願いいたします。みんなで信州松本のフットボールを楽しみましょう!


-まや-

2014/12/20 12:46

皆さん、こんにちは!
初めて記者を担当します臨時ライターの(kazu)です。

17日は登城パレード、松本城での昇格報告会に続きJ2最後(になるといいなぁ)の「反町康治監督トークショー2014」が、まつもと市民芸術館で開催されました。
年末の平日にも係わらず26名のメンバーが参加し、「おもてなし」と「一年の感謝」を込めて対応させて頂きました。
開演3時間前に集合して、担当や注意事項を確認するミーティングを行いました。



会場には、朝8時から並ばれているサポーターさんもいらっしゃり、開演が近づきワクワク、ドキドキ!
バモ通のブログ掲載を伝えると、にこやかに「One Sou1」で撮影にご協力頂けました。 ありがとうございました!


コンビニチケットを抽選番号付きのチケットと交換します。
抽選会では、監督のサイン入りスタッフトレーニングウェアなど、ファンには堪らない賞品が準備されていました。 当たった皆様、おめでとうございます!


さて、開演までの僅かな時間で、夕食を済ませます。食事中は、新社長や来季の選手の話題で盛り上がっていました。


いよいよ開場!チケットのもぎりや、スポンサーからの配布物を手渡します。


会場には約1600名のサポーターが訪れ、すでに満席状態!
一人でも多くの方に座って頂きたいので、席詰めのお願いをしました。皆さん快く席を詰めてくださり、ありがとうございました。


トークショーは、反町監督の軽妙な話術で、笑いと感動で終了となりました。

片山ホームタウン担当も、会場準備やグッズ販売など大忙しでした。(お疲れさまでした)


終了後のお見送りも重要なお仕事です。感謝の気持ちを笑顔で伝えました。


「VAMOS」「Let‘s Go!」の意味です。
TEAM VAMOSは、ボランティアを通じて、松本山雅のクラブや選手とともに、来季J1に挑みます!


2014/12/09 18:18

遠征ボラSです。

すごい、山雅でパレードだって!本当に?!
開催を聞いたときは本当にびっくりしました。
TEAM VAMOSもそのお手伝いをさせていただけるということで、それはもう張り切って(笑)140名ほどのメンバーが集まりました。

まさかの山車!!!楽しく引っ張らせていただきました。






城内外での誘導も!ご協力ありがとうございました。



グッズ販売所は大盛況!


募金活動にも参加させていただきました。

こんなふうに、たくさんの方の笑顔を見ながら色んな場所でサポートすることができてTEAM VAMOS一同、感動・感激でした。

それに加えて、
「いつもありがとう」
「1年間お疲れさまでした!」
「またアルウィンで会おうね!」
イベント中にTEAM VAMOSはたくさんの人に色んなありがたい言葉をかけてもらいました。
本当に嬉しかったです。自然と笑顔になるってもんです。

同じサポーター同士だからこその温かい会話。
元々、松本山雅は応援と運営ボランティアは同じメンバーでやっていたと聞きました。
今も原型は変わっていないのだと思います。
それはJ1になっても変わることなく続いてゆけばいいなあと、現U-14監督の柿本さん(!)と一緒に片付けをしながら思っていました。
関わる人のぶんの想いが、色んな形で松本山雅の力になっています。
今回のパレードもまた、松本山雅を愛するたくさんの人の力で盛り上げることができました。
一人ひとりが当事者だったということが大切なんだと感じました。


祭りのあとは寂しいといつも思うのですが・・・
片づけを終え、松本駅へ向かう道で、山雅のグッズを見につけている人たちとたくさんすれ違いました。
色んなお店を覗けばタオマフを巻いた人たちが楽しそうに乾杯をしていました。
パレードが終わっても、松本山雅への熱がそこかしこに残っていました。
その熱が、来シーズンのクラブや街を盛り上げそして支える原動力になるのだと思います。

きっと、
もっともっと、楽しくなるような気がします!


そのためにも!
ホームゲームを笑顔で支えるメンバーを募集しています!
【2015シーズン試合運営ボランティア説明会開催のお知らせ】
よろしければぜひ、ご参加ください(人*´∀`)
話を聞くだけでもOKです。お気軽にご参加くださいませ!

2014/11/30 9:08

みなさん、こんにちは。
「山雅がない週末」をいかがお過ごしでしょうか?

第40節、42節と2回連続で18,000人を超えるファン・サポーターさんをお迎えするという、
ハードで(笑)、でもとっても幸せな経験をさせて頂き、充実感いっぱいなレイがお届けします。


最終戦は、アルウィンの歴史を塗りかえる18,496人!の方にご来場頂きました。
もう、どこもかしこも人・人・人でしたね。
最終戦にふさわしく、お天気にも恵まれて、最高の一日になったのではないでしょうか?

私はサウスのグッズ売り場を担当していたんですが、
公園側の待機列が、いままで見たことのない長さに伸びていて、もうビックリ!
でも、来年は毎試合ずっとこんな感じなのかもしれませんね。
今から武者震いがします(笑)



最終戦のアルウィンは、いろんなところで「ありがとう」があふれていました。


ウルトラスマツモトさんから頂いた横断幕。
毎年、ありがとうございます!
これを見たVAMOSのみんなはウルウルでした。


今年はたくさんのユースの選手たちに運営を助けてもらいました。
みんなの元気とやる気にいっぱい刺激をもらいました。
ありがとうございました。

今年で引退する選手、残念ながら山雅を去ってしまう選手への「ありがとう」。

私たちをJ1という最高の舞台に連れて行ってくれた選手とスタッフの方への「ありがとう」。


サポーターさんから頂いた手作りのお菓子と温かい言葉にあふれたお手紙。
お菓子、とってもおいしかったです。
ありがとうございました。

そして、お帰りのときに、
ファン・サポーターさんからTEAM VAMOSへかけて頂いたたくさんの「ありがとう」の言葉。

幸せな空気に包まれたアルウィンの最終戦でした。


これでしばらくは試合がなくて寂しいですが、
私たちTEAM VAMOSはJ1のシーズンに向け、
オフシーズンの間にしっかり英気を養いたいと思います。






J1のシーズンも、私たちTEAM VAMOSは
笑顔でファン・サポーターさんをアルウィンにお迎えします。



今年1年、本当にありがとうございました。
2015年のJ1シーズンを一緒に楽しみましょう!


レイ



2014/11/13 12:24

お久しぶりです、遠征ボラSです。
本当に久しぶりすぎて自己紹介をさせていただくと、
東京から通っているので遠征ボラなのです笑。
どうぞよろしくお願いします。

先日のジェフユナイテッド千葉戦。
J1昇格を決めて初めてのホームゲーム。
前売りのチケットは完売!
(キャンセルが出たため若干の当日券販売を急きょ行いましたが、
それを購入するために列ができたほどです。)

選手からも「残りの試合も勝ってサポーターを喜ばせたい」という嬉しい言葉もあり、なんと
18,114人
という、今までの記録を更新する入場者数となりました。

久しぶりのボラ参加ということもあり、
改めて、
楽しいなあ。
ステキだなあ。
すごい、こんなこともしていたのか!
と、感動したことをレポートします。


開場前の円陣。
初参加の人も、ベテランも初心者マークの人もいます。
みんなで助け合える、輪ができます。


スタジアムコンシェルジュがこの看板を持っています。
困ったことがあったら、是非お声がけください。
J1、ACLに向けての工夫も
メンバーのアイディアで追加されています!すごい!


お気づきの方もいると思います。
こどもの目線の高さに貼られたメッセージ。
心なしかコンコースを走る子どもの姿を見るのが少なくなった気がします。


入場者数が多いときは、もちろんごみも多い!
協力してテキパキといっぱいになった袋をまとめていました。
そんな中で、分別に迷っていると、
「ありがとう、そのごみは燃えるごみでOKですよ」
と優しく教えてくれました。


特に人が集まる入場ゲート近くのグッズ販売所。
新グッズ発売&雨ということもありずっと列が途切れず、
メンバー全員、全力で動き回っていました。
お待たせしてしまった方、希望の商品を買えなかった方、
ごめんなさい。

それでも、「こんにちは!」からはじまり
「いってらっしゃい、楽しんできてくださいね」と笑顔で送り出す。
あたたかい光景がそこにはありました。

片付けが終わり、締めの「パンパン」をするメンバーの顔は
とっても充実していたように見えました。


番外編。

バックスタンド側のグルウィンでは、
色んな店舗さんが工夫してJ1昇格のお祝いをしてくれていました。


いつもありがとう!
Green&Clean作戦のおかげで、キレイなアルウィンが保たれています。
ハーフタイムまでに20名ほどが参加表明してくれたよと受付の方がニコニコしていました。


TEAM VAMOSの仲間の一人がこう言っていて、ほんとうにそうだ、と思いました。

「でっかいコンクリートのかたまりである
スタジアムに愛を吹き込むのは
やっぱりそこにいる人間だと思う。」






松本山雅が集め続けてきた、「人」という宝物。

スタジアムにぬくもりをつくり、楽しさを伝えることができるのは、
松本山雅を好きで仕方ないわたしたちだと思います。

2014年シーズン最終節はホーム、アルウィンにて。
11/23(日・祝)14:00キックオフ!


TEAM VAMOS一同、いつも通り『笑顔』で
みなさまのご来場をお待ちしております!



2014/11/04 9:58

どうこの喜びを表現したらよいのでしょう。

どう「おめでとうございます」という気持ちを表現したらよいのでしょう。

私のつたない文章ではTEAM VAMOSみんなの気持ちを代弁することはできません。

ですので、ただ一言に万感の気持ちを込めます。


ファン・サポーターの皆さん、そして松本山雅FCに関わる全ての皆さま昇格おめでとうございます!




11月1日アビスパ福岡戦。

TEAM VAMOSは街なかPV事業の運営をお手伝いいたしました。
PVといえば思い出されるのは2011年12月4日。そう、Jリーグ参入決定したホンダロックFC戦のPVです。
あの日以来のPV運営でした。

この日運営に集まったのは20名のVAMOSメンバーと、山雅後援会安曇野支部の皆さん。
3年前はTEAM VAMOSのみでの運営でした。
3年の間に松本山雅FCのサポートの輪が地域に広がっていることを実感します。




翌11月2日。
信州まつもと空港に選手をお出迎えするファン・サポーターさんに安全にお出迎えしていただけるよう、お手伝いに駆けつけました。
実はVAMOSメンバーに「信州まつもと空港でのボランティア募集」の案内をまわしたのは当日の9時でした。集合は11時。
休日の急な招集となりましたが約30名のメンバーが終結。
Jリーグ参入後の3年間でメンバーは約3倍に増え、「TEAM VAMOSも力強い組織になってきたなぁ」とちょっと自画自賛いたしました。


そして、信州まつもと空港に来て下さったサポーターさんはなんと650人!
1日のPVとほぼ同じ人数です。すごい!

Jリーグ参入を決めた2011年も九州でのアウェイ戦でしたが、あの翌日はこのような大きなうねりにはなりませんでした。
そしてしっかりとマナーを守って気持ちよく選手をお出迎えして下さりました。
ファン・サポーターさんのフェアプレーもまた素晴らしいです。



松本山雅FCを愛し、支えて下さる方が比べ物にならないくらい増えたことを感じ、身震いがしました。



J1昇格―

もちろん嬉しいことなのですが、なぜか心から喜べない自分がいてモヤモヤもしていました。

大月社長のインタビュー記事を拝見してそのモヤモヤの正体が分かりました。

「われわれの目標はJ1昇格ではなく、アルウィンを満員にして、来てくれた人に夢や希望、感動をあたえること」(11月3日付け信濃毎日新聞2面より)

TEAM VAMOSには「TEAM VAMOSの約束」というものがあり、その中で”ボランティアスタッフに望むもの”として『チームバモスが一番大切にしているのは「また来ていただけるスタジアム」の雰囲気作りです。』と明記されています。


そう、J1昇格はすごく嬉しいことなのですが、それは決してクラブや私たちが頂に立ったことを意味するわけではありません。

むしろ苦しい戦いが続くであろうここからが本当の挑戦です。


試合には勝てなくても、常にアルウィンが満員になり、満員のお客さんが安心・安全に観戦でき、夢や希望を感じ、そして「また来たい」と思う。そんなアルウィンにしていくこと。

遥か、遥かなる頂に向けてより一層の精進を重ねていきたいと思います。

そしてこの登山はファン・サポーターさんと歩んでいく登山です。
今まで以上の叱咤激励をぜひお願いいたします。


みんなで歩んで行きましょう。

OneSou1!


残り2試合のホームゲームもよろしくお願いいたします。

---
◆第40節 ジェフユナイテッド千葉戦
11月9日(日)13:00キックオフ予定

◆第42節 水戸ホーリーホック戦
11月23日(日)14:00キックオフ予定


-まや-

2014/09/26 18:36

皆様、こんにちは!!バモ通ライターのramoです。

突然ですが、麺と言えばそば派ですか?それともうどん派?
信州人ならそばやろが!」(ラモス風)古い?σ^_^;

さて、9月20日ホーム3連戦、アルウィン4万人計画第2戦目、うどんの本場香川県の“カマタマーレ讃岐”との対戦が行われました。
『信州=そば vs 讃岐=うどん』の麺ダービー!?
久しぶりのデーゲーム開催。秋らしい気候になり、天気も良くて絶好の観戦日和でした。


運動会シーズンということもありながら9,469人のご来場をいただきました。多くのご来場ありがとうございましたm(_ _)m

さてさて、いつもグッズ販売で色々な工夫をしているTEAM VAMOSメンバーですが、この日はガンズくんにこんなメッセージが添えられていました。



ん?ガンズ神社?
神頼みも応援のひとつということで(笑)
ゲート2にて「ガンズ神社」が特設されました。


お供え物もあってなかなか本格的な作りですね!


そういえば、お正月にはバモス神社も手作りして参拝したのが懐かしいです(笑)

ガンズ神社の設置に合わせて限定商品「絵馬ストラップ」も販売されました。
込める願いはモチロンJ1昇格!!



また近頃グッズ販売所では、CARアクセサリーがとても充実してきました。




アウェイ遠征も気合いが入りそうですね!
『山雅CARにしよう!!』(^o^)/


今回もアウェイゲーフラに多くの書き込みをいただきました。讃岐サポーターの皆様、ご来場ありがとうございましたm(_ _)m


次回ホームゲームは、9月28日(日)13:00キックオフ“コンサドーレ札幌”戦です。9月を未勝利のまま終えるわけにはいきません!皆様のご声援で勝利に導きましょう!!
また、当日は混雑が予想されますので座席はより多くの方にお座りいただけるよう詰めてお座りください。どうぞご協力の程、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2014/09/16 11:46

皆様はじめまして!
バモ通デビューにドキドキしております臨時ライターのFです。

今回は9月6・7日に行われた『マウンテンサイクリングin乗鞍』でのボランティアについてお伝えしていきます!

6月には『ツール・ド・美ヶ原』のお手伝いをさせていただきましたが、それに引き続いて今回は乗鞍での自転車レースのお手伝いでした。

この『マウンテンサイクリングin乗鞍』は「全長20.5km、標高差1.260m、平均勾配6.1%のコースを有する、国内ヒルクライム大会の中では最高所となるゴール(2,720m)を目指す大会。四半世紀を超える歴史ある大会は、規模・内容ともに、King of Hillclimb と称されている。」(公式ホームページより)とあるように国内でも有数の大会であり、部門によっては抽選により参加者が決定されるほど人気のある大会なのです!

TEAM VAMOSは山雅以外でのボランティアにも参加しており、この大会もここ数年は毎年お手伝いをさせていただいております。


会場に着くとさっそく動き出すバモスメンバー
「去年はこんな感じだったよね。」「出来そうなことからやっちゃおう。」と経験者を中心にさっそく動き出します。そうして主催者側の方々が来る前に受付の下準備をしてしまいました。
これを見た主催者の方は「いやー、さすがバモスの皆さんだね!」とおっしゃってくださいました。



説明を受け、昼食を食べたあとは本格的に準備開始!
昨年の反省を生かしてゼッケンを探しやすく工夫して並べていきます。
これを見た主催者の方の一言「本当に毎年進化していくねえ。」
ありがたいお言葉です(〃ノωノ)




進化といえばこんなところにも!

そう、蚊取り線香!
昨年の反省を生かし、持ってきてくれたメンバーがいたのです。
デング熱とかいろいろ心配ですからね!


さらにさらに!嬉しいサプライズ(?)が!!

表彰式も行われる会場のメインステージ


よーく見てみると…

右下のほうに「山雅後援会(TEAM VAMOS)」の文字が!!

これは昨年まではなかったそうです。
「もしや私たちの働きを認めていただけたのか!!嬉しい!!」と皆で喜びましたヽ(*´∀`)ノ


午後からは選手の皆様の受付をしました。
渡し間違えの無いように丁寧に、そして本番で力を出し切れるようにエールを送りながら対応するバモスメンバー達





選手として出場するバモスメンバーも!
皆でエールを送ります。



受付が終わったら後片付け。
去年まではなかった仕事も任され、「これも働きを認めてもらえたからこそだな( ̄ー ̄)ニヤ...」と思ったりしつつ撤収しました。


グッズ売り場経験者にとってはどこか見慣れた光景。撤収は得意分野です(笑)


撤収後はおいしいごはんの待つ宿へ♪
なんとなんとここにも嬉しい驚きがが!去年もとても美味しかった夕食がさらにバージョンアップしており(2年連続参加者談)、とっても豪華で美味しい食事をいただきました!
(写真を撮ることを忘れるくらい夢中になって食べていたため写真はありません。笑)
これにはメンバーも大満足(((o(*゚▽゚*)o)))

夕食後はタブレットを使ってみんなで湘南戦を観戦しました。
熱く応援しましたよ!







そして2日目レース本番です。


早起きし、これまたバージョンアップした美味しい朝食をいただき、それぞれの配置につきました。

私は標高2350m地点にある第2チェックポイントでの給水係だったため、そこまで車で乗せてきてもらいました。車で上るのも大変な蛇行したきつい坂がひたすら続いており、これを上ろうとする選手たちは本当に尊敬に値するなあと思いつつ準備に取り掛かりました。


準備し始めた時には雨が降っていたのですが、途中からは晴れてきました。
乗鞍岳の頂上がきれいに見えます。


レースが始まってからは上ってくる選手にお水を渡します。
かなりのスピードが出ており、慣れないうちはなかなか難しいです!
お互いにフォローしつつ渡していきました。


完走し、下っていく選手に対しては拍手とねぎらいの言葉で迎えます。
皆さん達成感に満ちたいい笑顔で下っていきます。



男性陣は棄権者の収容係としてバリバリ働いていました。
ゴール地点の乗鞍岳山頂まで行って、絶景を見ることができたそうです。うらやましいですね!


最後に第2チェックポイントの給水係のみんなでパシャリ。
もう何年もこの大会のボランティアに参加しているというご夫婦からいろいろと教わりつつお話ができ、とても楽しかったです。







今回、いつもとは違う場所でいつもとは違う体験をし、たくさんの感動と元気をもらいました。

真剣な表情、苦しそうな表情、頂上が見えて嬉しそうな表情、感謝の気持ちをを込めた表情、様々な選手の表情や走りを見て涙が止まりませんでした。
また下っていく選手たちの達成感に満ちた表情、私たちに対してかけてくださった「ありがとう」等の言葉や手を振ってくださる姿がとてもうれしく、心の底から元気になりました。

やっぱりスポーツっていいですね。


選手の皆様、主催者の皆様、宿の皆様、ボランティアスタッフの皆様、この大会に関わったすべての皆様、本当にありがとうございました。


そして一人では参加したいと思ってもなかなか踏み出せないところ、仲間と一緒に山雅以外の活動にも参加できるということがTEAM VAMOSの魅力の一つだなあとしみじみ思いました。



来年の大会が今から楽しみです!




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

次回ホームゲームは9月20日(土)13:00~ カマタマーレ讃岐戦です。

ホーム3連戦アルウィン4万人計画」も発表されています。

精一杯おもてなしさせていただきますのでぜひお越しください!
一緒に盛り上げていきましょう!

2014/08/15 14:15

皆様こんにちは、バモ通ライター“ramo”です

8月10日の栃木SC戦は、台風の影響で開催が危うい中でしたが、8608人もの方にご来場いただきました。ありがとうございました!

この日は“アルウィン夏祭り”ということで、さまざまなイベントが開催されていました。

こちらは『浴衣抽選会』のブースです。
ガンズくんも浴衣姿でお出迎え!
「似合うかな?ウフフフ♪」



景品のフェイスペインティングシール
色々ありますね!ガンズくんのシールもかわいいー!ですね(≧∇≦)b


綺麗に貼れるように担当のメンバー同士で練習しています。


TEAM VAMOSのお姉さんに貼ってもらっています。「貼り貼り♪」練習の成果を発揮中!!


夏祭りと言えば...縁日!!
こちらでは『山雅縁日』が開催されていました。

射的やダーツ、スーパーボールすくいなど楽しそうな屋台がたくさんありました!
皆様楽しまれたでしょうか?



ハーフタイムには、HTK本多通信工業様プレゼンツによる「アルウィン花火大会!!」も実施されました。
夏の風物詩といえば何と言っても、打ち上げ花火ぃ~♪ですね!(≧∇≦)b



試合は、岩間選手のJリーグ初ゴールと船山選手の弾丸ミドルシュートで2-1で勝利!!グッズ販売のメンバーも大盛り上がり!!


さっそく新グッズのPOPにこんな工夫でアピールしてみました^_−☆
岩間選手おめでとう!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


悪天候の中でしたが、アルウィンまで足を運ばれた甲斐がありましたね!!

この日は雨に濡れたお客様が多いと思われますが、皆様体調を崩されていないでしょうか?
17日はアウェイ愛媛FC戦、20日は天皇杯FC東京戦、そして24日はホームゲームと日程が過密になっております。
ご参戦される皆様、体調管理には充分注意していただきまして、また24日ホームゲームで元気にお会いしましょう!!

次回ホームゲームは、8月24日(日)18:00キックオフ!!
難敵モンテディオ山形戦となります。ぜひ苦手を払拭してもらいたいですね!
また当日はレディースDAYが開催予定でございます。多くのプリンセスのご来場をお待ちしております。( ー`дー´)キリッ

===================================

この日は、入場ゲートなど所々で雨水が浸水していましたΣ(゚д゚lll)



雨天時にはこうした個所がある場合もございますので、ご来場の際はお足元に充分ご注意下さいm(__)m

2014/07/30 11:53

7月26日の東京ヴェルディ戦では初めての試みとして「夏休み親子体験ボランティア」を実施いたしました。

15組30名での募集だったのですが、予定を上回るご応募をいただきました。その時点で感動です。
そして、備考欄に「参加したい!!」というアツイ思いを書いてくださる方が多くお断りするのがあまりに忍びなかったため、今回はご都合が悪くなった方を除く19組の方全員にご参加いただきました。



まずは説明会。「ボランティアってなぁに?」という勉強会と「TEAM VAMOSの説明&今日の注意」を聞いていただきました。


夏休みの自由研究にしたいという方も多く、みんな熱心にメモを取っていました。見習わなければなりません(^-^;;

そしていざ全体ミーティング!
この日は親子ボラさんが約40名、そしてU-10の選手や東京ヴェルディのボラさんも参加してくださり総勢160名あまりでの全体ミーティングとなりました!いろんな意味でアツイ!!(笑)
尚、遠くに見えているヴェルディ君のお話はまた次回をお楽しみに☆


この日体験していただいたのはゲートやYelll(ゴミ回収)の設営、そしてマッチデイの配布や分別の呼びかけです。
まずは設営。テントを運んだり、POPを貼ったり、ゴミ箱を設置したりetc...
ご存知の通り本当に暑い午後でしたが一生懸命取り組んでくださいました。
そして目がキラキラしていること。
おじさんは早くも目から汗が…。





一生懸命のご褒美ではないですが、特別にスタジアム見学も。
ロッカールームに入るとみんな思わずニンマリ。
嬉しいですよね。



さて、いよいよゲートオープン。気合の入ったファン・サポーターさんが次々と入場してきます。
最初はちょっとびっくりした様子でしたが、次第に慣れ「こんにちは!」「ようこそ!」と気持ちのいい挨拶をしていました。
大人のバモスデビューでも中々こうはいきません。みんなすごい!

こちらでは「分別をお願いします!」という元気のいい掛け声。
いつも協力的なサポーターさんがもっと協力的になってくださいました。もはや怖いものなしです!



「親子体験ボランティア」と銘打った今回の企画。実は親子は別々に行動していただきました。
これは自立心を養いたいというねらいと、お家に帰ってから「今日はこんなことをしたんだよ」という会話を弾ませていただきたいと思ったからです。

ということで保護者の方には別の場所で先行入場の抽選会や分別回収の呼びかけ、イベントスタッフをお願いしました。


ううむ。みなさん素敵な笑顔だ。TEAM VAMOSに入っていただけないでしょうか(笑)
保護者の皆さまも本当に一生懸命取り組んでくださり、「いつもと違った角度で山雅と関われて楽しかったです」と仰っていただきました。
これから10年、20年いやもっともっと続いていく松本山雅。クラブとの関わり方が色々あることを体験していただけて嬉しいです。


TEAM VAMOSにとっては楽しくてあっという間、参加者さんにとっては疲れもあってきっと長かったであろう体験ボランティア。
試合開始前に終礼となりました。

暑かったし心底疲れたと思います。でもどことなく充実感みなぎる表情。そして顔つきも凛々しくなったような印象です。
大人もへばる暑さの中よくがんばりました!みんな松本の誇り!

そんなみんなの疲れを吹き飛ばしてくれたのは塩沢選手。

労をねぎらうために終礼に駆け付けてくださいました。
「みんなに支えられているから松本山雅の選手たちはがんばれます。これからもよろしくお願いします」という言葉に拍手が鳴りやみませんでした。



冒頭にも書きましたがU-10、つまり小学校4年生の選手もボランティアに参加してくださいました。
ゲート、Yellで頑張っている子どもたちに「お疲れ様!」「がんばってね!」とたくさんの方が声をかけてくださいました。

いつもは大人がやっている業務を子どもが担うのです。当たり前ですがいつもよりは手間取りました。でもそこに文句を言う人は誰もいませんでした。そして温かい言葉がけ。
このクラブは本当に素晴らしい方々に支えられていると心から感激しました。


そして誰よりも今回の企画に参加して暑い中一生懸命活動してくださった親子ボラのみなさま。本当にありがとうございました。
もう皆さまはTEAM VAMOSの仲間です。
またスタッフとお客さんに分かれますが、松本山雅を支える仲間としてこれまで以上に共に盛り上げていきましょう。
そしていつの日か再び共に運営できますことを楽しみにしております。

素敵な1日を、ありがとうございました!

2014/07/25 18:07

皆様こんにちは!
バモ通ライターのramoです。

先日、TEAM VAMOS毎年恒例の「バーベキュー懇親会」が開催されました。夏本番に向けてスタミナUP!!



目印はサッカーチームのタオルマフラー
ん!?よく見ると...SUBAR○?


さぁ、火おこし開始!!
TEAM VAMOSの“漢達”にお任せ!


ジャンジャン焼いていこー♪


そろそろ食べ頃かな?
美味そう〜( ̄¬ ̄)ジュル


食後の運動は...やっぱりサッカーでしょ!!
天気も良くて気持ち良さそうです♪( ´▽`)


こちらでは、まったり談笑タイム(≧∇≦)


普段の運営時とはまた違った、メンバーの新たな一面を発見できたりして、とても素敵な時間が過ごせました。

さて、リーグもいよいよ後半戦に入りました。チームの好調な勢いと共に、我々TEAM VAMOSもさらに勢いを増して皆様をおもてなしいたします。

次回ホームゲームは、7月26日(土)18:00KICK OFF「東京ヴェルディ戦」です。皆様のご来場を心よりお待ちしております!(^o^)/

2014/07/16 18:22

遠征ボラSです。
ようこそファン感謝デーへ!
今回は2011年ぶりのシーズン中、夏開催でしたね。
当時、わたしもお客さんとして楽しく参加させていただきました。そしてその楽しさが後半に向けてのパワーに繋がったなと思います。
今年のファン感もそうであったらいいなと思います!

いつもはアウェイサポーターさんをお迎えするゲーフラですが、今回はファン感バージョンでお届けしました。見ていただけましたでしょうかヽ(=´▽`=)ノ


やっぱりうちの子が一番かわいい('▽'*)なんちゃって。

準備の様子です。
今回使用するメインの席を拭きます。雨が降ったりやんだりであたふた(。≧Д≦。)

ミニゲーム用のゴールをえっさほいさ。普段はない作業は大変だけど楽しいものです。

ゲートのミーティングに大月社長!
いつもあっちへこっちへ飛び回って声をかけてくださってありがとうございます!

こちらは今回の目玉のひとつ、メガラッキーくじブース。上位賞の陳列を真剣に…!
もちろん専用の台はないので空箱やクリップなど、そこにあるものを工夫して作成!(笑)
なかなかかっこよくディスプレイ出来てますよね( ̄ー ̄)ニヤリッ


開場前のミーティング。「楽しんでいただけるようにがんばりましょう!」

見事豪華賞品を引き当てたみなさまの笑顔をお届けします!
大人も子どもも無邪気に楽しんでいて、つられてバモスもニコニコ。一緒に喜んだり悔しがったり、私たちも楽しむことのできた1日だったと思います。

おめでとうございます!(*´∇`*)


そしてこの日は小松憲太選手の旅立ちの日となりました。
ボランティア中でセレモニーを見ることはできなかったのですが、同じ場所にいることができてよかったです。
アユタヤ-FC(タイ)への完全移籍ということで、元山雅戦士の弦巻選手と同じチームですね。
距離は遠くなりますが、きっと満員のアルウィンで応援すれば届きそうな気もします。別れは寂しいですが、私たちTEAM VAMOSはここアルウィンからエールを送ります!

小松 憲太 振り向かずに さあ行こう お・れ・らと(チャントより)


次回ホームゲームは7/26(土)18:00~ 東京ヴェルディ戦となります。
こちらで告知・募集していた「夏休み親子体験ボランティア」の開催と、東京ヴェルディのマスコット、ヴェルディ君もボランティアに参加します。「開幕戦3本勝負」で勝った甲斐がありました!笑
楽しみにしていましょうねヽ(=´▽`=)ノ

2014/06/30 19:08

皆さまこんにちは。
およそ1カ月ぶりに担当します臨時ライターの『師匠』ですm(__)m

今回は、6月28日・29日に行われた自転車レース『ツール・ド・美ヶ原』をお手伝いさせて頂いた際の記事です。



普段は松本山雅FCのホームゲームやイベントの運営をお手伝いさせて頂いている私たちですが、実は今回の『ツール・ド・美ヶ原』のように松本山雅FC以外のイベントに協力させて頂くこともあるんですよ。



まずは1日目の6月28日。
この日は、翌日早朝スタートのレース本番を前に参加選手の受付を行います。



浅間温泉から美ヶ原間の全長21.6km、標高差1,270m、平均勾配5.9%(!)という大自然に囲まれたコースの中で行われるこのレースは通称「ゲキサカ」とも呼ばれています。
ちなみに、日光いろは坂は4.2%、本場ツール・ド・フランスで使われているラルプデュエズの坂は7.9%だそうです。

翌日早朝のスタートに備えて選手の皆さまはきっと周辺の温泉街で移動の疲れを癒し、コンディションを整えるのでしょう!




私たちもスムーズに進行できるように準備し、「頑張ってくださいね」の一言を添えながら、受付を行い、記念品をお渡ししました。



2日目、6月29日は雨上がりの早朝から。
本戦スタートを控え、集合場所に続々と出場選手が集まってきますが、まるでヨーロッパの朝のようです。
コース上のそれぞれの担当場所へは、浅間温泉各旅館のバスに乗せて頂いて向かいます。

「えぇ、この坂登るの…?!すごい…」
と、ヘタレな私は坂を登るバスに乗りながら思ってしまいましたが…。
これは頑張ってサポートしないと…という思いと共に担当場所へ。



担当させて頂いたチェックポイント。
ここで運営に参加されている地元の皆さんと一緒に選手の皆さんを励ましながら、給水を行いました。



それぞれの頂を目指す道のり。
がんばれ!がんばれ!



しばらくすると下りがスタート。
続々と選手が下っていきます。
すっごいスピード…(゜゜)
あのゲキサカを登り切った後の長~い下りの爽快感は、極上のものなのでしょう!



「お疲れ様~!来年も待ってるよ~!(^^)/」と声を掛ける私たち。
「ありがとう~!また来年~!(^^)/」と応えてくれる選手たち。

お互いに、また楽しみにしていきたいことですね!
私たちも、是非またお手伝いさせて頂きたいと思っています!


以上、臨時ライター『師匠』のツール・ド・美ヶ原日記でした(^^)

---------------------
次回のホームゲームは7/5(土)18:00kickoff、アビスパ福岡戦です。
梅雨をふきばすような良い天気になりますように!

2014/06/23 18:46

こんにちは!

6/21(土)のホーム群馬戦では雨の予報にもかかわらず9700人を超えるみなさまにご来場を頂きました!ありがとうございます!
選手たちもそれに応えてくれましたねヽ(≧▽≦)ノ


そして前週の北九州戦もたくさんのお客様にご来場いただきありがとうございました!
今回は久しぶりにボランティア活動をお休みして、観戦を楽しみました。TEAM VAMOSでは、参加回数にノルマはありません。都合や体調に合わせて、無理なく続けることができます(*・ω・*)b

というわけで、今回はお客様の目線でお伝えしてみようと思います。なんだかワクワクです!

いつもはアルウィン内を東奔西走しているこちらの方。今回は初めての抽選箱係という事でなんだか嬉しそうです。



入場前にアウェイゲートも見てみました。北九州からのお客様をお迎えするゲーフラ発見!
これを見てアウェイサポーターさんが喜んでくださると嬉しいなあと思いました。信州のうまかもんは堪能されましたでしょうか?(*´ω`*)

そしていよいよ入場!早い時間から賑わっています。
今節は人権マッチデーという事でアンケートが実施されていました。人権を考える素晴らしい機会だったと思います。
笑顔で参加を呼びかける仲間の姿を見ると、ついつい自分も加勢したくなります。笑


そしてこれは自分は見れなかったのですが、参加した仲間からのレポートです。
U-13のメンバーも一緒に円陣を組んで今日も頑張ろう!と気合いを入れていたそうです。

わたしたちには、ホームゲームを支える沢山の仲間がいるんだということに改めて気付かされました(T-T )


次回のホームゲームは7/5(土)18:00kickoff、アビスパ福岡戦です。
皆様、朝晩は寒く日中は暑く体調はいかがでしょうか?
週末の試合のために万全にしておきましょう(*・ω・*)b

2014/06/06 17:39


ジュビロ磐田戦が終了した時点で、現在のホームゲーム平均入場者数は12,743人となりました!そしてこれからもこの数字を上げていくためにも、ホームゲーム運営を愛情たっぷりで支える仲間が必要です。クラブの今年のスローガンにもある「総力」。TEAM VAMOSとしてチームを支えてみませんか?
6/14(土)ギラヴァンツ北九州戦の前にTEAM VAMOSの説明会がありますので、ぜひぜひご参加くださいませ!(説明会後そのままボランティアに参加できます!)

日  時:6月14日(土)13:30~14:30(受付13:20)
場  所:アルウィン10会議室
※当日の駐車場等は後日ご連絡いたします。
内  容:試合運営ボランティアの活動内容の説明
対  象:高校生以上
参加費用:無料
参加申込:WEB申し込み、電話・FAXでの申し込みの2通りが可能です。詳しくは山雅後援会のページで!【締め切り:6月11日(水)13時】


「TEAM VAMOS入ってみたい気もするけど、ちょっと心配だなぁ」
わかる、わかります!というわけでよく寄せられる質問に答えてみましたo(*^▽^*)o

♪TEAM VAMOSよくある質問♪
Q どんな年代の人たちがいますか?
A 下は高校生、上は70代まで、年齢・性別関係なく幅広い年代の方が活躍しています。

Q 未成年でも大丈夫ですか?
A 高校生以上が対象となります。18歳以下の方は保護者の承諾が必要となります。

Q サッカーのことをあまり知りませんが、大丈夫でしょうか?
A 全く問題ありません。ボランティアが好きで参加されているもいらっしゃいます。

Q 山雅のことを知りませんが、大丈夫でしょうか?
A 活動しているうちに自然と覚えてくるので、全く心配ありません。今では多くの方が遠くアウェイの地にも駆けつけています( *‘∀‘ )ノ

Q 活動時間は何時から何時くらいですか?
A ホームゲーム運営時は、
VAMOS:原則としてキックオフ4時間半前から試合終了2時間後位までが目安となります。
Be-VAMOS:原則としてキックオフ4時間半前から試合開始前まで。

Q 毎回出なければいけませんか?
A 特に回数を設けているわけではありません。是非お気軽にヽ(=´▽`=)ノ

Q アルウィンへはどうやって行ったらいいですか?
A アルウィンまでの移動手段がない方は、乗り合いなどのご相談も受けておりますので、心配ありません。今年から、シャトルバスの増便で集合時間に間に合うバスもあります(松本駅バスターミナル発のみ)。是非ご利用ください!

Q 試合を観ることはできますか?
A フルタイムの場合は原則として試合観戦は出来ないとお考えください。ただし、各持ち場のリーダーの指示により適宜休憩等を取っていただきます。その際はボランティアのビブスないし制服を脱いでの観戦をお願いしますm(_ _)m
Be-VAMOSの場合は試合前までの活動ですので、基本的に試合を見ることができます。

Q 説明会のあと、いつから参加できますか?
A 例えば今回は、説明会後そのままギラヴァンツ北九州戦のボランティアに参加できます!シーズン中は説明会が不定期開催でwebでお申し込みいただいても初参加まで1ヶ月待っていただくケースもあります。今なら思い立ってすぐに参加できます。ぜひチャレンジしてみてくださいo(*^▽^*)o

Q 実際活動している方に色々聞いてみたいのですが!
A 説明会で、体験談を聞けますし、直接質問していただいてもOKです。また、TEAM VAMOSメンバーにアンケートを取りまとめたものがコチラ。
>>>もっと知りたいTEAM VAMOSアレコレ
なんと約半分のメンバーが「1回目から楽しかった!」と答えています。TEAM VAMOSのリアルな声が読めます。

ちょっとやってみたいかも!気になるかも!という方はぜひご参加くださいませ。お待ちしています\(^▽^)/


■6/14試合運営ボランティア説明会
※事前のお申し込みが必要【締め切り:6月11日(水)13時】
日  時:6月14日(土)13:30~14:30(受付13:20)
場  所:アルウィン10会議室
※当日の駐車場等は後日ご連絡いたします。
内  容:試合運営ボランティアの活動内容の説明
対  象:高校生以上
参加費用:無料
参加申込:WEB申し込み、電話・FAXでの申し込みの2通りが可能です。詳しくは山雅後援会のページで!【締め切り:6月11日(水)13時】

問合せ先:山雅後援会 YamagaForte
松本市中央3丁目11番1号 ハヤマビル3階
TEL:0263-39-6031
FAX:0263-39-6032

2014/05/30 12:25

こんにちは。レイです(^O^)
いつも「バモ通」をご覧頂きましてありがとうございます。


今シーズン初のナイター。
そして、前売り券完売のニュース。
前日からワクワクせずにはいられなかったジュビロ磐田戦。
ファン、サポーターの皆さんにとって、最高の1日になったのではないでしょうか?


そして、私たちTEAM VAMOSにとっても特別で、嬉しい1日となりました。

いつもの朝礼の中に・・・


なんと!松下純土選手と柳下大樹選手がいるじゃありませんか!

Jリーグの新人研修ということで、お二人も今日はTEAM VAMOSとして活動してくれます。

一部の時間だけ選手が運営に参加するということはこれまでも何度かありましたが、
こんな風に「朝礼から終礼まで1日中」というのは私がTEAM VAMOSに入ってからは初めてのことです(ちなみに私は4年目です)。


そして、今シーズンずっと手伝ってくれているユースの選手たち。
今日はU-13のみんなが来てくれました。
アルウィンに着くと大きな声でしてくれる挨拶に元気をもらっています(^O^)


また、今回はジュビロ磐田のボランティアさんたちにも運営に参加して頂きました。
参加者は全部で16名!
ゲート、イベント、グッズ売り場、ゲートチェック、ゴミの分別と
いろんな業務に携わって頂きました。


私が当日担当したグッズ売り場にもお一人参加して頂きました。
慌ただしい設営に、オープン後の大行列・・・。
ジュビロ磐田では、グッズ販売をボランティアさんが行っていないそうで、
商品名も値段もよく分からない状態で大変だったと思いますが、
最初はバックヤードをお手伝い頂いて、
少し空いてきたら窓口業務もやって頂きました。


真ん中が磐田のボランティアさんです。

今回はBe-VAMOSとして参加して頂いたので、試合の30分前に業務が終了。
「名残惜しいです」と言って頂けたのがとても嬉しかったです。
私たちももっといろんなお話がしたかったです。
8/3にヤマハスタジアムでの再会を約束してお別れとなりました。


Be-VAMOSの解散の時、「磐田のボランティアの皆さんが『楽しかった~』って言ってたよ」
という話を後で聞いて、嬉しかったと同時にほっとしました。
こんな風にボランティア同士の交流がこれからもっと広がっていったらいいな~と思いました。
そうなったらTEAM VAMOSの活動がもっともっと楽しくなりそうです(^O^)


そして終礼ミーティング。


今日の感想を頂きました。
「正直疲れましたが、いろんな方の支えがあるからこそ
毎回素晴らしい試合ができるんだと実感しました。
この恩を返せるように、試合に出て活躍したいと思います(要約)」
という力強い言葉に拍手。
これから松下選手と柳下選手を特別応援したくなっちゃうような素敵な挨拶でした。


次のホームゲームは、6/14(土)のギラヴァンツ北九州戦。
19:00キックオフです。
今回のジュビロ磐田戦に匹敵するくらいたくさんの方のご来場をお待ちしています。


アルウィンの寒暖差の激しさを再び思い知らされたレイがお届けしました(。・ ω<)ゞ


2014/05/05 16:37

こんばんは。まやです。

愛媛FC戦ではアツイご声援ありがとうございました!

やっぱりアルウィンでの勝利は嬉しいです(^-^)v


さてさて、TOP OF北アルプス初戦の、4月26日FC岐阜戦ではFC岐阜のボランティア団体「グリーンズ」さんが突撃してきて下さいました。本当に嬉しかったです!
グリーンズさんのオフィシャルページはコチラ


TEAM VAMOSが続けている「突撃!ボランティアさん」はグリーンズさんが突撃してきて下さったのを機に「私たちもどんどん外に出なければ!」という思いで始めたものです。
突撃をすることでボランティアの輪もどんどん広がっていますのでグリーンズさんには本当に感謝です。

そして今回はそんなボランティア同士の交流会の一つの集大成(といったら大げさかな汗)として、、、、


懇親フットサルを開催しました!



懇親フットサルでももちろん歓迎です。

試合翌日の開催にも関わらずグリーンズさんからも多くのメンバーが参加してくださいました。

こちらの「TOP OF 北アルプス」は懇親ですのでチームも混合。
試合前には円陣を組んで気合を入れます。




プレーは真剣そのもの(本人達にとっては)ですので、好プレー(珍プレーも?笑)が続出で笑いの絶えない楽しいフットサルになりました。

ゴールが決まればハイタッチ!


すっかり打ち解けているのでグリーンズ・TEAM VAMOS入り乱れてのハイタッチです。
楽しい!

---

フットサルが終わった後にはなんと、別会場でVAMOSメンバーが行っていた「アウェイサポーターさん歓迎ゲーフラ作り」にも参加してくださいました。
その行動力見習います。


ほとんどの方がゲーフラ作りはあまり経験がないとのことでしたが皆さまとてもお上手でビックリ。
ぜひ毎回お手伝いに来ていただきたいです(笑)

この日は横浜戦・磐田戦・北九州戦のゲーフラ作りをする予定でしたが、せっかくですので10月26日に行われる、もう一つのTOP OF 北アルプス、カターレ富山戦のゲーフラも急きょ作成いたしました。
どんなゲーフラになったかは当日のお楽しみです☆



応援するクラブは違えど「ボランティア」というサポートの仕方は同じ。
そこに駆り立てるパワーの源はお互いに「クラブへの愛」そして「ボランティア仲間との絆」だなと思いました。

そしてその絆がJリーグのボランティア仲間全体のものとなれば、Jリーグはもっともっと安全で快適な、そして多くの人にとって身近な存在になれるのではないかと思いました。


グリーンズの皆さん2日間ありがとうございました!
またお会いしましょう!


そして、他チームのボランティアの皆さま。
アルウィンにお越しの際は是非とも交流いたしましょう!

2014/04/25 8:29

皆さんこんにちは、バモ通ライターの「ramo」です。


先週は桜の見頃がピークでしたね。この週末はお花見された方も多いのではないでしょうか?
アルウィン周辺もキレイに咲いていました。・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・



そんな中、京都戦には11,989人ものご来場をいただきましてありがとうございました。
さすが!皆さん『花より山雅』ですね!


バモスお手製のアウェイサポーター歓迎ゲーフラ


なんとJ’s GOALのウェブサイトでも紹介されました!( ̄^ ̄) エッヘン

http://www.jsgoal.jp/photo/00129800/00129836.html


京都戦では、山雅の未来を担う「ユースアカデミーU-15(15歳以下)」の選手達も運営のお手伝いに来てくれました。



先行入場抽選会の様子



近い将来、この中からトップチームで活躍する選手が生まれるかも!楽しみですね。
今のうちに仲良くしとこ( ̄∀ ̄)ウヒ♪


そして、オススメの新グッズ『ペットボトルホルダー』!!
イイ感じです。Σd(゚∀゚d)イカス!



段々と暖かい季節となりますので、観戦の際には熱中症対策にも水分補給を忘れずにお願いします。m(_ _)m
これで水分補給もバッチリ!(≧∇≦)b OK


この日の試合結果は...
2-2の引き分けでした。こちらは満開ならずσ(^_^;)
中々ホーム初勝利が遠いですが、次節こそは勝利をっ!!

その次節は、4月26日(土)元日本代表の川口能活選手や三都主アレサンドロ選手など大型補強で話題のラモス瑠偉監督率いる「FC岐阜戦」(13時キックオフ)です。
TOP OF 北アルプス3連覇もかかるこの一戦。皆さんのご声援でチームの後押しよろしくお願いします。



それでは、我々TEAM VAMOSは皆さんのご来場を心よりお待ちしております!(^_^)

---------------------------


この日はJA全農長野様が第2ゲートで“ぶなしめじ”の無料配布をされましたが、私たちTEAM VAMOSにまで差し入れをしてくださいました!ありがとうございました。
「今夜はきのこパーティー!?」♪(´ε` )


2014/04/03 14:58

晴天の下、超満員のアルウィンでの首位決戦!

その願いは叶わず、春の嵐に見舞われたホームゲームとなりました。
そんな悪天候にもかかわらず、9,124人ものご来場を頂き、私たちTEAM VAMOSも感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さん、風邪を引いていないでしょうか?


突風が吹いたり、雨が降ったり、日差しがきつかったり。
アルウィン周辺の天候は厳しいことが多いですが(笑)、
試合前から試合が終わるまで、
あんなに雨が降り続いた中での運営は初めてだったかもしれません。

私が担当したサウスゾーングッズ売り場でも、


テントの中まで雨が吹き込んでくるため、窓口に商品を並べることができませんでした(´Д` )


こんなにきれいに並べてもらったのに残念です。


雨が降り続けたため、至るところに水たまりができていました。





ゲートの写真を見ると、



あれ?いつもと違う!
クロスが風に飛ばされないように、でもロゴはちゃんと見えるように、ということで、こんな風にしたんですね~(๑≧౪≦)

「いつもと同じようにはできないけれど、じゃあどうしようか。」

厳しい天候の中、
それぞれが担当する持ち場で、みんなで知恵を出し合って、
いろんな工夫がされていたんだなあと思います。
私はできていたかな?とちょっと反省(´・_・`)


試合が終わった後、アルウィンには虹がかかっていました。



今晴れるなんて・・・と恨み言を言いたくなりましたが、
これは次のホームゲームに良いことが起こる前兆に違いありません!

次回のホームゲームは4/20(日)の京都サンガF.C.戦。
13時キックオフです。
次こそは晴天の下で皆さんをお迎えできますように。

----------------------------------------------

最後に。
今シーズンから私たちが着用するビブスに、なんとスポンサーさんが!!!


嬉しいです!サンポーさんありがとうございます!
私たちのビブスに広告を出すことが、企業イメージの向上につながると判断していただけて大変光栄です。
運営にますますの笑顔で臨みたいと思います(^O^)

レイ

2014/03/17 18:54

初めまして今シーズンよりバモ通ライターに参加します、山雅とランニングが好きな「ゴン」と申します。皆さんよろしくお願いします。

いよいよ松本山雅FCの記念すべき2014シーズンホーム開幕戦、夢と期待を持って聖地アルウィンへ向かう途中に福寿草を見つけました。


実は結構探しました(汗)
福寿草の花言葉は文字通り幸福を招くです。TEAM VAMOSではお客さま・ファン・サポーターの皆さんがスタジアムでの時間を幸せに過ごせますように、今シーズンもおもてなしの心で頑張っていきます!


さて駐車場に到着です。そこからメンバーの車にてピストンでスタジアムへ行きます・・・
午前7時30分と早い時間ですが元気に笑顔で仲間が迎えてくれ、思わずライター心に火が付きカメラに収めました(*^_^*)



そしてたくさんの仲間達がエントランスに集まり、全体ミーティングスタート!また今日からの新しいシーズンをメンバーが互いに協力して、素晴らしい運営を築きあげて行きましょう!


これから新しく変更になった点、物などを紹介していきます~
その①

バックスタンドのゴミ分別所にテントを張りました。雨、風、陽射しから守ってくれて、まさに人と地球に優しいを体現しています。皆さんこれからも引き続き分別へのご協力よろしくお願いします。

その②


TEAM VAMOSの装備品、ネックストラップとビブスが新しくなりました。これらを身に着けるだけでレベルアップして、さらに良い仕事ができる気がします(^^)/

またこれからも徐々に紹介していきますのでお楽しみに~



今節の入場者数は14,048人、たくさんのご来場ありがとうございました。
そして、サポーターさんからこんな素敵なお土産を頂きました。

TEAM VAMOSはお客さま・ファン・サポーターの皆様に支えられて運営が出来ていると改めて実感し、さらに安心・安全・快適なスタジアムになるようこれからも工夫と努力をしていきます。ご意見・ご要望ありましたらぜひお声かけください。


次節ホームゲームは3/30(日)13:00vs湘南ベルマーレ戦です。
まだまだ寒暖差が多い日々が続きますが、体調等崩されませんようにまた元気にアルウィンでお会いしましょう!

2014/03/07 11:51

皆さん、こんにちは。
昨年に引き続き、「蹴刊バモ通」を担当させて頂くことになりましたレイです。
2014年シーズンもよろしくお願いします(^^)/

今回お届けするのは、先日の東京ヴェルディ戦のときに行われた「バモス乗り合いツアー」の様子。

もう雪はいいです…という感じですが、この日も降ってしまいましたね。


願いを込めて「+3」の文字を書いて、いざ味の素スタジアムに出発です。

参加者は全部で33名!
久しぶりに会うバモスの仲間たち。
車内では、新しいユニフォームの話や、新加入の選手の話など、いろんな会話が交わされたようです。
私が乗った車では、新しいチャントの練習も!
これまであまりお話しする機会がなかった方とも交流できて、とてもいい時間でした。

楽しい時間はあっという間。
無事に味の素スタジアムに到着です。


新しく発売されたガンズくんのフラッグを先頭に、いざ味スタへ。


この日行われた3本勝負「サポーターリレー対決」にバモスの仲間が出場するということで、
facebookページやこのブログでもお知らせして、
みんな応援するのを楽しみにしていたんですが、
その時間までに入場できず、活躍する姿を見ることができませんでした(>_<)
でも、スタジアムの外まで届いたチャント「勝利の街」で結果を知ることができました。


さて、アウェイ戦で恒例となりました「突撃!隣のボランティア」は、今年も行う予定でいます。
昨年一度伺ったことのあるスタジアムはfacebookページで、
今年初めて伺うスタジアムはバモ通でお届けする予定です。

いつもは試合開始前に集まるんですが、今回はその時間お忙しそうだったので、ハーフタイムにお邪魔しました。



またまたガンズくんの旗が登場~。

「突撃!」の続きはfacebookページをご覧ください。


試合結果は皆さんもご存じの通り。
最高に楽しい試合でしたね。


最後にみんなで記念撮影。満足そうな笑顔です。


企画から当日の段取りをしてくれたレクリエーション班、
運転を買って出てくれた仲間のおかげで、とても楽しいツアーとなりました。
参加した人の中には、
「今回がアウェイ初観戦」「山雅の試合を観戦するのが初めて」という人もいました。

バモスでは、今回のツアーのようにいろんなイベントが開催されています。
運営の日は話をする時間はあまりありませんが、
こういったイベントを通じて仲間と交流することで、チームワークが高まり、
それがよい運営へとつながる。
いいスパイラルですね(^O^)
これからも楽しいイベントが目白押しなはず。
あっ、今、「バモスに入りたい!」って思いました?そんな方に朗報です。

【TEAM VAMOSボランティア説明会】
日  時:3月9日(日)9:30~11:30(受付開始9:15)
場  所:Mウイング4-4会議室
地図:http://www.matsumoto-tca.or.jp/convention/meeting07.php

《説明会詳細》
内  容:試合運営ボランティア内容の説明、メンバーの体験発表
対  象:高校生以上・性別不問(4月から高校生となる方も参加可能です)
参加費用:無料
参加申込:当日受付となります。事前の申し込みは必要ありません

問合せ先:山雅後援会 YamagaForte
松本市中央3丁目11番1号 ハヤマビル3階
TEL:0263-39-6031
FAX:0263-39-6032

たくさんの方のご参加をお待ちしています。




2014/02/26 21:44

日曜日は、まだ大雪の影響が残る中、アイシティでのキックオフイベントに約1000名の皆さまにお集まりいただきありがとうございました。

恒例のキックオフイベントでの恒例、初披露のポスター巻き巻き作業。
ステージやブースの設営を終えた人から、巻く!!!!

巻く巻く!!!!

みんなで巻く!

初披露と言えばこの方。ガチャ奮闘記でも紹介されました、元山雅戦士で裏方ルーキーの小林陽介さん。たぶんイベント運営姿初披露ではないでしょうか?
この日はほんとうにたくさんの方々から
「おかえり!」
と笑顔と握手で迎えられていました。
改めて山雅サポさんの暖かさに涙ぐんでしまいました。(私がですけど)


ルーキーといえば、チームバモスのルーキーもここがデビュー戦。
バモスはこのキックオフイベントをバモスのキックオフと捉えて、ルーキーがバモスに慣れるためのイベントと位置付けています。

ところが、今年はあの大雪で第2回の説明会が延期になってしまい、1名だけの参加でした。
その方の感想
「『バモスは結束が固いから、中々仲に入っていけないと思うよ』と友達に言われていましたけど、そんなことなかったです。次に参加するのが楽しみです」(意訳)

えっ!?

結束が固というのはチームワークがいいと良いように受け取るとして、中々仲に入れないなんとことはございません!
出会いを求めています!
仲間を求めています!!
『ゴール裏のもうちょい裏 歓迎です!!!




↓そんな仲間募集の説明会の日程はこちら↓
【第3回】
日  時:3月5日(水)19:00~20:30(受付開始18:45)
場  所:Mウイング4-4会議室
地図:http://www.matsumoto-tca.or.jp/convention/meeting07.php

【第2回(2/16代替開催)】
日  時:3月9日(日)9:30~11:30(受付開始9:15)
場  所:Mウイング4-4会議室
地図:http://www.matsumoto-tca.or.jp/convention/meeting07.php

《説明会詳細》
内  容:試合運営ボランティア内容の説明、メンバーの体験発表
対  象:高校生以上・性別不問(4月から高校生となる方も参加可能です)
参加費用:無料
参加申込:当日受付となります。事前の申し込みは必要ありません

問合せ先:山雅後援会 YamagaForte
松本市中央3丁目11番1号 ハヤマビル3階
TEL:0263-39-6031
FAX:0263-39-6032

2013/12/04 21:56

こんにちは!てず です。

先日12月1日は久しぶりにホームゲームもアウェイゲームも無い一日でした。
緊張感も全くなく落ち着いた一日を久しぶりに過ごしたのですが、昇格プレーオフをテレビで見ていたら「やっぱりこの緊張感をみんなで味わいたかったなぁ」と思いました。
反町監督から「来季は昇格プレーオフ」という目標も出ましたので、TEAM VAMOSとしては「折角だから昇格プレーオフの運営がしたいな」という願望も芽生えてきます。


最終戦名物に感謝!


毎年、ホーム最終戦でクッキーとお手紙を差入れして下さる親子がいらっしゃいます。
心のこもったお手紙で、終礼時に読み上げると多くのメンバーが涙します。
というか、読み上げる係の田中前代表が一番泣きます。

ありがたいことに今シーズンも差入れをいただきました。


画像が小さく読みにくいので文章を紹介いたします。

上のお手紙(お子様)

チームバモスのみなさまへ
今年もありがとうございました!
みなさんのおかげで試合がもっと楽
しく見ることができました。
来年もまたよろしくおねがいします!


下のお手紙(親御さん)

チームバモスのみなさま
山雅な週末があるから、つらいことも
面倒なコトも頑張れます。そんな山雅を
ささえてくれるみなさまに感謝します。
いつもありがとうございました。



ああ、だめです。書き写しているだけで心の汗が…。

クッキーを焼き、心のこもったお手紙まで書いて下さる。私達のために時間を割いて下さったこと本当に感謝いたします。
2年前のお手紙の最後の一文は「大きくなったら、わたしもバモスに入れて下さい」
いつの日か実現することを心から楽しみにしています。

また、ツイッター、Facebook、前回のバモ通にメッセージをお寄せいただいた皆様も本当にありがとうございます。
自分たち自身が楽しんでいる上に感謝のメッセージまで頂いて、本当に恵まれているなと思います。

感謝を表すためには、よりよい運営しかないですね。
さらに精進してまいります。


ファン感謝デー!そしてあの企画も!


12月8日(日)はファン感謝デー
今年アルウィンで行われるイベントもいよいよ最後となりました。TEAM VAMOSももちろん出動いたします!

楽しそうなイベント目白押しで、松本山雅FCをさらに身近に感じられることうけあいですね。
詳しくはクラブホームページ「12/8(日)『ファン感謝デー2013』イベント情報」をご参照ください。

ファン感謝デーでの新発売グッズもかなり魅力的です。


そして!今回はTEAM VAMOSでも一つ企画をさせていただくことになりました!

その名は「アウェイサポーター歓迎フラッグ展示」

今シーズン富山戦よりアウェイゲートに掲出してきました「アウェイサポーターさん歓迎ゲーフラ」。
ツイッター等でお寄せいただいた「ぜひ全部見てみたい!」というご要望をクラブに伝えたところ「ではファン感で展示しましょう!」とご快諾いただきました。
ファン・サポーターの皆さま並びにクラブ関係者の皆さま本当にありがとうございます!

場所はメインスタンド側コンコース。壁にずらっと貼らせて頂きます。

ゲーフラにはアウェイサポーターさんからの寄書きも多く入っております。
Jリーグクラブを愛する者同士の友情の証しともなっている「アウェイサポーターさん歓迎ゲーフラ」を是非ともご覧ください!


それでは、泣いても笑っても今年最後のアルウィン。

めちゃめちゃ楽しみましょう!

2013/11/26 20:23

始まる前は長いと思っていた2013年シーズン。

気がつけば、サポーターさんがこのダンマクを掲出してくださるホーム最終戦の日となりました。なんだかあっという間です。



昇格プレーオフ進出がかかったこの試合に集まったファン・サポーターさんは16,885人。ガンバ大阪戦に次ぐ今季2番目の入場者数です。

しかし、ガンバ大阪戦は多くのガンバ大阪目当てのお客さんのご来場があっての入場者数でした。
純粋に松本山雅FCを観にいらした方の入場者数は今節が一番多かったと思います。
初めて観に来た方も多かったでしょう。
あの応援・雰囲気を味わって「また来たい」と思ってもらえたに違いありません。

地響きのように聞こえてくるチャント。
鳥肌がたちました。


信州松本のフットボールは確実にJ1という頂へと近づいています。
そして世界へと羽ばたく日も来るでしょう。

---

2013年3月17日。ホーム開幕戦。



円陣を組むその表情には、期待とともに大きな不安も混じっていました。
「Jリーグの運営」。やはり大きな責任も伴います。

ファン・サポーターさんやクラブに迷惑を掛けてしまわないか。
不安で眠れぬ夜もありました。


あれから9ヶ月―




一年間を無事に終えられそうな安心感。
そして、ファン・サポーターさんと接することの大きな喜び。

運営を心から楽しむことができました。

これはファン・サポーターさんを始め、クラブ関係者、アルウィン内外の警備員さん、テントの設営・補強スタッフ、マッチデイプログラム封入作業をする施設の方、フーディアムショップの皆さん、シャトルバスの運行スタッフさん等など、松本山雅FCと関わる全ての皆さまのお力添えがあったればこそです。

本当にありがとうございました。

山雅ファミリーの皆さまと、来シーズンも頂を目指して信州松本のフットボールを追い求めていきます。

---

さて、今シーズンも終了し、TEAM VAMOSも充電期間、、、

ではありません!

クラブからも発表がありましたように12月8日(日)はファン感謝デー。
もちろん私たちも運営のお手伝いをいたします。

アルウィンでお会いするのはこの日が今年最後となりそうです。

感謝の気持ちをこめて、めちゃめちゃ楽しく運営にあたりますので、ぜひともファン感謝デーにお越し下さい。



それでは、

ひとまず、

今シーズンもありがとうございました!


2013/11/22 17:04



いつも、凝ったアスキーアート(AA)でみんなを楽しませてくださる「松本山雅AA保管庫」さん。

毎年最終戦の前になると「Thanks alwin Thanks Team vamos」というAAを掲載してくださいます。

このAAを見ると、感激すると共に「いよいよシーズンも終わるんだなぁ」としみじみ感じます。


頂くばかりでは何なので、お返しのAAを作ってみました。
とは言え、殆どはコピーさせていただいたんですが(;´∀`)

作ってみると、ますますその凄さを実感しました。難しいです。



さて、プレーオフにはもちろん進出するとして、3月から続いたリーグ戦は今節で終了です。

アルウィンと、ファン・サポーターさんに一年間の感謝の気持ちを込めて、精一杯の運営をいたします。


11月24日(日)12:30キックオフ
アルウィンでお待ちしています
みんなでプレーオフの切符を掴み取りましょう!


2013/11/14 22:52

雨が降ったり止んだりと、不安定な天気だったモンテディオ山形戦ですが、
皆さん、風邪を引いていないでしょうか?

こんにちは。お久しぶりのレイです。

-----------------------------------------------------------------------

山形戦では、当日担当した持ち場をちょっと離れて、
バモ通の取材するという初の試みをしてみました。

ちょっとドキドキしながら、出発~!ヽ(・∀・)ノ



まずは、2013シーズンのyamaga foodiumのNO.1を決める「F-1GP」の会場です。
雨なのが残念すぎる…。
秋晴れの下で、おいしいものをお腹いっぱい食べたかったですよね~。

いい匂いに後ろ髪を引かれつつ、先に進みしょう。



この日は、モンテディオ山形のグッズ販売も行われていました。
どんなグッズが売られているのか気になるところでしたが、
緑の壁に阻まれて(笑)見られませんでした。


さあ、次はいよいよアウェイゲートに突入です!
実は、ここに来るのは初めてなんです。
どんな雰囲気なんでしょうか。ドキドキ(*゚∀゚*)


あっ、山形のサポーターさんです!
たくさんご来場頂いています。


そして、あっ!なんと立派な長芋!
山形のサポーターさんから「大きい~っ!」と感嘆の声が漏れております。


そう、今日は「山形村デー」。
立派な横断幕がゲートに掲げられてました。


こんな素敵な看板も!
アウェイゲートは暖かい雰囲気に包まれています。


そして、VAMOSからのフラッグも。


次はイベントが行われている第2ゲートへと向かいます。


わ~!この行列は何でしょうか!
待機列を整理していたVAMOSの仲間によると、
「開門してあっという間に行列ができました」とのこと。

人の波をかき分けて進んでいくと…
山形村の特産物が当たる抽選会に、とろろご飯に、エノキ茸のプレゼントまで!


こんな美味しい笑顔に出会えました(๑≧౪≦)

山形サポーターの皆さん。
山形県の美味しい新米に山形村の美味しい長芋をたっぷりかけて
お召し上がりくださいね(*^_^*)


と、ここで時間終了~。
いつもは見られないアウェイゲートのおもてなしとイベントの盛り上がりを体感し、
テンション上げて持ち場のバックグッズ売り場へ戻ったのでした。

--------------------------------------------------------------------------

終礼ミーティングでは、
モンテディオ山形のボランティアさんからのお土産をみんなで頂きました。


ありがとうございます((o(*゚▽゚*)o))


さあ、泣いても笑っても残り2試合。
ホームゲームは残すところあと1つ。

11/24(日)愛媛FC戦は12:30キックオフです。
今年最後のホームゲーム。
思う存分楽しみましょう!
皆さまのご来場を心よりお待ちしています。


2013/11/07 13:53

こんにちは!

ニュースキャスターよりも遅く夏休みをとっております。てず です。

せっかくとった夏休み、「いつ行くの?今でしょ!」というわけでアウェイ横浜FC戦に行って参りました!

横浜駅でシウマイ弁当を購入し、路線バス(増便)にて三ツ沢球技場へ。
シャトルバスじゃないあたりが「日常に溶け込んでいるのだな」と感じました。



山雅サポーターさんの多さにびっくり

並ばずに入るのが好きな私はスタジアムへもゆっくりめ11時20分頃到着。
「そろそろ待機列もなくなっているかな」と思ったら、、、

どこまでも続く待機列Σ(゚д゚lll)

後でアウェイゲートにいたスタッフさんに聞いてみると、今シーズンはガンバ大阪戦と今回の松本山雅FC戦が圧倒的にアウェイサポーターの人数が多かったそうです。
さらに「そのガンバ大阪サポさんも、こんなに朝早くからは並んでませんでした(;´∀`)」と仰っていました。

応援も90分間、いや試合開始前からなので120分近く歌い飛び跳ね選手を力強くサポート。
本当にすごいサポーターさん達だなぁと感じました。

この日のスカパーの実況担当の桑原学さん( @kuwaharamanabu )がツイッターで「松本山雅はJリーグの理念を体現した良いモデルケースだと思いました。」と呟いておられましたが自分もそう思います。
余談ですが桑原さんは個人的にもアルウィンに観戦に来てくださったそうです。

さてさて、そんなアツイ応援の様子と、見所満載だった試合の様子はクラブ公式ホームページでご確認ください。
ハイライト動画もアップされています!


いざ突撃!


この日の突撃はスタジアムの構造の都合もあり選抜メンバーで。
普段はあまりアウェイに参戦できないメンバーで行って参りました。

そしてプレゼンターは「アウェイに参戦できないメンバー」の筆頭、豊岡代表です(笑)


そしてこの日のために手に入れておいた「山雅リンゴ」もお渡しして記念撮影。

ボランティアさんはピンク色のビブスを着ておられたのですが「ホームユニフォームの色に溶け込まなくて良いな」と思いました。
山雅だと白になるのでしょうか。うーん、それだと地味な感じがするから水色?

チケットもぎりをする様子を見ていると、ボランティアの皆さんはニコニコしながら本当に楽しそうに活動されていました。
普段の自分を振り返っても思うのですが、ボランティアって楽しいんです。
「高尚」とか「立派な人がやるもの」と思わず、「余暇活動」もっと極論すれば「遊びの一つ」と思って一度参加してもらえたらなあと思います。

横浜FCゲームスチュワードの皆さま
お忙しい中ありがとうございました!



聞く耳と工夫

アウェイ側のコンコースに目安箱が設置されていました。

アウェイ側にあるということはホーム側にもあるのでしょう。
気づいたことをその場で意見として残せるのは凄くいいことだなと思いました。
そしてただ目安箱を置くだけでなく「どんなことを書けばいいのか」も丁寧に説明。「本気で意見を聞きたい」という姿勢が伝わってきました。


権利の都合で写真は載せられませんが、車椅子席がピッチのすぐ横にありました。
構造上スタンドには車椅子席を作れないことが故のことだと思いますが、むしろ素晴らしいサービスになっていますよね。感激しました。

またスタジアム内外で手作りで工夫された案内看板を見かけました。

先日も栃木SCさんが記者会見していましたが、どこのクラブも決して経営が楽なわけではないと思います。
松本山雅FCも例外ではないでしょう。

「お金は無くても、アイディアはある」そんな気持ちで自分たちも創意工夫をしていきたいなと思ったアウェイツアーでした。




さて、いよいよプレーオフ進出も現実に手の届くところまできました。
「勝つしかない」という状況はJリーグ参入を決めた2011年のこの時期と重なるものがあります。

あの時のようにOneSou1でプレーオフ、そしてJ1昇格を掴み取りましょう!


まずは、11月10日(日)モンテディオ山形戦、アルウィンでお待ちしております!

2013/10/31 17:07

10月20日の神戸戦応援あるいはユース応援に行かれた方、悪天候の中お疲れ様でした。

私(・(ェ)・)含めVAMOS三名で楽市楽座二日目に参加して参りました。
業務はグッズ&前売り券販売とサイン会の補助。
雨のせいか、全体的にお客さんは少な目でさらにステージ公演あり、飲食ブースは軒を連ね…といった中では立ち止まる人も少なくのんびりペースでしたので、序盤はポップ作成に精を出しました。
(作ったら満足してしまい、写真無いです汗)





サイン会の開始時刻一時間前にはガンズくん登場。
会場の中はゆるキャラだらけでしたが、他のキャラに負けてないちびっこ人気。
ガンズくんを見つけたサポーターさんたちもぼちぼち集合してきました。



中には、楽市楽座限定の「ろくちゃん&ガンズくんコラボ」の缶バッジを購入して、その場でガンズ君にプレゼントしてくれた方も。
(この方はろくちゃんにもプレゼントされていたようです。太っ腹!)



また、選手一人ひとりの名前を千社札にしてプリントしたユニホーム着用の男の子がいました。
千社札はお父さん特製だそうです。
公式グッズかと思える綺麗な仕上がりでした。
和柄タオマフと合わせてアルウィンに来て欲しい・・・。



さて、サイン会ですが
この日は、小松選手と中村選手でした。
サイン会のお客さんは思ったよりも少な目で、ちょっと雨を恨みましたが
小さいお子さんは選手が抱き上げてあげたりして、お客さんそれぞれがゆっくり選手と触れ合えたようなので
結果オーライかと。



今回のイベントでは、通りすがりに「もっと強くならなきゃ!」等の声をかけてくださる方など
普段アルウィンでお会いするのとはまた違う層の市民のみなさまの山雅に対する目線に触れることができました。
松本在住でない私は市民が客観的に見る山雅をよく知らないのでたまにはこうしてスタジアムの外の空気を知らないとイカン、と思った次第です。

臨時特派員 (・(ェ)・)

2013/10/29 20:59

9月29日(日)の栃木SC戦から約一ヶ月空いたホームゲーム運営。

プレーオフが現実のものとして意識されたFC岐阜戦。
悔しさの中にも光明を感じた天皇杯サガン鳥栖戦。
この想いをずっと胸に刻んでおこうと思ったヴィッセル神戸戦。

様々なことがあり、一ヶ月以上の長さに感じました。


久しぶりのワクワク感と適度な緊張感をもって臨んだアビスパ福岡戦。


全体ミーティングで八木取締役から「今シーズンのチームスローガンは”OneSou1~山雅スタイルへの挑戦~です。残りのホームゲーム3試合で山雅スタイルとは何かも模索していきましょう」というお話がありました。


”山雅スタイル”単純なようでいて奥深い言葉です。
そして山雅スタイルに相通ずる”VAMOSスタイル”もきっとあるのでしょう。それは何なのか。

そんなことも考えながら運営に当たりました。





ありがたいことにシーズンも残りわずかとなったこの時期にも新たにメンバーを迎えることができています。

新しいメンバーには、慣れたメンバーが一つ一つ業務を伝えていきます。
伝えているのは業務だけでなく、「楽しんでやればその気持ちがファン・サポーターさんにも絶対伝わって、それは笑顔で帰ってくるんだよ」というメンバーのモチベーションともなっている経験則。

この日から参加したメンバーもいつか新人メンバーに伝えていくでしょう。


スタジアムを回ってみると、ファン・サポーターさんと楽しそうに接している、メンバーの笑顔。笑顔。笑顔。







よく、「試合を観ないでボランティアやって大変ですね」とねぎらいの言葉をいただきます。
ですが、”運営をする”ということは”試合を「観る」とか「応援する」”ということはまた違った楽しみがあって、試合を観ないことはほとんど苦にならないというのが正直な想いです。

とにかく楽しいのです。

そして楽しいからこそ出る笑顔。

やはり「楽しむ」ということはVAMOSスタイルの一つかなと思います。


さて、冒頭の”山雅スタイル”やはりテーマが壮大すぎてここで結論めいたことを書くのは難しいです。

ですが、本当に悔しい神戸戦の直後のホームゲームに一万人近いファン・サポーターさんご来場くださり、逆転勝利を呼び込む熱い応援をしてくださる姿を見ると、「ファン・サポーターさんは山雅スタイルを語る上で最も欠くべからざる存在だな」と思います。


-山雅スタイル-


皆さんは何だと思いますか?




てず

2013/10/25 21:30

こんばんは!

♪もう幾つ寝るとホ~ムゲ~ム。

一ヶ月もホームゲームが空いてしまうと禁断症状がでてしまいそうです。

そんな気を紛らわしつつ山雅パワーを注入するために神戸へと突撃してまいりました!

多くのサポーターさんが感激していたようにノエビアスタジアムは本当に素晴らしいスタジアムでした。
そんなスタジアムの様子とサポーターさんのアツイ応援の様子はクラブオフィシャルホームページでご確認ください。



さあ突撃!

さてさてアウェイゲームへ行った時のVAMOS遠征組の大切なミッションは定番となった、「突撃隣のボランティアさん」!もちろん今回も突撃してまいりました。

お約束の集合時間にアウェイゲートに行ってみると、、、

「すみません。アウェイゲートにはボランティアはいないんです。ボランティアの持ち場はメインスタンドのゲートでして」とのお返事でした。なるほど。ところ変われば品変わるです。

そして説明していただいたメインスタンドゲートへの行き方を聞いて軽いカルチャーショック。

アウェイゲートからメインスタンド入口へは一旦外に出てスタジアムを3/4周まわる必要があるとのこと。

安全の確保等を考えるとそれもまたなるほど~です。

やっぱりアウェイスタジアムに行くとそれぞれの運営の様子を肌で感じることができて参考になります。


ということでスタジアムをぐるっと回り込んでメインゲートにて無事突撃完了!






観光都市のお・も・て・な・し


合同の集合写真を撮ったあとは「折角ですのでTEAM VAMOSのみなさんだけで一枚どうぞ」とシャッターを押してくださったり、急な突撃だったにもかかわらず「会議室を押さえましたのでそちらでお話しましょう」と会議室に案内してくださったり、、、

さすがは観光都市神戸をホームタウンにするクラブのボランティアさん。
ヴィッセル神戸サポートスタッフさんのおもてなし力には完敗でした。

ん?かんぱ、、、







さあ、27日(日)は待ちに待ったホームゲームです。

今節は書ききれないくらいにイベント盛りだくさん!
イベントの内容はホームゲーム情報をチェキラ!

多くのファン・サポーターさんとアルウィンでお会いできますことを楽しみにしております。

みんなで勝利を掴み取りましょう!

OneSou1!!!



-特派員Anywhere Door-

2013/10/18 18:17

遠征ボラSです。

少し前の話題になってしまいますが、ガンバ大阪戦の前日に行われた「日本一気持ちのいいスタジアム大作戦」のレポートです。
JFLの頃から始めて今回で7回目。なんと200名ほどの参加者が集まりました!



ボラSが初めて参加したのもJFLの時でした。
当時はまだTEAM VAMOSという存在も知らずに、ただその取り組みが素晴らしいと思い参加しました。今回で3回目になります。

今回の清掃場所はトイレ、スタンド、スタジアム外周!
ボラSはスタンド&スタジアム外を担当しました。
まずはメインスタンドの座席を磨き上げます(*^-^*)
ホームタウン担当のガチャこと片山真人さんが
「俺のスピードに付いてきてー(*´∀`)」
と号令をかけて、さあスタート。
子どもたちが一生懸命ガチャに追いつこうと椅子をフキフキ。夢中になりすぎてガチャを追い越していました!笑

また、たまっている落ち葉をほうきで掃いたり、なかなか気付きにくい隙間のゴミやガムの跡などの取りにくい箇所を丁寧に取り除きました。

なんと、松本に着いたばかりのガンバ大阪サポーターの方が途中から参加!見慣れぬタオマフに周りはざわざわ(笑)「明日はよろしく!」「おてやわらかに!」と色んな人に声をかけられていました。また、かつてガンバ大阪ユースだったガチャとも挨拶をして嬉しそうでした。

「すごいですねえ、全然ゴミ落ちてへん」
その一言がとても、とーーーっても嬉しかったです。
試合後にはサポーターがゴミを拾ったり、小・中学生を対象にした清掃活動【Green&Clean作戦】の賜物ですね。

スタジアム内をキレイにしたところで今度は外へ飛び出してアルウィンの周りをキレイにしに出発!



約1時間で、こーんなに集まりました!

恒例の参加バッヂ。お疲れ様でした!今度は来年の春だ!


いつまでも自分たちの力でキレイにしていきたいですね。
ここは俺たちのアルウィンだから♪


【追伸】
先日の天皇杯でも、ゴール裏で自主的にゴミを拾う人がたくさんいました。感動です。
でも・・・公園のゴミ箱に溢れんばかりのペットボトル・・・少しずつOneSou1でいきましょう!

2013/10/10 21:37

ガンバ大阪戦の期待と不安が入り混じる中、TEAM VAMOSのメンバー数名は観光スポットとして有名な縄手通りへ。

今年で2回目をむかえる「なわコレ」(なわてコレクション)に、TEAM VAMOSのメンバーがボランティアスタッフとして参加しました。
地域発信型ストリートファッションショーとして、昨年は縄手通りをランウェイに仕立てて開催されましたが、今年は四柱神社の本堂を背景にして開催されました。
http://nawacolle.jp/

今回の主な業務は、誘導と導線確保。ショーの時間までは参拝客の通路、さらには隣接する縄手通りの通路を確保が主な担当となりました。

集合して、まずは整理券とサンプリングの配布を少しお手伝い。
しばらくすると、モデルさんが境内に集合してリハーサルを始めていました。リハーサルを少しだけ見れたのですが、ランウェイに見立てられた石の参道に足を取られるモデルさんが多く、本番が大丈夫なのかと少し心配になりました。


©なわコレ実行委員会

少し暗くなり始めた夕方から入場のための準備と、通路確保などのための仕切りを準備。
この頃から、観光スポットでもある縄手通りの周辺には青黒のユニフォームをチラホラ見かけるように…。
胸のエンブレムを見て、「山雅だ」とお声かけしてくれるガンバサポーターもいて、試合の前日に少しだけ交流することができました。



20時からショーがスタート。
700人近い人が境内に入り、整理券をもらえなかった人は縄手通りに設置されたスクリーンで鑑賞する人もいました。ゲストモデルであるマギーさんが出てきたときには歓声がおこりました。



30分ほどのショーでしたが、再びマギーさんが登場しショーが終了。足を取られたモデルさんもいないようで、無事に終わってひと安心。
余韻を楽しむかのように、お客さんが夜の四柱神社の様子を写真におさめたり、友人と歓談しているモデルさんの姿もありました。

今回はじめての参加でしたが、オープンな場所での導線の確保や誘導は難しいものだと実感しました。しかしながら普段のホームゲームの運営とは違うボランティアはとても新鮮で、翌日のガンバ戦にいい刺激になりました。


©なわコレ実行委員会

地域発信で新たな松本の魅力を引き出そうとするイベントに参加でき、スタッフのみんなとともに作り上げていく楽しさもあり、松本の新たな可能性に出会えた1日となりました。

(臨時特派員 K)

2013/10/04 23:29

こんにちはー!
長かった夏休みも終わり大学が始まりました、しい(・ω・)です。


先日の栃木SC戦。
2週連続のアルウィンということで一週間前のガンバ大阪戦の興奮が冷めない中、この日を迎えました(^ω^)わくわく


山雅U-18の選手も一緒に活動♪
何事にも一生懸命取り組んでくれています。
いっぱい、いっぱい練習して、トップチームさらには代表へとステップアップして欲しいですね。


そしてユースチームの熱き戦い「Jユースカップ」松本山雅FCU-18 vs 京都サンガF.C.U-18が10月20日(日)にアルウィンで行われます。
ユースチームへもアツイご声援よろしくお願いいたします!



そしてこちらは以前から何度もお世話になっている栃木のボランティアさん!
8月には体験ボランティアとして助っ人にも来てくださいました。
各ゲートに挨拶をしてくださり、お土産までいただいちゃいました(>ω<)



ご馳走様でした!
これからも仲良くしてください(^^)/



終礼ミーティングにて。
栃木サポーターさんからのコメントを見るメンバー。



「松本いいところだね!」
「いい思い出になりました!」
「また来ます!」

温かい言葉で溢れていて疲れが吹っ飛びます。(笑)
ぜひぜひまたアルウィンにお越しくださいね(*^^*)

気がつけばこうしてアウェイサポーターさん、そしてもちろん山雅サポーターさんをお迎えするのも今シーズンはあと3回。
あっという間ですね。

次のホームゲームは10月27日!
天皇杯がありますがリーグ戦は1ヶ月ほどお休みになります。
ぐぐっと寒くなると思いますのでしっかり防寒対策を!!

2013/09/28 18:18

いうまでもなく今季のJ2のホームゲームは21試合。
その1試合1試合が、観戦に来る方々にとっても運営する私たちにとっても、貴重な1試合であることに変わりはありません。

この日のガンバとの一戦もいわばその21分の1。
とはいえ前売り券はSOLD OUTで、過去最大の来場者が見込まれる状況でした。

バモスはクラブと共に準備に燃えました。
前試合後の反省ミーティングではガンバ戦当日を想定して課題を洗い出し、いくつも意見をぶつけ合い、クラブはそれらを受け止めて、この試合に合わせた運営体制を整えてくれました。
そうした運営の変更点は前日のクラブとのミーティングで伝えられ、まさに準備万端でこの日を迎えたのです。


当日の朝――

私たちのバモスの集合を前に、すでにアルウィン周辺は車で人で大混雑!!
一体、今日はどんな一日になるのだろう…?と不安を覚えずにはいられませんでした。



朝の全体ミーティング時に大月社長が、
「山雅をJに上げるプロジェクトを始めたときからの夢、『アルウィンを満員のお客さまで溢れ返るスタジアムに』が実現する日になりそうです―」と、感慨深そうにお話しされていたのが印象的でした。
この言葉を受けて、私たちも静かに闘志を燃やしていきます。

この日はバモスも過去最高の147名。
いつもより15分早い開場時刻が刻一刻と迫る中、それぞれが準備を終え、持ち場ごとに円陣を組んでいっそう気合いを入れます。



そして開場――

期待に満ちた表情のお客さまが、後から後から途切れることなく入場してきます。
スタンドに熱気が満ちていく様子は、見えていなくても手に取るようにわかります。

ゲームはキックオフ直後に先制し、追いつかれ、逆転され、また追いつく…
どちらのチームにとっても手に汗を握る展開に、盛り上がりは最高潮。
まさにアルウィンが興奮のるつぼと化したのです。

そして溢れ返らんばかりのお客さまの数は…?
なんと…

17,174人!!!

かつて「FC東京vs鹿島アントラーズ」戦で記録した、アルウィンの動員記録を塗り替えたのです!
これでようやく「アルウィンは山雅のホームスタジアムだ!」と胸を張って言えることでしょう。

互いに一歩も譲らず2-2のドローで終わったこの一戦。
過去最大のお客さまが来場しながら、大きなトラブルもなく最後のお客さままでお見送りを終えました。
朝の不安はどこへやら、「やったぞ!なんとかなっちゃったぞ!」というのが実は率直な感想です。
撤収を終えて集まってきた仲間の顔も晴れ晴れとしています。
誰もが達成感に包まれていました。



こんな素敵な一日をつくり出してくれた、ご来場された皆さまに感謝です。
そして両クラブと、選手たちにも感謝です。
ありがとうございました!


これだけ大勢のお客さまとつくり上げるのが、J1の世界なんですね。
おかげでクラブもバモスも、また一つ、たくましくなることが出来ました。



いつか訪れるであろう夢の『J1』シーズンに向けて、最高のシミュレーションになったと思います。
とはいえ、これだけのお客さまをお迎えしたことで新たな課題も見えてきました。
そこでこれからは、さらなる課題をクリアしていくという新たな楽しみ方ができそうです。

さぁ、明日も大事な21分の1。

9/29(日)の栃木SC戦も13:00キックオフ。
場所はもちろんアルウィンです!


たくさんのご来場をお待ちしております!

OneSou1!!

keiyan

2013/09/11 21:35

「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 2013」で運営のお手伝いをしてきました!



 日程は8/31~9/1の2日間。最長のコースは全長20.5kmで標高1,260mを上ります。選手のエントリーは約4,500人、抽選に通らず涙をのむ人も多いそうです。

 1日目。バモスメンバーは選手受付を担当します。
 机や椅子、選手に渡す参加キット(ゼッケンや計測バンド等が入っている)を配置してからスタミナ弁当で腹拵えをし、最後のチェックをしていると早くも選手の待機列が!

 アルウィンで見慣れた“待機列”も、初めての業務を前に緊張感が半端なかったです(汗)
 そんな冷や汗バモスを温かく見守る選手の皆さん。大粒の雨の中でも辛抱強く待っておられました。
 大事なレースの前日ですのにお待たせしてしまいすみませんm(_ _)m

 雨は降ったり止んだり土砂降りになったりを繰り返していました。受付終了時の空はこんなかんじ。

 宿へ入り、きのこづくしの豪華ディナーをいただいていると外は雷鳴轟く荒天に!
 競技に響かない程度には天候が回復しますようにと祈りつつ、1日目は終了しました。

 翌朝は3時半に起きて温泉へ。すると露天風呂の頭上には星空が!(しかし山の天気は甘くなかった…)


 2日目のバモスの担当は棄権者収容と給水です。持ち場への移動中にぱらつき始めた雨はやがて本降りに。
 天候不良によるゴール地点の変更とスタート時刻の繰り下げという緊急事態においてもどっしりと構えて対処する地元スタッフの方々の落ち着き、頼もしいですね(._.)φ
 そしてチェックポイントの給水地点では慣れた手つきの地元の皆さんに倣って机やコップ、水を準備し、選手を迎える態勢が整いました。


 上りの最後の選手の後には、棄権者収容の車が上がっていきました。
 どうやらそれほど多くの棄権者は出なかったようです。
 大きな事故もなく、ホッと胸をなで下ろしたのでした。

 今大会は、数日前から台風の接近が予想されていたことと当日の天候不良で出走を見合わせた方が多く、選手の人数は例年の半分程だったとききました。
 来年は好天に恵まれて大盛況になるといいですね!

 この大会、ボランティア参加のバモスは1日目18名、そのうち12名が宿泊を経て翌日も参加しました。
(ユニフォームとして支給されたTシャツと記念品のタオル。素敵(*^-^*))


 大会2日目は松本山雅FCの鳥取戦ホームゲームと重なったにもかかわらず、精鋭部隊(!)で臨むことができました。
 大所帯になったTEAM VAMOSを嬉しく思います。そして、アルウィン部隊のバモスのみんな、ありがとう!

 最後になりましたが、お世話になった乗鞍の皆さん、「ありがとう」と言葉をかけてくださった選手の皆さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!

(臨時特派員 Y)

2013/09/05 19:01

いつもバモ通をご覧いただきましてありがとうございます

vagetです。

雨が降り、参戦できなくなる方が増えてしまうかしら。
…と、心配しましたが、雨も暑さだけを連れて行き、サポーターの熱気だけは残してくれました。
おかげで10,993人のお客様にお越しいただき、勝ち点3を掴むことができました。

毎回の試合も、もちろん大事ですが、次回ホーム戦のボランティアを増やしより一層安全なスタジアム作りをしていかなくてはなりません。

そこで、1日にアルウィン会議室にて、ガンバ大阪戦一日限定のボランティアをしていただく方の説明会を行いました。

当日、誰も経験したことのないアルウィンになることは想像に難くありません。
満員になったファン、サポーターさんを安全におもてなしするにはバモスはまだまだメンバーが足りないのです。
本当にどれくらい来てくださるか不安でした。

でも…



こんなにたくさんの方がいらしてくださいました。

試合は観れないと知っても来てくださいました。

「チケットはあるけどさ、バモス困ってるし手薄な所を手伝うのは当たり前じゃん。」(^_^)v

One Soul。本当に素敵です。

その話を聞いた本人も、バモ通を書きなから私も目の前が白く霞みました。

そんなみなさんがいらしてくださるからこそ、Team-vamosは頑張れます。

さて、説明会も終わりお客様をお迎えする時間になりました。

各ゲートでミーティングをします。
小さな声でも、気合いは十分!




代表も一緒に入って



みんなで「よしっ!」


こんなお茶目な仲間たちなんです。

仲間1人1人の個性を大切に、頑張りたいって気持ちをみんなで大切にしています。

マニュアルの様な本なんてありません。
お客様の為に。見護る事が私たちの役割です。

安全に楽しく、帰るときに顔が
(*´∀`)(*´∀`)(*´∀`)こんな風になってくれたら

バモスのみんなも嬉しくなります。

ちょっとだけ残念なお話。



大好きなアルウィンにはお子様もいます。

大人がやることは、子供たちはしっかり見ています。

どうしても、処分に困りましたらスタッフにお声かけください。


アルウィンを他のチームサポーターさんから羨ましがられるスタジアムにしませんか?


さて、週末は天皇杯
再来週はアウェイ ファジアーノ岡山戦。

まだまだ、秋の山雅はもり沢山!

気合いは入ってますね?
Are you ready?

2013/08/28 22:20

はじめまして。VAMOS 1年生のシェリルと申します。
皆さんの笑顔に会いたくてVAMOSに入りました。よろしくお願いします(^-^)

さて、富山戦は平日の開催ということもありさすがにサポーターの人数も少ないかなぁと思いながらスタジアムに向かいましたが…
出来ていました待機列(^_^;)
どこへ行っても変わらない光景ですね。

今回突撃させていただいた富山のボランティアの皆さん。
平日だったため30名程で運営されていました。
とても忙しい中、アウェイゲートまで来ていただき無事、雷鳥の里を渡すことができました(^o^)


と、その時‼3名ものスタッフの方が「間に合ったぁ」と走ってきてくださり、とてもうれしかったですね~♪

改めてみんなで記念撮影!

富山のスタッフさんからはこちらの運営についてたくさん質問していただき、熱心に話を聞いてくださいました。
VAMOSのメンバーもそれぞれ会話を楽しみながら、富山のみなさんの方言が混ざった話し方に心癒され、とても和やかな温かい時間を過ごすことができました♪

富山のスタッフの皆さんは、対応がとても丁寧でわかりやすく、これなら初めて観戦に来た方も安心して楽しめるなぁと感じました。
また、座席までゴミの回収に来てくれてポイ捨てなどを未然に防ぐ工夫がされていたことも素晴らしいと感じました。

試合は辛くも勝利はしたものの何となくモヤッとした気持ちでスタジアムを出ようとしたとき、アウェイゲートのスタッフの皆さんが最高の笑顔でお見送りしてくれて、心がスッキリとしました(^-^)
「来年はこちらから突撃させてください」という嬉しい言葉と勝ち点3をお土産に松本へ帰りました。

2013/08/22 23:13

こんばんは。
お久しぶりのレイです。

日曜日のジェフユナイテッド市原・千葉戦、
試合結果も気温も「夏祭り」にふさわしい1日になりましたね((o(^∇^)o))
子供たちの夏休みが短い信州ですが、最高の締めくくりになったのではないでしょうか?

ファン・サポーターさんの甚平や浴衣姿がアルウィンを彩っていましたね。
山雅カラーを意識された浴衣、とてもシックで素敵だったな~(*^^)v
せっかくの機会なので私も着たかったんですが、自力で着られないので断念・・・。
来年のために今から練習あるのみです!


さて。
夏休みの影響か、この日のVAMOS参加者はちょっと少なめ。
私はサウスグッズの担当だったんですが、必要最低限の人数だったため、
設営時には他のセクションのメンバーがたくさん応援に来てくれました。
まさにOne Sou1!
その様子を写真に収めたかったんですが、何しろてんやわんやだったもので、
それはまた別の機会に。


話は一気に試合後へと飛びます(笑)

試合終了後、サウスのグッズ売り場は形を変え、出口として利用されます。
ここが最後の勝負!とばかり、みんなでお勧め商品を連呼します。



この日は、新商品の「ガンズくんタオルマフラー」と「エナメルバッグ(L)」に加えて、
当日投入された「ボクサーパンツ」が売り!
私たち、何度「パンツ」を連呼したでしょうか(笑)
おかげさまで、完売となりました。
お買い上げ頂きました皆さま、ありがとうございました( ̄0 ̄)/


そして、また話を戻して、ハーフタイムへ。
「夏祭り」と言えばやっぱり花火!



アルウィンの花火、とっても大きかったですね~。
あんなサイズで見たのは初めてです。
ピッチの中から打ち上げているのか、と思ったほどでした。


浴衣姿に花火に、試合後のファン・サポーターさんの最高の笑顔。
私たちVAMOSも、夏休みの最高の締めくくりができました(*^_^*)


次回のホームゲームは9/1(日)のガイナーレ鳥取戦。
18:00キックオフです。
この試合が今年最後のナイターとなります。
ナイターのアルウィンは、とっても美しく、一見の価値あり。
たくさんの皆さまのご来場をVAMOS一同お待ちしております。



レイ



2013/08/17 11:26

遠征ボラSです。

先日の徳島戦は、あの暑い中で入場者数10,680名!!!
山雅は本当に愛されているなあと実感しましたヽ(=´▽`=)ノ

松本は東京と比べると湿度は低いですが、紫外線が強いなと感じます。行くたびに日焼けして帰るので、会社の人に「またサッカーか!」と言われています(笑)


陽が容赦なく当たるメインのコンコースに打ち水をしました!
少しは緩和されたかな…?


さて、今回のテーマは『VAMOS的☆熱中症対策』
来場される皆様をサポートするためには、まず自分たちがしっかりと暑さ対策をする必要があります(`・ω・´)

そこで、入場からお見送りまでがんばってくれている、
ゲート担当のみなさんの熱中症対策に注目してみました!!

素敵な帽子でオシャレに日差し対策(●^o^●)
アームカバーもしっかり装備。山雅グッズにもアームカバーあるのでぜひ!



水につけると冷えるバンダナを首に巻いています( ・`ω・´)
わきの下や大腿部(ふともも)の付け根など、大きい血管の部分を冷やすのが効果的です。


常に水分補給できるようにストラップでドリンクを携帯(・ω<)
のどが渇いた、と思った時には遅いそうです。こまめに飲みつづけましょう。


その他にも、叩くとすぐに冷えるアイスノン(1つ100円程度)や冷えピタを常に持っているととても便利です。自分自身を守るだけでなく、家族や仲間を救うことができます。

そうそう、次節は夏祭りなアルウィン。浴衣でいらっしゃる方も多いかと思いますヽ(=´▽`=)ノバモス一同、みなさまのステキな浴衣姿を毎年楽しみにしています。
普段とは違う服装で観戦ということで、熱中症対策とともに、昼との寒暖の差にも気をつけながら応援をお願い致します!

8/18(日)ジェフユナイテッド千葉戦は18:00キックオフ!
熱いホームゲームにしましょう!