2018/08/31 21:41

こんにちは!
普段SNS更新を担当しております、りょ〜と申します。
今回は短い投稿では想いを書き切れなかったのでこちらを初めて書かせてもらいました。

8月25日の横浜FC戦では、選手の新人研修として
34DFジョジヌ選手(ゲート1)
36DF武藤友樹選手(スロープゲート)
39FW小松蓮選手(ゲート4)
の3名が我々の活動に参加してくださいました!



たまにクラブのイベントのひとつとして少しだけ顔を出すのとは大違いの、運営の裏側を経験して今後のサッカー生活に役立てるというJリーグの新人研修です。

他のゲートの方の感想も聞いてみたいですが、私の担当するゲートには小松選手が来てくれました。
開門前はテント立て、POP貼付、マッチデー袋を保管場所からゲートに移動など。
入場開始後はマッチデー袋の配布。
試合終了後はゲート外でのゴミ回収と、我々と同じ活動を積極的にこなしてくれました。



その間ファンの方々からの声掛けに応えるだけではなく、自らお客様やバモスメンバーに声を掛けてくれたり、小さな子供にしゃがんで目を見て笑顔で「はいどうぞ!」と渡している姿。
我々にとっても初心を思い出させてくれるような本当に素晴らしい姿勢を見せてくれていました。

現場撤収後の終礼ミーティングの時に、3選手が挨拶してくれました。
(記憶の限りですが、)
小松選手は「皆さんがいつもこうやって自分達がサッカー出来る環境を支えてくださることに感謝しながら、結果を出せるように頑張って行きたい」

武藤選手は「試合をするのにこれだけの人達が動いていることはこうやって経験しないとわからなかった。サッカーを頑張ろうと改めて思いました。」
という言葉に胸打たれました。

そしてジヌ選手は通訳の方がいなくてキョロキョロしながら「ありがとうございました!」と絞り出しました(^^)


皆さんは、今好きな選手のことをどのようなきっかけで好きになりましたか?

プレーはもちろん、小松選手はU-18から初の昇格選手であり諏訪の出身であるということもあるかと思いますが、そこを抜きにしてもこのような取り組む姿勢とか笑顔とか気持ちって人を惹きつけるチカラを持ってるなと、半日見てて思いました。

チームバモスの活動は直接選手と関わることはほぼほぼありませんが、サポーターの方々だけではなく、少しでも遠回しに選手達のためになっているんだ!ということを改めて感じる1日となりました。

これからも、笑顔溢れるアルウィンをみんなで作っていきましょう!

読んでいただきありがとうございました!