チカラをひとつに | Home
2017/03/17 22:19 | 印刷

次の日曜日はいよいよホーム開幕戦ですね!

今回ご紹介するのは、複数年の経験を積んだ“頼れるアニキ”的VAMOSメンバーのお話です。
 

皆さんこんにちは。
自分がTEAM VAMOSに登録したのは2014年の後半、最初はBe-VAMOSで登録しました。
自分も元々サポーターで、ゴール裏で大旗を振る立場でしたが、肩をケガして旗が振れず応援も出来なくなってしまいました。
でも何か山雅に関わる形でアルウィンに来たいなと思っていたらお声がかかりまして、「VAMOSやってみないか」と知り合いの方に言われたのです。
ダマされたような感じでやっていたが結構ハマってしまいまして、2015年からはフルタイムのVAMOSでやっています。
ちなみにこれ(今着ているの)がTEAM VAMOSのジャンバーです(すりすり)。結構厚手で、今ちょうど暖房の下にいて暑いくらいです。

TEAM VAMOSに入ったきっかけは肩を壊したことでしたが、実はVAMOSに登録した本当の理由というのがあります。
自分は大旗隊という立場でした。「大旗隊」見たことある方はわかると思いますが、ゴール裏で、サポーターの方が飛び跳ねている中で、大旗隊の人はぽつんぽつんといて、周りに仲間がいないような環境でちょっと寂しいなと思う時もありました。
そんなある時、かなりの雨の試合で自分がびしょぬれで帰るときに、とあるVAMOSの方に「大丈夫ですか」と声をかけてもらいました。
そういう親切な言葉をかけてもらうことはなかなか無かったので、「VAMOSの人親切だな、かっこいいな」と思ってちょっと興味ができました。
それからVAMOSの方と話したり挨拶したりするようになり、「VAMOSって何をやっているんだろう」と考えるようになって2014年、Be-VAMOSで試合が始まるまでやらせていただきまして、結果的に自分の中で「これ面白い、楽しい」となり、今はフルVAMOSでやらせていただいています。

TEAM VAMOSに登録し、いざボランティアという形でアルウィンに行くとなると、試合を観に行くときと気持ちが全然違うんです。ゴール裏に行っていた時と違い、裏方、運営の裏側に入っていくという感じで自分には未知の世界といいますか、自分が行って大丈夫なんだろうか、とか、何をしたらいいんだろうとかという不安があって、最初行ったときはもう本当にうろちょろして「何をやったらいいんだろう」という感じでいました。
VAMOSの先輩方は仲間意識というのが強くて、初めて行ったときも何人も声をかけていただきました。「これはこうして、次はあれやったらいいよ」とか「大丈夫?」と、結構声をかけてくださるんです。そういう姿を見ていて、「あぁ、VAMOSの人たち本当に親切でかっこいいな」って心から思いました。自分もこういう人たちになりたいという気持ちがだんだん強くなっていきました。

運営のボランティアに参加した中で、最初に自分がやった業務はYellで、資源物の回収のところを担当しました。
同じようなことをずっとやっている中で、大変だった時もありました。ですが独りではなく、VAMOSの仲間がみんないます。そして和気あいあいと話しながらやる中で、「楽しみながらやるというのが一番大事」と教えてもらいました。

そんな経験を重ねていき、今、自分は主に『誘導』をやらせてもらっています。
お客様の『誘導』の内容は幅が広くて、いろいろなファン・サポーターの方と話をする機会が増えてきます。
自分はあまり話をするのが得意な方ではないのですが、VAMOSをきっかけにいろんな人と接するのが大好きになって、今では「また誘導やらせてください!」と常々言っているくらいです。
『誘導』では、試合が始まる前、ゲート周りの誘導だったり、あと、試合が終わるちょっと前にシャトルバスの誘導もやらせてもらいます。
結果的に試合が見られないが、試合が見られなくても遠くからスタジアムを見ていると、歓声が「わぁっ!」と上がったり、「あ~っ・・・」となったりします。自分はそれを楽しみながらバモスの運営をやっている状況でもあります。

今年、フルVAMOSでのシーズン3年目になります。まだまだ自分も未熟なところもありますし、やってみないとわからないところもあり、毎試合不安でしようがないこともありますが、仲間と一緒に、運営をやっていく中で楽しんでいけたらいいと毎回毎回思っています。

今日お越しいただいた皆さまにも、ぜひTEAM VAMOSに登録していただいて、感じたことを率直に教えてください。すでにVAMOSをやっている私達からすると、新しく入ってきた人の意見は結構大事なもので、自分では気づかないこともあるのでいろいろ聞かせてほしいです。

山雅の裏側を覗いてみながら、皆さんと一緒にVAMOSをできたらいいなと思っていますので、よろしくお願いします。
ありがとうございました。


5回にわたり、TEAM VAMOSの活動を経験した皆さんの声をお届けしました。
たまたま「VAMOSに入る前はサポーターでした」という方が揃いましたが、実際には「VAMOSに入るまでアルウィンに来たことがなかった」「知り合いに誘われて説明会に行った」「なんとなく入ってみた」というメンバーも多くいます。

TEAM VAMOSには様々なメンバーがいますが、『アルウィンを訪れる皆さんに安心・安全で楽しいひとときを過ごしていただきたい』という思いはひとつです。

ようこそ、アルウィンへ(^^)/

-修行中ライターY-


◆松本山雅FC ホーム開幕戦
2017明治安田生命J2リーグ 第4節
3月19日(日)14:00 vs ジェフユナイテッド千葉
会場:アルウィン(松本平広域公園総合球技場)

詳しくはコチラ →ホームゲーム情報

コチラもチェック →2017シーズンホームゲームに関する情報の更新について





ボランティアなのに何故、組織化をするの?その組織に名がある1部の人間が自分は、クラブの人と親しいとかで偉ぶっている人間もいる、ボランティアってそもそも横1線なんじゃない?自分は以前組織の人とセクションが一緒だった、こちらから下手によろしくお願いしますと言ったら勝手にやればの返答、それが毎試合ミーティング前で偉そうに語り、フザケルナって思います。会社じゃないのですから組織化はおかしいのでは?
コメントありがとうございました。
いただいたご意見は真摯に受け止めたいと考えますが、課題点についてはもう少し詳細のお話をお聞かせいただきたく存じます。
差し支えなければ山雅後援会 http://yamaga-kouenkai.com/contact/categories/c001.html またはTEAM VAMOSの窓口へメールでお寄せいただけますと幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。