2017/02/22 22:47

TEAM VAMOSでは、2017シーズンをともに活動してくださるメンバーを大・大・大募集中です!!

TEAM VAMOSのボランティア説明会では、活動を経験したメンバーが体験談を発表しています。

先日の説明会で語られた体験談をご紹介します。
 

皆さんこんにちは。
私は2013年にBe-VAMOSとして登録しました。5年目の今年は、登録区分をフルタイムのVAMOSに変更して活動します。
TEAM VAMOSに入る前はサポーターで、“12番目の選手”として応援を頑張っていました。

TEAM VAMOSは入りやすいボランティアだと思います。
Beの時はボランティアの後試合を観るので、VAMOSの制服やら応援用の衣装やら荷物が多くて大変でした。・・・大したことではないので楽しいボランティア活動には何ら支障はないと思います(笑)。

担当は誘導をやることが多く、お客さんに顔を覚えてもらいました。アウェイ試合に行ったとき「VAMOSの人だよね」と声をかけられ、その後アルウィンで会うと「愛媛にいたね」「千葉にいたね」と声をかけてもらえました。
顔だけしか知らない知り合いがとても増えて仲良くなって、毎試合話をしたり試合後に握手を交わしたり、VAMOSって不思議だなと思います。

私は夫婦でTEAM VAMOSに登録しています。大抵一緒に参加しているので、ボランティアの後にその日の配置について「今日はこんなことをした」とか「あんなトラブルがあった」と話し合い、反省したり励ましあったりしています。
身近に話せる人がいると気が安らいで良いと思います。家族の中での会話も増えました。以前は各々の部屋で過ごすこともありましたが、今はリビングで、みんなで話したり山雅の試合を観たりしています。親戚が集まれば山雅の話題になり、そこでボランティアの話が出ることもあります。
そのぐらい私の生活は山雅と密接なつながりがあります。

今日来ていただいた皆さん、ボランティアというと不安が先に立ってしまってどうしても一歩踏み込めない人もいると思いますが、ボランティア、スタッフみないい人ばかりなので、まずは一回ボランティアに参加していただきたいです。大変なこともあるかもわからないけれど、ぜひ一歩踏み入れていただきたいと思います。

私がBeからVAMOSへ登録を変えた理由は、実は“なんとなく”で、明確な理由はないのです。ただ、フルでやってみたかった、という。
これからは、試合観戦はアウェイ試合で、アルウィンではボランティアで、“12番目の選手”として頑張っていきたいです。みなさんもぜひチャレンジしていただいて、自分の人生を変える、そんなかんじで頑張っていきましょう。
私、しゃべることをいろいろまとめてきて、まだ半分もしゃべっていないんですけど(笑)、結局なんだかまとまりませんけど、これで終わりにさせていただきたいと思います。
緊張していて、すみません(笑)こんな僕でもVAMOSできますので、皆さんも頑張ってやっていきましょう!よろしくお願いします。



メンバーの“息遣い”、少しでも感じていただけましたでしょうか。


次回説明会の日程が決まりました。
会場はなんと!今松本市内で最もアツいといわれるあの場所です(*^o^*)
皆さまのお越しをお待ちしております!



◆TEAM VAMOS説明会◆
≪第3回≫
日時:3月1日(水)19:00~20:30(受付開始18:45)
場所:喫茶山雅内 2Fイベントスペース

詳しくはコチラ →新規運営ボランティア説明会(第3回)開催のお知らせ





2017/02/13 22:32

2017年シーズンも開幕まであとわずか。

TEAM VAMOSでは、3月19日のホーム開幕戦に向けて、新しく仲間に加わって下さる方を大募集中です!

実際にTEAM VAMOSで活動した皆さんの『ボランティア体験談』をご紹介します。

 

私はJ2に昇格した年から松本山雅サポーターとなりました。最初は子供が観戦に行ってみたいと言ったのがきっかけで大雨の降る中観戦したのですが、アルウィンの雰囲気にすっかりやられてしまい、どっぷりハマってしまいました。おととしのJ1のときには試合の開催が土曜日と言うこともあったので、全試合アルウィンのゴール裏で跳ねていました。そして、昨年は残念ながら降格…日曜日の試合はなかなか観戦できない事情があったり、そこへ塩沢選手の移籍も重なり、シーズンパスの更新をする気がおきず、しかもゴール裏で跳ねていたせいか腰がヘルニアとなってしまい、どうしたものかと思っているところへ、山雅ホームページで「ボランティア募集・説明会」の文字が目に入ってきました。
いつもアルウィンで笑顔で出迎えてくれていた緑のジャンバーを着た方たちをふと思い出し、「これだ!」と思いました。そして、仕事中にもかかわらず、速攻で説明会参加の申し込みをしていました。
VAMOSの存在は山雅サポーターになる前から知っていて、何かボランティア活動をしてみたいと日々思ってはいたのですが、私は団体やグループに属するのが得意ではなく、なかなかそういうことに足を踏み入れられることができませんでした。なので意を決して申し込んだにもかかわらず、説明会の当日は説明会なのにすごく緊張していました。説明をお聞きして、そんなに気負わなくても良いことが解り「とりあえずやってみよう!やってみなくちゃ始まらない!」と思うことができ、登録しました。

初めてVAMOSに参加したのはホーム戦2試合目の山口戦でした。当日の資料配信が来てからずっと緊張し、当日の朝はドキドキワクワク、そして緊張と、もう吐きそうでした…アルウィンの正面玄関を入り、さあどうしよう?と思っていると、「初めて?」とすぐ声をかけていただき、「はい」と答えると、受付の仕方、休憩室・トイレの場所、制服の借り方、配置の集合場所など本当に親切に細かく教えていただきました。それもただそこにたまたま居ただけの方が自主的に自然に…すでにそこで「参加して良かった!」と心から思いました。
初めての配置は、3ゲート(アウェイゲート)の再入場でした。ここでも皆さんに親切にしていただき、楽しく1日を終えることができました。

その他には、ゲートのマッチデープログラムの配布、チケットもぎり、グッズ販売を担当し、昨年度は、12回くらい参加しました。
ホームゲーム以外にも、「天皇杯」や「ファン感謝デー」「山雅ミュージアム」「新体制発表会」などのイベントにも参加し、VAMOSでしか味わえない「おいしい思い」もさせていただきました。

夏頃参加した時に、大阪の福祉系の大学から来た子と同じ配置になり、帰りも一緒に帰ってお話したんですが、全国でも有数の優良なボランティア団体ということを聞いて勉強しに来たということでした。「地元のクラブを愛する人たちが集まって、グラブのために、またそれを応援するサポーターの皆さんや、遠くから来てくれたアウェイの皆さんが気持ちよく過ごせるよう各自が自主的に行動しおもてなしの心で支えている…すばらしいボランティア活動の姿が体験できて本当に勉強になった、近くに住んでいれば…」と感想を話してくれ、そんな団体に所属できていることを誇りに思い、活力を与えられました。
ストレス発散や、たくさんの方との交流ができることで、思い切って一歩足を踏み入れ参加できたことを心から良かったと思っています。また他のことに対しても「やってみたら絶対楽しい!」と前より気持ちを軽くトライできるようになり自分自身向上できたことも良かったことのひとつです。
また、山雅サポーターは本当に気持ちの良い方が多く、チケットをもぎりやすくしてくれる方、「ご苦労様です」と声をかけてくださる方、「ありがとうございました」とお礼を言ってくださる方などを見習うところがたくさんあり、そんなサポーターさんとの交流も楽しみのひとつです。

1年間VAMOSの活動をさせていただいた感想はひとこと『とにかく楽しい!』です。
4月の終わりくらいにあった「新人さん歓迎会」で皆さんの前で参加してみての感想でも「とにかく楽しい!」と言いましたが、1年参加してもその気持ちには何の変りも無く、本当に楽しく参加させていただきました。
もっと早く参加してみればよかったと感じています。
これは参加してみないと分からない何かが潜んでいます。ぜひ参加してみてください。


TEAM VAMOSのボランティア説明会では、活動を経験したメンバーの『生の声』に触れることができます。
山雅との新しい関わりを持ってみたいという方、一度お話を聞いてみませんか?


◆TEAM VAMOSボランティア説明会◆
≪第3回≫
鋭意準備中です!
詳細が決まり次第、山雅後援会ホームページにてお知らせいたします。
山雅後援会ホームページ