休校中の学校2 | Home | 分散登校
2020/05/23 9:50 | 印刷

5月中旬、ブドウ畑で農業科主催の校内研修として「芽かき」作業を行いました。本来は農業を選択している生徒がするものなのですが、休校中で生徒が作業をできないため、代わりに職員でやることになりました。
「芽かき」はおいしいブドウの実を作るために、新芽の中から必要のない芽を摘み取る作業です。


主には枝の基部に近いところにある芽(またはよく育ちそうな芽)を残してあとは摘み取ります。

始めは「え、こんな大きな芽を取ってしまっていいの?」とおっかなびっくりしながら作業をしていました。

慣れてくるとみんな夢中になって芽を取っていました。

芽かきをした後の枝は間が広くなりすっきりしました。

摘み取った芽は天ぷらにしてもおいしいそうです。