娘&息子 クリスマス | Home | 娘&息子 正月保育とトイレ
2012/05/06 1:20 | 印刷

毎年恒例で12月31日に 山形村に住む

義姉親子が泊まりにきます

(義兄は仕事の関係で来たり来なかったり)


高校最後の正月を迎える姪っ子を、娘も息子も大好きで仕方ありません

今回は 前日に娘が熱を出したため

受験生の姪っ子が泊まりにくるのはどうだろう・・・と悩みましたが

翌日には熱も下がり、嘘のように元気なのと

姪っ子本人が泊まりにくるのを楽しみにしていた

・・・というので、きてもらうことにしました



食事の前は、クリスマスにもらったプレゼントを

娘が見せ 息子が見せ

食事のときは

どちらが姪っ子の隣に座るかでもめて

翌日もこのオモチャで遊び

あのオモチャで遊び


娘は『私が○ちゃんとお話してるの!』

息子は『息子ちゃんが○ちゃんと遊んでるの!』

あ~だ こ~だと大騒ぎ

姪っ子も1人であたふた状態です(^^;



一人っ子の姪っ子にとっては

それがまた楽しいのかもしれませんが(^_^;

ひとしきり子供達の相手をしてくれた姪っ子も

翌日 夕方には義姉と一緒に帰っていきました



『また遊びにきてね

また泊まりにきてね

今度は一緒に寝ようね』



散々 遊んでもらったのに

子供達はいつまでも

いつまでも名残惜しそうでした(^_^;

目に浮かぶようです(^-^)
我が家の子供たちも、私の妹(叔母)や夫の兄(伯父)が大好きでいつも取り合っています。
たまに会って遊んでくれるので、楽しくて仕方ないんですよね。
親は、そうそう遊んでばかりはいられませんから(^_^;;
家族とはまた違うというのが
新鮮なのかも知れませんね
親は怒るけど、従姉は怒りませんし(^^;
また遊びに来てもらったときは
しっかり相手をしてもらおうと思います(^o^)

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。