玉ねぎの定植 | Home | 干し柿作りの第一歩
2018/10/25 21:42 | 印刷

玉ねぎの定植が終わりようやく家庭菜園に目を向けることができるようになった。

まずはイチゴの定植だ。
できることならば10月初めころまでに済ませておきたいところだが遅れ遅れになってしまった。

参考にした資料は家庭菜園誌 野菜だより11月号です。
そのなかで「垂直仕立て栽培」というのがあった。
驚きなのは、野菜作りに施肥は必要ない とのこと。
堆肥も肥料もやらないで作業を進める。
◎マルチは畝全体を覆わず土が呼吸できるよう裾の部分を露出させておくこと。






裾を開けるとマルチが風で飛んでっちゃうじゃん。俺は紐で押さえることにした。
そして定植

イチゴの種類は、とよのか と 女峰 を植えてみた。
ここのところ、大きなイチゴができない自分だ。なんとか来年は大きなイチゴをいっぱい収穫してみたいものだ。
なお、この本によるとランナーは切らずに伸ばすのだとの教えです。やってみようと思う。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。