光V6プラスへの移行奮闘その1 | Home
2020/04/21 14:10 | 印刷

IPv6とIPv4の違いもよく理解しないまま移行しましたが、身に沁みてわかったことは、IPv6になったからと言ってユーザー側は決して下りのロードが早くなるということではないということです。
 むしろ

トラブル続きは今なお不自由しています。

 要するにv6においてサーバー側には無限のIPが得られて沢山のユーザーに対応できるというメリットかなぁーーと思いました。
道理で接続機器である無線ルーター無料だったなぁー……

メールはつながらない。 ようやくできたと思ったらサブメールはつながらない  webは、Elecomのパスワード入力がどんなにリセットしても消えなくなり、また、ネットがつながった時も途中で表示が出て遮断されたりと格闘が続きました。

 疲れてパソコン止めました。

パソコンから離れて思い出したことがありました。

 それは、以前雷障害の後に、NTTの人から聞いた話として、電波の中にも泡のような障害が生じることがあって、それを解き放してやる動作として、機器の解き放しリセットが必要という言葉でした。 電波の泡のような物が一つではない場合もあるという言葉でした。

 デスクトップ型も要するに無線ルーターを通しているわけですので、サーバー側の不安定な状態がしばらく続く……という話と照らし合わせて1晩ルーターに電源を入れたままにしてみました。

結果 翌朝からはその1にお話ししたElecomの入力表示の要求が今のところでません。 ノートパソも通常です。
 ただwebの表示がとても遅いです。 以前より遅い。

 というわけでしばらくルーター電源をいれたまま夕方まで様子を見ました。 変わりないなぁーー ((+_+))

今度は、NTTのホームゲートウェイの電源をぬいてみました。
 リセット後も……スムースではないなぁーーーー

v6後はPPPoEの接続を削除するように言われていたので、削除しました。
 ん??????? 対応していないところもあるので当分平行した方がいいというコメントが!

  マツアズにアクセスするとブログが正常表示しない……
 リロードでようやく正常に。 今日もそうです。

 これってPPPoEの接続削除のせい???
私の頭の中は混乱続きです……


コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。