2019/06/07 8:17

読書 「近未来のブッダ 苫米地英人」

P19
「慈悲深い人」・・・・この世に存在し得ない人・・・本能に任せていては、そうならない・・・・そうとう無理をしないと・・・ならない・・・生きものとしては実に不自然な状態の人・・・

P43
困ってる無関係な人への寄付・・・自分から遠ければ遠いほどいい・・・

P83
慈悲は自分のためでなく・・・「でも・・・巡り巡って自分のためになる・・・でしょう?」・・・その通り、世の中は縁起・・・しかし・・・徹底的に人のためになることを探すのが前頭前野・・・巡り巡って自分のためにならなくてはやりたくないのであれば、そんなものは慈悲とはいいません・・・

P89
日本語の「慈悲」はどうしても上から目線のニュアンス・・・英語のコンパッションは、「パッションを共にする」ということで相手と同列・・・

P199
慈悲的人類の進化・・・誕生時からそういう存在で現れる可能性さえあります。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

2018/11/10 5:55

読んでみたい本ですね〜〜❗️
サッカー選手の本だから。
これも、日常が山雅に染まってきてるからだね^_^

https://www.youtube.com/watch?v=0ixT1cJ1qEo

2018/01/10 5:40

「エドガー・ケイシーのキリストの秘密」






++++++++++++++++

2017/08/13 6:35

「苫米地博士の「知の教室」」 著者 苫米地英人





++++++++++++++++

2017/06/29 8:12

「動物たちと話そう」 著者 ローレン・マッコール




+++++++++++++++