2020/01/13 21:35

はじめに

2000年頃に書いた物語です。
紙を切って、ホチキスで留めて、小さな本みたいなものを作って・・・
2020年書き直して、再度、投稿です。

それでは、どうぞ☆*:.。.

         2020年1月         ひかり

「うさぎは月に帰れない」

月の土地がプレゼントになった
土地1エーカーと電気ドリルがプレゼント
夢とロマンのプレゼント

月は、いつの間にか「誰かの物」になっていた

地球に遊びに来ていた うさぎは
帰れなくなってしまいました

うさぎは泣きました
悲しくて いっぱいいっぱい泣きました
お目目は真っ赤・・・
でも もともと 赤い目の うさぎ
誰もうさぎが泣いていることに気がつきません

12月
たくさんの星が急に輝きだしました
どんなイルミネーションよりも何倍も何倍も美しいです

地球の あらゆる物は
星の光りでキラキラ☆*:.。. キラキラ .。.:*・゜゚・*

しばらく人々は毎夜毎夜の天体ショウに見とれていました

12月が半分過ぎた頃
天の川のような星の固まりが見え
夜空のショウは、さらに素晴らしいことになりました

そして12月の終わる頃
天体ショウは終了
すると
昼間が消えてしまいました

1日、2日、3日・・・・

かすかに・・・
かすかに・・・
さわさわ
さわさわ

何かが起きている
暗闇の中で
何かが起きている

一点の光りが現れました
そして
徐々に明るさが戻ってきました

さーっと やわらかい風が吹き
砂のような粉を片付けていきました

景色は・・・
変わったような
変わってないような
とても難しい「間違い探し」をしているようです

でも 何か違っている

電子レンジの中に入れた食品が
見た目は、さほど変化していないのに
内部が変化している・・・
・・・・・・・・・そんな事が起きてるような感じがしました

だんだん違いを探すことなど
どうでもよくなってきました

だって
みんな笑ってる
みんな楽しそうなんです

うさぎが、私の前にやって来て言いました

「遊びましよ」
次の瞬間
私と うさぎは月にいました

                おわり

著者    ひかり
1963年うさぎ年生まれ
長野県松本市在住

2018/07/22 21:20

私のページに飛びます❗️

http://blog.livedoor.jp/mysoul_hikari22/archives/642435.html






+++++++++++++++

2017/09/19 5:41

子供と孫からプレゼント
あっ❗️敬老の日
ありがとう〜〜〜〜〜〜^_^

大きな袋に
小犬も喜んでお目目キラキラしています
低反発の座布団です
わ〜〜〜〜〜〜〜^_^

小犬の喜びは最高値
イスに置いた途端・・・狙ってます狙ってます❗️
ガシッとくわえてダッシュ❗️
娘に厳重注意されてます

シュン………となりながら
私を見つめ足元をクルクル回ってます
それは・・・・
「おかーさんはダメって言うけどバーはイイよね」・・・と言っているのですかー❓小犬よ

この行動は子供もやるではないか❗️
知恵は人間だけのものじゃない
と小犬は見せてくれました

大事なプレゼントだけど普段使いしたい・・・
娘は壊れたらそれもイイよと言ってくれました

朝・・・座布団は違う場所にありました
真夜中チョッピリ遊んだようです
チョッピリ変形したのが証拠❗️

みんなまだ寝ている早朝に
座り心地のいい座布団に身体を沈め
朝日を待ちながら1日を始める
幸せです^_^








+++++++++++++++++++++


2017/02/01 5:47

一滴を運ぶハチドリ
山の向こうにも
一滴を運ぶハチドリ
互いを知らなくて
一滴をせっせと運ぶハチドリ

ある日
ハチドリ達が出会いました

短い喜びのダンスをして
また 一滴を運ぶため
飛び立ちました






+++++++++++++++