2021/02/19 22:17

7ページ目ができました^_^

①②③④⑤⑥はこちら→ 「note」  https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

今日は、仕事がお休み。
島へ行くことができる^_^
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、はじめて冬を越すオリーブのために『ぽかぽかシート』を用意していた。
たくさんの『ぽかぽかシート』を大きな大きな袋に入れた。

「さ〜行くべ〜・・・んん?」
なんとなく庭に出てみると・・・。
鳥が1羽。
目が合った。

🌳🌳🌳🌳

2ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、部屋に戻った。
そして、おにぎりを1つ、ガーデンテーブルの上に置いた。
また、鳥と目が合った。
すると・・・「んん??」
オルガンの音が庭に降り注ぐように聞こえてきた。
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、小さな声で歌いはじめた。
「泣き腫らす空は晴れ
 耳ふさぐ音は消えた
 小鳥の声は涼やか
 心に響く励まし・・・♪♫」

「さ〜行くべ〜」『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、屋根の方を見て言った。

🌳🌳🌳🌳

3ページ目

蜂すずめがカモメの顔の近くまで飛んできて、静止飛行しながら言った。
「今日は、わたしたちも一緒に島に行きたいのだけど・・・どうかな〜?」
カモメは驚いた!
うれしくて、うれしくて。
そして、みんなで行けれる方法を考えた。
カモメは言った。
「みんなで行こう❗️島に行こう❗️オリーブを見に行こう❗️」

🌳🌳🌳🌳

4ページ目

「蜂すずめさん、よだかさんの背中の羽に入ってみてください。
よだかさん、飛んでるみたいに羽を動かしてみてください」と、カモメが言った。
蜂すずめは、羽の中にもぐり込んで、しっかりつかまっていられる場所を探した。
よだかは、大きく、力強く羽を動かした。

🌳🌳🌳🌳

5ページ目

「さー行こう」と、カモメは言った。

よだかは、空に浮かんだ。
カワセミとルリビタキも空に浮かんだ。

カモメは、一瞬、目を閉じ、港の大きな建物の、3階のマスターデッキの風景を瞼の裏に映した。
そして、カモメも空へ浮かんだ。

ガーデンテーブルでおにぎりを食べている鳥が、浮かんでから飛んで行く鳥たちを見ていた。

🌳🌳🌳🌳

6ページ目

川を越え、
高速道路を越え、
線路を越え、
カモメ、よだか、カワセミ、ルリビタキ、そして、蜂すずめは、海に向かって飛んだ。
右にショッピングモール。
左に『シオーモの小径』が見えた。
「もう少しだよ」カモメが言った。
『シオーモの小径』を歩くカメラマンが、サイズの違う鳥たちが、縦に、横に、1列になって飛んでいるので、写真を撮りはじめた。
カメラマンは、どんな鳥だろう?と、ズームしてみると、黒っぽい鳥の背中の中に、小さな顔を見つけた。
カメラマンは、シャッターを切った。

🌳🌳🌳🌳

7ページ目

カモメ、カワセミ、ルリビタキ、よだかは、マスターデッキに降りたった。
蜂すずめは、よだかの背中から飛び出た。
「ありがとう。よだか兄さん!」

カモメ、カワセミ、ルリビタキ、よだか、蜂すずめは、横に1列に並んで港を見た。
おだやかな海。
海面はきらきら、きらきら。
光の子が飛びはねてる。

🌳🌳つづく🌳🌳

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g