2020/11/25 22:56


⑥ー5、6、7ができました^_^

①②③④⑤はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

夜⭐️
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『ふた昔前の店』という名前の店に行った。
時々、行っては、この店のカウンターの中に入って、店主と一緒に歌を歌った。
屋根裏部屋のような小さな細長い店。
過去を流すTVがあった。

🌲🌲🌲🌲

2ページ目

『満ちたものしか降りれない屋根』に、こんばんも、『D社の乗り物』がやって来た。
ガイドのフランチェスコさんが、宮沢賢治さんと『星めぐりツアー』のお客さんを屋根に降ろした。
カモメ、よだか、カワセミ、蜂雀、青い鳥がお客さんを迎えた。
この屋根での『読み聞かせ』が、ツアーに付け加えられたからだ。
「ね〜ね〜本を読んで」と蜂雀が言った。
宮沢賢治さんは、「何がいいかな?」と言いながらトランクを開けた。
「銀河鉄道の夜をお願いします」と、ツアー客の1人が言った。

🌲🌲🌲🌲

3ページ目

『ふた昔前の店』は、『落花生の殻は床に落とす』というスタイル。
お客さんたちは、今日もソレを楽しんでいた。
はじめて来たお客さんが、細長いお店の奥の方を見た。
壁の下の下の方に、小さな小さな扉の絵が描いてあるのを見つけた。
そして、その扉の絵の前には、小さなお皿。
お皿には、中身の入ってる落花生が3つのっていた。
はじめて来たお客さんは、店主に、その扉の絵とお皿の事を聴いた。
「あ〜アレね。別の場所と繋がっているんだよ。落花生を食べに来る子がいるんだ」

🌲🌲🌲🌲

4ページ目

『D社の乗り物』に乗っていた、うさぎが降りて来て宮沢賢治さんの隣に座った。
『読み聞かせ』の最後のページを閉じた宮沢賢治さんは、「『全体乾杯』がはじまりそうですね。みなさんを連れて、ちょっと行ってきていいですか?」とガイドのフランチェスコさんに言った。
「え〜〜〜〜〜❗️みなさん、ラッキーですよ‼
どうぞどうぞ、行ってらしてください」
すると、うさぎは、小さな扉の絵を屋根に描いた。
「さ〜行ってみましょう」と宮沢賢治さんが言うと、うさぎが扉を押した。

🌲🌲🌲🌲

5ページ目

ぴょん、ぴょん、と、うさぎは進んで行った。
扉の中に入って行こうとする者から、体のサイズが変わっていった。
ツアーのお客さんに続いて5羽も入った。
宮沢賢治さんが「さ〜白いうさぎについて行きましょう」と言うと、うさぎは、ぴょん、ぴょん、跳ねながら歌いはじめた。
「今 助けに来たの
テレパシーを送る
見ざる聞かざるばかりで
時計気にする白いうさぎ

進む足を迷わす出来心
選ぶ道で変わる この行く末
「時が来た」と語る色づく雲
包み直せ 光る無垢の魂
包み直せ 光る無垢の魂」♪♫

🌲🌲🌲🌲

6ページ目

奥の方に扉が見えて来た。
全員が、扉の前まで来ると・・・
うさぎは、扉を押した。
そして、向こう側が見えるようにした。
大きな大きなお皿。
大きな大きな落花生。
大きな大きなたくさんの靴が見えた。

🌲🌲🌲🌲

7ページ目

「本日もお集まりいただきありがとうございます。
それでは・・・
世界が全体幸福になりますように。全体乾杯」

「全体乾杯」
 

🌲🌲つづく🌲🌲

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/24 22:26



⑥ー3ができました^_^

①②③④⑤はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

夜⭐️
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『ふた昔前の店』という名前の店に行った。
時々、行っては、この店のカウンターの中に入って、店主と一緒に歌を歌った。
屋根裏部屋のような小さな細長い店。
過去を流すTVがあった。

🌲🌲🌲🌲

2ページ目

『満ちたものしか降りれない屋根』に、こんばんも、『D社の乗り物』がやって来た。
ガイドのフランチェスコさんが、宮沢賢治さんと『星めぐりツアー』のお客さんを屋根に降ろした。
カモメ、よだか、カワセミ、蜂雀、青い鳥がお客さんを迎えた。
この屋根での『読み聞かせ』が、ツアーに付け加えられたからだ。
「ね〜ね〜本を読んで」と蜂雀が言った。
宮沢賢治さんは、「何がいいかな?」と言いながらトランクを開けた。
「銀河鉄道の夜をお願いします」と、ツアー客の1人が言った。

🌲🌲🌲🌲

3ページ目

『ふた昔前の店』は、『落花生の殻は床に落とす』というスタイル。
お客さんたちは、今日もソレを楽しんでいた。
はじめて来たお客さんが、細長いお店の奥の方を見た。
壁の下の下の方に、小さな小さな扉の絵が描いてあるのを見つけた。
そして、その扉の絵の前には、小さなお皿。
お皿には、中身の入ってる落花生が3つのっていた。
はじめて来たお客さんは、店主に、その扉の絵とお皿の事を聴いた。
「あ〜アレね。別の場所と繋がっているんだよ。落花生を食べに来る子がいるんだ」

🌲🌲つづく🌲🌲

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/24 22:26



⑥ー3ができました^_^

①②③④⑤はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

夜⭐️
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『ふた昔前の店』という名前の店に行った。
時々、行っては、この店のカウンターの中に入って、店主と一緒に歌を歌った。
屋根裏部屋のような小さな細長い店。
過去を流すTVがあった。

🌲🌲🌲🌲

2ページ目

『満ちたものしか降りれない屋根』に、こんばんも、『D社の乗り物』がやって来た。
ガイドのフランチェスコさんが、宮沢賢治さんと『星めぐりツアー』のお客さんを屋根に降ろした。
カモメ、よだか、カワセミ、蜂雀、青い鳥がお客さんを迎えた。
この屋根での『読み聞かせ』が、ツアーに付け加えられたからだ。
「ね〜ね〜本を読んで」と蜂雀が言った。
宮沢賢治さんは、「何がいいかな?」と言いながらトランクを開けた。
「銀河鉄道の夜をお願いします」と、ツアー客の1人が言った。

🌲🌲🌲🌲

3ページ目

『ふた昔前の店』は、『落花生の殻は床に落とす』というスタイル。
お客さんたちは、今日もソレを楽しんでいた。
はじめて来たお客さんが、細長いお店の奥の方を見た。
壁の下の下の方に、小さな小さな扉の絵が描いてあるのを見つけた。
そして、その扉の絵の前には、小さなお皿。
お皿には、中身の入ってる落花生が3つのっていた。
はじめて来たお客さんは、店主に、その扉の絵とお皿の事を聴いた。
「あ〜アレね。別の場所と繋がっているんだよ。落花生を食べに来る子がいるんだ」

🌲🌲つづく🌲🌲

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/24 9:10



⑥ー2ができました^_^

①②③④⑤はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

夜⭐️
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『ふた昔前の店』という名前の店に行った。
時々、行っては、この店のカウンターの中に入って、店主と一緒に歌を歌った。
屋根裏部屋のような小さな細長い店。
過去を流すTVがあった。

🌲🌲🌲🌲

2ページ目

『満ちたものしか降りれない屋根』に、こんばんも、『D社の乗り物』がやって来た。
ガイドのフランチェスコさんが、宮沢賢治さんと『星めぐりツアー』のお客さんを屋根に降ろした。
カモメ、よだか、カワセミ、蜂雀、青い鳥がお客さんを迎えた。
この屋根での『読み聞かせ』が、ツアーに付け加えられたからだ。
「ね〜ね〜本を読んで」と蜂雀が言った。
宮沢賢治さんは、「何がいいかな?」と言いながらトランクを開けた。
「銀河鉄道の夜をお願いします」と、ツアー客の1人が言った。

🌲🌲つづく🌲🌲

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/22 9:30

⑥ー1ができました^_^

①②③④⑤はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

夜⭐️
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『ふた昔前の店』という名前の店に行った。
時々、行っては、この店のカウンターの中に入って、店主と一緒に歌を歌った。
屋根裏部屋のような小さな細長い店。
過去を流すTVがあった。

🌲🌲つづく🌲🌲

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/22 8:04


「全体が幸福」
もれなく
あなたもわたしも入ってる

2020/11/22 7:56


全体が乾杯

2020/11/22 7:56


全体が乾杯

2020/11/21 21:46


人間が証明

2020/11/21 7:54


アイシティでGET〜^_^
むふ❣️

2020/11/20 8:43


最初に
自分に折り合いをつける習慣

2020/11/17 18:15

チーム直坊キャプテンのブログ
公式ジャンル「東北の暮らし」で9位だよ。

https://ameblo.jp/naobow6969696969/entry-12638283414.html

2020/11/17 16:02


ねじれてた
歌への氣持ちが
真っ直ぐになってきて
小さな結果が楽しい
そしてまた進む

2020/11/16 8:36


目的を変えたら
効能が変わった

2020/11/15 7:18


今日は これを着て
「やきそばよっちゃん」のお手伝い^_^
フレーフレー山雅⚽️🟢

2020/11/14 7:56

フランチェスコさんのブログへ

https://ameblo.jp/sasaki-francesco/entry-12637740744.html

2020/11/13 21:35



⑤-8ができました^_^

①②③④はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

『明日、島に行きます。
9時30分発の船で行きます。
オリーブ畑を見て見たい人は集まれ〜。
島にお店はありません。
お弁当忘れずに❗️』と、ブログに書いた。
そして、『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、庭に出て、月や星、惑星を見て楽しんだ。
すると、夜空の奥の方で、キラッと『D』が見えた。
「お〜また現れたな〜。おいで、おいで〜〜」と言うと、もう、庭に透明な四角い箱の乗り物が着陸していた。
ガイドのフランチェスコさんが降りて来た。
ふたりは、とてもうれしそうに挨拶を交わした。
「今日は、あなたにお会いしたいという、おふたりをお連れしました。
おふたりは、今、『D』社の『星めぐりツアー』に参加されているんです。
キャプテンとアミさんです」

🍀🍀🍀🍀

2ページ目

「わお‼️宇宙人⁉️」と『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
キャプテンは、「わたしから見たら、あなたも宇宙人ですよ」
4人は、楽しそうに笑い合った。
「でも、なぜここに?」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
「これをお渡ししたくて」と、アミさんが四角い布を広げた。

🍀🍀🍀🍀

3ページ目

「わ〜〜❗️オリーブの葉とお地蔵さまが描いてある〜‼️」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、じーっと、その布を見た。
「キャプテンとわたしは、地球の『ひかり』が、どれだけ増えているか氣にしていました。その時、氣持ちが軽くないと乗れない『D』社の乗り物に乗っているあなたとすれ違いました。それで、こちらのフランチェスコさんにあなたの事を聴きました」と、アミさんが言った。

🍀🍀🍀🍀

4ページ目

「たくさんのオリーブの実がなりますように」と、アミさんが言った。
そして、布を広げた。
4人は、布の端を一ヶ所づつ持った。
オリーブの葉とお地蔵さまが描かれた布を囲むと・・・
4人の、あたたかい『ひかり』が高速でつながった。

🍀🍀🍀🍀

5ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、ぐっすり、ぐっすり眠っていた。
机の上には、お地蔵さまと布。
目覚ましが鳴った。
「あれ?きのうの夜・・・アレは夢?」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、部屋を見渡した。
机の上の、布が見えた。
「あ〜〜〜〜本当だったんだ‼️」

🍀🍀🍀🍀

6ページ目

「また会おうね〜〜って言った記憶がない・・・
4人で布の端を持ったら・・・ま〜〜いいか^_^
今日は、島に行く日だ‼️」と言うと、布団の上にいた猫たちが「にゃ〜にゃ〜」と言いながら布団の中にもぐり込んでいった。
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、布団の上から猫たちをぎゅ〜っとしながら、「お留守番頼んだよ〜」と言った。
そして、島に行く準備をはじめた。
布をゆっくり、ゆっくりたたんで、お地蔵さまと一緒に袋に入れた。
「さ〜❗️行くべ〜」

🍀🍀🍀🍀

7ページ目

船着場には、きのうのブログを見て集まってくれた人たちがいた。
1人、2人、3人‼️
「さ〜出港だ〜!」

カモメは、船の速度に合わせて飛行した。
船があげる水しぶき。
船がおこす風の流れ。
船に寄り添って飛行した。

🍀🍀🍀🍀

8ページ目

1つ目の島。
2つ目の島。
オリーブ畑は、3つ目の島。
1時間の船の旅。
2つ目の島では、猫が何匹も何匹も日向ぼっこ。
あの日を乗り越えた猫たち。
あの日のあとに産まれた猫たち。

🍀🍀つづく🍀🍀

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/13 10:19


生きる事に飽きない工夫

2020/11/12 8:17


肉体ありの星めぐりの旅
肉体なしの星めぐりの旅
どちらにも「私」

2020/11/11 18:54

2020/11/10 21:33


これでもかこれでもかというほど
わたしはいったいなにとたたかってきたのだろうか
知り得るまで
知り得るまで

2020/11/10 15:05



⑤-5、6、7ができました^_^

①②③④はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

『明日、島に行きます。
9時30分発の船で行きます。
オリーブ畑を見て見たい人は集まれ〜。
島にお店はありません。
お弁当忘れずに❗️』と、ブログに書いた。
そして、『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、庭に出て、月や星、惑星を見て楽しんだ。
すると、夜空の奥の方で、キラッと『D』が見えた。
「お〜また現れたな〜。おいで、おいで〜〜」と言うと、もう、庭に透明な四角い箱の乗り物が着陸していた。
ガイドのフランチェスコさんが降りて来た。
ふたりは、とてもうれしそうに挨拶を交わした。
「今日は、あなたにお会いしたいという、おふたりをお連れしました。
おふたりは、今、『D』社の『星めぐりツアー』に参加されているんです。
キャプテンとアミさんです」

🍀🍀🍀🍀

2ページ目

「わお‼️宇宙人⁉️」と『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
キャプテンは、「わたしから見たら、あなたも宇宙人ですよ」
4人は、楽しそうに笑い合った。
「でも、なぜここに?」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
「これをお渡ししたくて」と、アミさんが四角い布を広げた。

🍀🍀🍀🍀

3ページ目

「わ〜〜❗️オリーブの葉とお地蔵さまが描いてある〜‼️」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、じーっと、その布を見た。
「キャプテンとわたしは、地球の『ひかり』が、どれだけ増えているか氣にしていました。その時、氣持ちが軽くないと乗れない『D』社の乗り物に乗っているあなたとすれ違いました。それで、こちらのフランチェスコさんにあなたの事を聴きました」と、アミさんが言った。

🍀🍀🍀🍀

4ページ目

「たくさんのオリーブの実がなりますように」と、アミさんが言った。
そして、布を広げた。
4人は、布の端を一ヶ所づつ持った。
オリーブの葉とお地蔵さまが描かれた布を囲むと・・・
4人の、あたたかい『ひかり』が高速でつながった。

🍀🍀🍀🍀

5ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、ぐっすり、ぐっすり眠っていた。
机の上には、お地蔵さまと布。
目覚ましが鳴った。
「あれ?きのうの夜・・・アレは夢?」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、部屋を見渡した。
机の上の、布が見えた。
「あ〜〜〜〜本当だったんだ‼️」

🍀🍀🍀🍀

6ページ目

「また会おうね〜〜って言った記憶がない・・・
4人で布の端を持ったら・・・ま〜〜いいか^_^
今日は、島に行く日だ‼️」と言うと、布団の上にいた猫たちが「にゃ〜にゃ〜」と言いながら布団の中にもぐり込んでいった。
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、布団の上から猫たちをぎゅ〜っとしながら、「お留守番頼んだよ〜」と言った。
そして、島に行く準備をはじめた。
布をゆっくり、ゆっくりたたんで、お地蔵さまと一緒に袋に入れた。
「さ〜❗️行くべ〜」

🍀🍀🍀🍀

7ページ目

船着場には、きのうのブログを見て集まってくれた人たちがいた。
1人、2人、3人‼️
「さ〜出港だ〜!」

カモメは、船の速度に合わせて飛行した。
船があげる水しぶき。
船がおこす風の流れ。
船に寄り添って飛行した。

🍀🍀つづく🍀🍀

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/10 8:17


「やきそばよっちゃん」に行ってきました
「TV見たよ〜」というお客様がいっぱい‼️

2020/11/09 18:10


縮小してるのに拡大してる

2020/11/08 8:17

2020/11/07 8:22

2020/11/06 8:19


庭の柿がブレイクスルーした
大収穫^_^

2020/11/05 9:32



⑤-4ができました^_^

①②③④はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

『明日、島に行きます。
9時30分発の船で行きます。
オリーブ畑を見て見たい人は集まれ〜。
島にお店はありません。
お弁当忘れずに❗️』と、ブログに書いた。
そして、『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、庭に出て、月や星、惑星を見て楽しんだ。
すると、夜空の奥の方で、キラッと『D』が見えた。
「お〜また現れたな〜。おいで、おいで〜〜」と言うと、もう、庭に透明な四角い箱の乗り物が着陸していた。
ガイドのフランチェスコさんが降りて来た。
ふたりは、とてもうれしそうに挨拶を交わした。
「今日は、あなたにお会いしたいという、おふたりをお連れしました。
おふたりは、今、『D』社の『星めぐりツアー』に参加されているんです。
キャプテンとアミさんです」

🍀🍀🍀🍀

2ページ目

「わお‼️宇宙人⁉️」と『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
キャプテンは、「わたしから見たら、あなたも宇宙人ですよ」
4人は、楽しそうに笑い合った。
「でも、なぜここに?」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
「これをお渡ししたくて」と、アミさんが四角い布を広げた。

🍀🍀🍀🍀

3ページ目

「わ〜〜❗️オリーブの葉とお地蔵さまが描いてある〜‼️」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、じーっと、その布を見た。
「キャプテンとわたしは、地球の『ひかり』が、どれだけ増えているか氣にしていました。その時、氣持ちが軽くないと乗れない『D』社の乗り物に乗っているあなたとすれ違いました。それで、こちらのフランチェスコさんにあなたの事を聴きました」と、アミさんが言った。

🍀🍀🍀🍀

4ページ目

「たくさんのオリーブの実がなりますように」と、アミさんが言った。
そして、布を広げた。
4人は、布の端を一ヶ所づつ持った。
オリーブの葉とお地蔵さまが描かれた布を囲むと・・・
4人の、あたたかい『ひかり』が高速でつながった。

🍀🍀つづく🍀🍀

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/04 8:17


楽しい楽しい水耕栽培^_^

2020/11/03 21:03



⑤-2と3ができました^_^

①②③④はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

『明日、島に行きます。
9時30分発の船で行きます。
オリーブ畑を見て見たい人は集まれ〜。
島にお店はありません。
お弁当忘れずに❗️』と、ブログに書いた。
そして、『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、庭に出て、月や星、惑星を見て楽しんだ。
すると、夜空の奥の方で、キラッと『D』が見えた。
「お〜また現れたな〜。おいで、おいで〜〜」と言うと、もう、庭に透明な四角い箱の乗り物が着陸していた。
ガイドのフランチェスコさんが降りて来た。
ふたりは、とてもうれしそうに挨拶を交わした。
「今日は、あなたにお会いしたいという、おふたりをお連れしました。
おふたりは、今、『D』社の『星めぐりツアー』に参加されているんです。
キャプテンとアミさんです」

🍀🍀🍀🍀

2ページ目

「わお‼️宇宙人⁉️」と『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
キャプテンは、「わたしから見たら、あなたも宇宙人ですよ」
4人は、楽しそうに笑い合った。
「でも、なぜここに?」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』が言うと、
「これをお渡ししたくて」と、アミさんが四角い布を広げた。

🍀🍀🍀🍀

3ページ目

「わ〜〜❗️オリーブの葉とお地蔵さまが描いてある〜‼️」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、じーっと、その布を見た。
「キャプテンとわたしは、地球の『ひかり』が、どれだけ増えているか氣にしていました。その時、氣持ちが軽くないと乗れない『D』社の乗り物に乗っているあなたとすれ違いました。それで、こちらのフランチェスコさんにあなたの事を聴きました」と、アミさんが言った。

🍀🍀つづく🍀🍀

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/11/03 10:22

きのうは、時々、バイトさせてもらってる「やきそば よっちゃん」のTV放送の収録がありました。間近で見させてもらった、グルメ撮影の現場は、超楽しかったです‼️長野放送「土曜はこれダネッ!」11月7日(土)18時〜 写真は、店主よっちゃん と小川こうじアナウンサー。


2020/11/01 8:07


楽しむから楽しい

2020/11/01 7:19


フレーフレー山雅⚽️🟢