行動と頭ん中 | Home | 話し半分としても・・・想像としても・・・知っておく事がある
2009/09/07 15:16 | 印刷

アニメ「名探偵コナン」のグレーの顔、TVのサスペンスの効果音・・・
もう、それだけでゾワゾワしてしまう程の私が、生まれて始めて推理小説を読んでみました。

江戸川乱歩賞受賞作

「三十九条の過失」という作者のタイトルが改題されての発売。
読む前に三十九条とは何でしょう?
タイトルを変えるという事は、作者にとってもかなりハードルの高い作業ではなかったのかしら?
三十九条という「点」ではなく、タイトルをつける時には、あまり内容が見えない物がいいのかしら?  等と考え込んで読み始めました。

過去の時間、過去の場所が、前後左右から突然現われてきて、猛スピードで私は、運ばれていく・・・
これが、推理小説に絶対不可欠な要素なんでしょうね。

終章辺りからは、推理小説のドキドキ感から、人はナゼ人を殺すのか、そして、なぜ殺してはいけないのか・・・連鎖を止める事の大切さを事件を通して教えてくれているように思えました。

そして、最後に・・・・連鎖を止めない人間の愚かさ・・・閉じた本をもう一度めくる事になりました。



お友達のお友達がこの賞をとられたというので読んでみました。
TVドラマになったらイイですね。



追加

三十九条は「へ???」という所で、大きな過失を犯している。
法律を変えなければ。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。

プリズン・トリック遠藤 武文講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、遠藤武文『プリズン・トリック』を紹介します。大きな書店で平積みにされていて目立つ本であった。帯がちょっと大げさすぎるが、交通刑務所内での密室殺人という帯を見てちょっと読んでみようと思いました。 交通刑務所内での密室殺人はすごくひかれて、犯人は誰だということに関しては興味があった。交通事故の加害者と被害者の葛藤というものもすごく描かれていた。結構内容の詳細部分は大雑把なところはあって、ダメだ部分も多いが、推理小説としては総じて良かったと思う。しかし、登場人物が多すぎるということと視点がころころ変わるので、読んでいて誰の視点で書かれているのか一瞬迷うところがあり、わかりずらいなあと思う。もう少し加筆した際にもう少し章立てなど整理してくれたらよかったかなと思いました。 次回の作品でどういうものを書いてくれるか楽しみにしたい。