2020/10/28 18:56


諸事情で
同じウイルスを

2020/10/27 21:10


「興味」
理由
エネルギー

2020/10/25 13:04



④-7から11ができました^_^

①②③はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

6月、45本になった。
7月、50本になった。
9月、52本になった。
10月・・・
島のオリーブたちのはじめての冬。
実験用のオリーブを地植えした。
できるだけ、できるだけ、島のオリーブと同じ環境にしたかった。
水は、雨だけ。
だから、雨がうれしかった。
ほどほどの雨がうれしかった。

🌿🌿🌿🌿

2ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、夢をみていた。
外は雷雨。
でも、ぐっすり眠っていた。
いつものように、船に乗り、島に着いて、凸凹道を歩きオリーブ畑に着くと・・・
オリーブたちが、めちゃ喜んで、『オリーブの木の苗を運ぶ人』を迎えてくれた。
木々の一本一本から妖精が現れて、みんなでダンス~ダンス~ダンス~。
でも・・・妖精のお顔が・・・ちっちゃいおぢさん❗️
目が覚めた『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、ふふふ~~と笑い、
「何はともあれ、恵みの雨をありがとう❗️」と庭の地植えしたオリーブと青空を見つめた。

🌿🌿🌿🌿

3ページ目

お地蔵さまを袋に入れ『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、仕事に行く準備をはじめた。
カモメは、屋根の上で、羽を広げたり、とじたりしながら静かに青空を見つめていた。
海が・・・空につきそうなくらい高く伸びた日。
あの日からカモメは『渡り鳥』をやめてしまった。
でも、今は、島や浜、町や村、川や山・・・『オリーブの木の苗を運ぶ人』の後を追いかけて、見たことがなかった景色を見て、毎日をとても楽しんでいた。

「さ~行くべ~行くべ~~~」と下から声が聞こえた。

🌿🌿🌿🌿

4ページ目

仕事から帰ってきた『オリーブの木の苗を運ぶ人』
明日は、仕事が休み。
それで、久しぶりに、『No.13』という浜に行こうと思った。
なんとなく、なんとなく。
そう・・・『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、この『なんとなく』を大事にしていた。

🌿🌿🌿🌿

5ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『No.13』という浜に向かった。
通り過ぎる風景を見ながら、あの日の朝を思い出した。
あの日は、新車が来て3日目の朝だった。
タイヤがパンクしたのでスタンドによって修理した。
その後、少し前からはじめた『33観音巡り』の18番札所に寄った。
そこに、かわいらしい、お地蔵さまがいた。
お地蔵さまに見とれて見とれて見とれて・・・時間オーバー‼️
ルートを変更して仕事場へ・・・ここで被災・・・した。 

トンネルを抜けて『No.13』という浜に着いた。
袋からお地蔵さまを取り出し砂浜に置いた。
静かな海。
海風が気持ちいい。
この浜は、追悼花火があげられた浜。

🌿🌿🌿🌿

6ページ目

『No.13』という浜からの帰りは、いくつもの村や町を通りながら帰った。
あの日のままの所をいくつも見ながら・・・
時々、車から下りて少し歩いた。
ふと、足元を見ると、草の中に、4つ葉のクローバーがあった。
「また、目が合ったね」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、何度も何度も、こうやって4つ葉のクローバーを見せてくれる『力』に感謝した。
「ありがとう」

🌿🌿🌿🌿

7ページ目

カワセミ、蜂雀、よだか、カモメ、青い鳥、5羽は、『満ちた』ものしか降りれない屋根にいた。
寝転がってゴロンゴロン。
うつ伏せになったり、仰向けになったり、のんびりと足と羽を伸ばしていた。
すると、夜空の奥の方で、一瞬『D』と光った点が、すーっと、5羽のいる屋根まで来て静止した。
あの、360度透明な四角い箱の、乗り物だ❗️

中から宮沢賢治さんがトランクを持って屋根に降りてきた。

🌿🌿🌿🌿

8ページ目

「わ〜〜宮沢賢治さん❗️こんばんは」とカワセミが言った。
4羽もうれしそうに挨拶した。
「こんばんは。みんなが屋根の上にいることを知ったら、また来たくなったんですよ」
蜂雀は、うれしくて、うれしくて、宮沢賢治さんの顔の近くまで飛んで行き、そこで、静止飛行していた。
カモメは、間近で見た、蜂雀の飛行技術にうっとり❣️
「ねーねー本を読んで」とカワセミが言うと、「何がいいかな?」と宮沢賢治さんは、トランクを開けた。
「『双子の星』を読み聞かせして〜〜」と蜂雀が言った。

🌿🌿🌿🌿

9ページ目

「天の川の西の岸に・・・
双子のお星様たちは・・・
丁度あちこちで星めぐりの歌がはじまりました。
〜〜あかいめだまの さそり 〜〜♪♫
東の空が黄金色(きんいろ)になり、もう夜明けに間もありません。
はい。『双子の星』は、これでおしまい」と宮沢賢治さんが言うと、
5羽は、それぞれの羽をめいっぱい広げて、宮沢賢治さんを包みました。

🌿🌿🌿🌿

10ページ目

「また来るね」と言い、宮沢賢治さんは、5羽の顔をやさしく、やさしくなでた。
ずっと、屋根の近くで静止飛行していた、透明な四角い箱の乗り物には、子どもが2人乗っていた。
「この子は、いもうとのトシです。こちらは先日、一緒に旅行したトシさん。『オリーブの木の苗を運ぶ人』のおとうとさん」と宮沢賢治さんが言った。
全員の中の、あたたかい『ひかり』が高速でつながった。
ガイドのフランチェスコさんが、「『読み聞かせ』イイですね〜〜」と言うと、
「わたしも、楽しかったです。きょうだいに聞かせていた頃を思い出しましたよ」と宮沢賢治さんは言った。

🌿🌿🌿🌿

11ページ目

「それでは、離陸します。また、お会いしましょう」とガイドのフランチェスコさんが言った。
5羽は、小さな声で歌いはじめた。
「あかいめだまのさそり〜〜♪♫」
透明な四角い箱の乗り物は、すーっと上昇し、空の奥の方に向かった。
途中、『D』と何度も光りながら。

家の中、『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、お地蔵さまを洗っていた。
なんとなく小さな声で歌いはじめた。
「オリオンは高く うたい つゆとしもとをおとす〜〜♪♫」

🌿🌿( ④はこれでおしまい。⑤へつづく))

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

2020/10/24 18:51



④-6ができました^_^

①②③はこちら→ https://note.com/mysoulhikari

1ページ目

6月、45本になった。
7月、50本になった。
9月、52本になった。
10月・・・
島のオリーブたちのはじめての冬。
実験用のオリーブを地植えした。
できるだけ、できるだけ、島のオリーブと同じ環境にしたかった。
水は、雨だけ。
だから、雨がうれしかった。
ほどほどの雨がうれしかった。

🌿🌿🌿🌿

2ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、夢をみていた。
外は雷雨。
でも、ぐっすり眠っていた。
いつものように、船に乗り、島に着いて、凸凹道を歩きオリーブ畑に着くと・・・
オリーブたちが、めちゃ喜んで、『オリーブの木の苗を運ぶ人』を迎えてくれた。
木々の一本一本から妖精が現れて、みんなでダンス~ダンス~ダンス~。
でも・・・妖精のお顔が・・・ちっちゃいおぢさん❗️
目が覚めた『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、ふふふ~~と笑い、
「何はともあれ、恵みの雨をありがとう❗️」と庭の地植えしたオリーブと青空を見つめた。

🌿🌿🌿🌿

3ページ目

お地蔵さまを袋に入れ『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、仕事に行く準備をはじめた。
カモメは、屋根の上で、羽を広げたり、とじたりしながら静かに青空を見つめていた。
海が・・・空につきそうなくらい高く伸びた日。
あの日からカモメは『渡り鳥』をやめてしまった。
でも、今は、島や浜、町や村、川や山・・・『オリーブの木の苗を運ぶ人』の後を追いかけて、見たことがなかった景色を見て、毎日をとても楽しんでいた。

「さ~行くべ~行くべ~~~」と下から声が聞こえた。

🌿🌿🌿🌿

4ページ目

仕事から帰ってきた『オリーブの木の苗を運ぶ人』
明日は、仕事が休み。
それで、久しぶりに、『No.13』という浜に行こうと思った。
なんとなく、なんとなく。
そう・・・『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、この『なんとなく』を大事にしていた。

🌿🌿🌿🌿

5ページ目

『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、『No.13』という浜に向かった。
通り過ぎる風景を見ながら、あの日の朝を思い出した。
あの日は、新車が来て3日目の朝だった。
タイヤがパンクしたのでスタンドによって修理した。
その後、少し前からはじめた『33観音巡り』の18番札所に寄った。
そこに、かわいらしい、お地蔵さまがいた。
お地蔵さまに見とれて見とれて見とれて・・・時間オーバー‼️
ルートを変更して仕事場へ・・・ここで被災・・・した。 

トンネルを抜けて『No.13』という浜に着いた。
袋からお地蔵さまを取り出し砂浜に置いた。
静かな海。
海風が気持ちいい。
この浜は、追悼花火があげられた浜。

🌿🌿🌿🌿

6ページ目

『No.13』という浜からの帰りは、いくつもの村や町を通りながら帰った。
あの日のままの所をいくつも見ながら・・・
時々、車から下りて少し歩いた。
ふと、足元を見ると、草の中に、4つ葉のクローバーがあった。
「また、目が合ったね」
『オリーブの木の苗を運ぶ人』は、何度も何度も、こうやって4つ葉のクローバーを見せてくれる『力』に感謝した。
「ありがとう」

🌿🌿つづく🌿🌿

YouTube 「オリーブの木を育てよう」
作詞作編曲   伊藤心太郎さん

https://www.youtube.com/watch?v=kC-bS8r2x6g

| 1 / 20 | 次へ≫