アサ科 カナムグラ | Home | イネ科 ヨシ 2009
2009/09/15 23:47 | 印刷













刈った田んぼにコンバインで藁が撒かれるから、雨が降ると藁が濡れて、カビが発生する。
曇り空だとよくカビが生え、風があると特に胞子がよく飛ぶようです。

外出時に目と鼻が痒い場合でも、花粉以外にカビの胞子も空中アレルゲンなので、
このことを知らないで問診すると、間違ったアレルゲン診断(推測)に行き着いて
しまうかも知れない。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。