マツ科花粉 たぶんヒマラヤスギ | Home | 日本気象協会発表の2009スギ花粉予測
2008/10/19 0:01 | 印刷

【イ ネ 科】 今年のイネ科花粉の飛散はほぼ終了しました。

【キ ク 科】 ヨモギ花粉はごくわずかしか認められません。
        人によっては、栽培菊の花粉で症状が出ることがあるのでご注意ください。

【そ の 他】 大気中に浮遊している生物学的因子でアレルギーをおこすものとして、
         カビ胞子がかなり多くなっています。

キク科植物の花粉には、交差抗原性があるので、栽培菊などの花粉についても、
濃厚接触を避けておいたほうが無難でしょう。

外出時に鼻・結膜症状が出ている場合、一部の人ではカビ胞子が原因になっています。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。