イネ科 コスズメガヤ | Home | 芝生の代わりになる植物(2)
2008/07/23 1:53 | 印刷

芝の類はイネ科植物ですので、イネ科花粉症の人は自宅庭のグランドカバーには
使わないほうがいいと思います。これが代替品になる植物の双葉です。












芝にかわるグランドカバーは何がよいか、費用やメンテナンスなどを検討してみましたが、
シロツメクサは有力候補の一つです。

アレルギー対応住宅には、外気の温湿度をモニターするために百葉箱を設置することに
なっているのですが、設置基準によれば芝などで地面からの照り返しを防いた場所に
設置しなければならないので、芝にかわるグランドカバーが必要になりました。

工事中は敷地内で栽培はできないので、平行して別の場所で準備を進める必要があります。
そこでクリニック外通路でロックウールを広げ、シロツメクサの種を蒔いて育てています。
入居時にある程度のグランドカバーをそろえておきたいときにはよい方法かと思いました。













但し、虫媒花のためにミツバチが集まってくるので、ミツバチアレルギーのある人には
向いていない方法です。ご注意ください。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。