イネ科 カモジグサ | Home | 今日のイネ科花粉は凶悪
2008/06/18 1:38 | 印刷

ドクムギ属の中で交雑がおきやすいので純粋種ではないかもしれません。
















イタリアンライグラスという牧草ではありますが、小麦栽培農家にとっては、
ネズミムギは小麦の収量を減らすやっかな雑草になっています。














イネ科花粉症 花粉曝露リスク管理データ(松本市・安曇野市)
----------------------------------------
ネズミムギ(イネ科ドクムギ属)

開花時期 6月上旬~8月上旬 (2006~2008年松本市の平野部)
住宅地域で見かける頻度 普通
田園地帯で見かける頻度 普通
河川敷にて見かける頻度 普通
牧草としての栽培    高頻度
花粉飛散性 中程度
主要イネ科花粉との交差抗原性 高い

(無断転載を禁ず)

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。