今週の花粉飛散予測20080427 | Home | 空中花粉アクティブサンプラーの基礎実験
2008/04/28 0:01 | 印刷

ある学校のシンボルツリーというか並木になっていて先週から満開でしたので、
カバノキ科花粉症の児童は登下校・グランドでの体育のときに大変だったのでは…












ことしは昨年の1.5倍~2倍くらい花をつけているので、花粉飛散量も多かったと思います。













公共施設の植栽では、スギ・ヒノキだけでなく、カバノキ科(シラカバ、本日とりあげたミズメ)も好ましいとはいえません。誰もが通年で利用する施設としての機能に支障がないようにしたいものです。
既存の植栽については、花芽が出た段階で切り落といてしまうか、セルローズ皮膜を形成する散布薬を使用する方法がありますが(花粉飛散量を減少)、人件費・材料費がかかります。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。