今週の花粉飛散予測20080113 | Home | 飛来したスギ花粉 今年の第一号
2008/01/20 20:12 | 印刷

花粉症の症状を起こすほどの空中花粉は観測されないでしょう。
◎ スギ花粉症の服薬は2月14日頃からをお勧めしています。
 理由:花粉温度計(1/20現在)=126.9℃
 → 昨年より38℃以上、30年平均値より23℃ほど上回っています
◎ スギ花粉第一波来襲カウントダウン(花粉温度計300℃)を始めました。

現在、当地域では空中花粉の飛散はみられません。
鼻症状・結膜症状が見られる場合、花粉以外の原因をご検討ください。

今年のスギ・ヒノキ花粉飛散量は2007年より多く、平年並みかそれに近い数値を予測しています。

飛散開始日についての修正:
1)ここ一週間寒いものの1/1以降、1/20までの最高気温の合計が126.9℃と平年以上に高く推移しています。
2)1月下旬は平年並み、2月上旬は平年より気温が高めに推移する可能性がやや高いため、平年より少し早い飛散開始になるでしょう。

今後の気象長期予報によっては変更がありますので、最新の情報でご確認ください。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。