今週の花粉飛散予測20071202 | Home | 今週の花粉飛散予測20071216
2007/12/09 22:34 | 印刷

花粉症の症状を起こすほどの空中花粉は観測されないでしょう。
昨日~本日、名古屋で開催された小児アレルギー学会での発表で花粉症に関連して気になる演題が…

現在、当地域では空中花粉の飛散はみられません。
鼻症状・結膜症状が見られる場合、花粉以外の原因をご検討ください。

12月8-9日の二日間、名古屋市において小児アレルギー学会が開催されました。

一般演題No.90が「妊娠初期のアレルギー性鼻炎の症状は児のアレルギー性鼻炎の発症を促進する」というタイトルで、高知医科大学の先生の発表。
調査方法がアンケート方式であり、機序について抄録には記載されていませんが、とりあえずこのような仮説が出されたということです。

もう一題は、群馬大学の先生による妊婦を対象にした前方視的研究。児の「アレルギー性鼻炎発症には、遺伝的な背景および妊娠中および出生後の環境因子が関与することが示唆された」とのこと。
ここでもやはり妊娠中の環境因子が関与するとだろうとしています。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。