ソメイヨシノの花粉症は多くない | Home | 花粉症の低年齢化(2)
2007/04/17 0:36 | 印刷

スギ花粉飛散もだいぶ減ってきましたが、最近は小学生や幼児の受診が増えています。

本年4月13日まで8週間のスギ花粉飛散数を
昨年の飛散開始から8週間(3/5-4/29)と比べてみました。

今年のスギ花粉飛散数は昨年の3倍以上になっています。

2006年スギ花粉(飛散開始から8週間分) 3262.1個
2007年スギ花粉(飛散開始から8週間分) 10231.3個


一方、同期間のヒノキは、今年の出遅れが目立ち、まだ昨年の63%しか飛んでいません。

2006年ヒノキ科花粉(スギ花粉飛散開始から8週間分) 4565.8個
2006年ヒノキ科花粉(スギ花粉飛散開始から8週間分) 2884.8個


ここまでの両者を合計すると、本年は昨年の約2倍です。

2006年スギ・ヒノキ合計 7827.8個
2007年スギ・ヒノキ合計 13116.1個

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。