標準化アレルゲン治療エキス「トリイ」スギ花粉(1) | Home | 今週のスギ・ヒノキ花粉飛散予測070415
2007/04/14 0:18 | 印刷

松本市梓川地域では4/13(金)に大量飛散が観測されたヒノキ花粉ですが…
標本になって数時間でヒノキ科花粉が変身!その姿を経時的に撮影してみました。

2007年4月11日朝まで24時間捕集したものを、
ゲンチアナバイオレット・ グリセリンゼリーで封入してプレパラートを作成。
(以下、2つある花粉のうち右上の方に焦点を合わせてあります)

この写真は6時間後のもので、内容物は星型ではなく同心円に見えます。


























この写真は9時間後のもので、内容物は星型ではなく同心円に見えます。
焦点のぼけている左下の花粉の内容物は、やや縮小しています。


























この写真は12時間後のもので、内容物は星型に見えます。


























この写真は48時間後のもので、内容物は星型。12時間目のものとほとんど同じです。
以上、ヒノキ花粉の成熟過程が空中花粉標本において観察されることを示しました。
(ヒノキ花粉を鏡検同定する際に知っておくべき重要な知識です)





コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。