小児アレルギー学会で演題発表 | Home | スギ花粉2007 飛散量予測(11) 全国的に少な目の予想
2006/12/03 18:10 | 印刷

この冬、関東甲信では平年より気温が高い確率が50%
(平年並み30%、低い確率20%)という3ヶ月予報が出ています。

平年並みであれば、松本安曇野地方において、
スギ・ヒノキ花粉症に対しての服薬開始は、3月はじめでよいのですが…

過去、暖冬の年には2月下旬からかなりの花粉飛散があったので、
例年より暖かいという気象情報が出ていたら
2月下旬から内服・点眼(人によっては点鼻)を開始するのがよいと考えます。

いつもお世話になっております
 末っ子ですが、あの後熱も出ずに
このまま済みそうです
 出席停止の関係で小学校の保健の先生に
連絡したところ、アデノウィルスの風邪も
 低学年からぼつぼつ流行始めているそうです

 

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。