セイタカアワダチソウ哀歌 | Home | スギ花粉2007 飛散量予測(4)須々岐水神社(里山辺) R4
2006/10/19 1:58 | 印刷

10月16日発表の日本気象協会による来春の花粉飛散予報は、
(全国)来春のスギ・ヒノキの花粉飛散量は例年より少ない。
(東日本・東北)今年度と比べて多い見込み
(西日本)今年度と比べて少ない見込み。

 来春の花粉飛散量が、例年に比べ全国的に少ないだろうという日本気象協会による予測の根拠は、今夏は7月の日射量・日照時間が全国的に少なかったため。今春の東日本・東北の花粉飛散量は記録的に少なかったため、それよりは多くなる見込みとのこと。

(筆者註)日本気象協会の予報は気象データから推測したものであり、実際のスギ雄花の着花状況の観察によるものではありません。筆者が行っている当地方に影響のある地域のスギ雄花の観察では、現在までのところ、1)非常に多いことはない 2)2006年のように非常に少ないということもない 3)平年並み~やや少ないの範囲を示唆する着花状況でした。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。