スギ雄花 着花状態のABCD | Home | 遅咲きのカナムグラと例の花粉
2006/10/16 0:58 | 印刷

ヨモギがほとんどです。飛散数は少ないので、ほとんどの方では症状がでません。
少数ながら以下のような樹木花粉がとれているので、原因を調査中です。

撮影のしばらく前まで破裂していませんでした。
顕微鏡にセットして放置しておいたらワセリンの中へ内容物が飛び出してしまいました。
上にぼやけて写っているのはヨモギ花粉です。





















これはいつ破れたか不明です。裂け目の縁にパピラが見えます。



















以下のものは各1個/7.68cm2だけです。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。