陽樹冠 | Home | 10月13日の空中花粉(写真)
2006/10/15 1:57 | 印刷

スギ40本の陽樹冠を双眼鏡で観察して一本ずつ得点(100,50,10,0点)をつけます。
合計値が着花指数です。

A 雄花が樹冠の全面に着生、密度が非常に高い=100
B 雄花が樹冠のほぼ全面に着生=50
C 雄花が樹冠にまばらに、または樹冠の限られた部分に着生=10
D 雄花が観察されない=0

(昨日からの続き)
(5)よく観察できない個体や他の個体から押しつぶされているものは除く
(6)40個体の陽樹冠を観察して一本ずつ得点(100,50,10,0点)をつけ、
  合計したものが着花指数
(7)判定区分には判定者によりばらつきが出ることがあるから、
  同じ判定者により行われるのが好ましい。
(昨日分・本日分の記事は千葉県スギ花粉生産量調査マニュアルなどから引用)

 静岡県が平成5~15年に行った北遠地域8か所の着花指数の平均値は1,025であったとのこと。静岡県ではこの数値の±25%を平年並としています。
非常に多いは1,763以上、非常に少ないは306以下としています。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。