室内で採取される花粉 | Home | 高山市のヨモギ
2006/10/09 12:37 | 印刷

9月上旬に続いてカビ胞子の大量飛散がみられています。
花粉にカビ胞子らしいものが付着したものもみられています。
花粉はヨモギ、イネ科が少数みられました。

写真は10月7日朝から10月8日朝にかけて採取されたもので、雨上がりであり、
採取場所周辺では稲刈りが済んだ田んぼが水浸しです。

6枚はカビの胞子、一部菌糸が伸びています。

























































花粉に胞子が付着したタイミングはいつなのでしょう?
左はマツ型(たぶんヒマラヤ杉)、右はイネ科です。

















左はおそらくシロザ花粉、右はヨモギ花粉です。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。