富山県産コシヒカリはまだ開花中(写真) | Home | 超どアップ図解 イネの花(写真)
2006/08/18 0:38 | 印刷

お盆休み明けの診療日でした。降雨直前まで外にいた方の症状がひどかった印象です。
この日、水稲(イネ)花粉症で受診された方は、1週間以上前から発症して、お盆休み中は我慢していた方が目立ちました。

この日の水稲(イネ)花粉症の今年度初回受診者は5-13歳の5名と30代男性が1名。幼児の再診が2名。疑い例(ダニアレルギーとの合併で判断に迷う)が2名でした。新患の方の住所は、岡田、島立、和田、梓川倭、三郷とばらばらです。

保育園が水田に隣接しており園で目を痒がるという方は診断が容易でした。
小中学生の兄弟は、鼻炎・結膜炎・喘息発作(この時期だけ)で受診されましたが、
昨年も同じエピソードを経験していました(典型的なイネ花粉喘息です)。
大人の方は屋外プールで長時間過ごした日に大量曝露して発症したそうです。

イネ花粉症は8月上旬から約2-3週間、巧妙に曝露を避ければその年は発症しない可能性がかなりあるだろうと思われます。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。