イネ科 オニウシノケグサ Tall fescue | Home | Weeping Lovegrass 抄 -1-
2006/06/24 1:17 | 印刷

今が旬です。でも・・・食べると口や喉がイガイガするあなたは…
















口腔アレルギー症候群:

この病気の原因としてシラカバ(4月末-5月)やハンノキ(3-4月)など
カバノキ科花粉症が最も重要です。
松本・安曇野地域は北海道と同様に白樺が多い土地です。

シラカバ花粉の主要抗原であるBet v1は、
サクランボの主要抗原Pru a 1の分子構造と
約70%の相同性があると報告されています(文献)。

つまり、あなたはサクランボを口にほおばったのに、
あなたの口腔粘膜は「シラカバ花粉を舐めた~」って感じているのです。

(文献)
Scheurer S, Metzner K, Haustein D, Vieths S.
Molecular cloning, expression and characterization of Pru a 1, the major cherry allergen. Mol Immunol 1997;34(8-9):619-29.

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。