2006/03/30 0:11

鼻づまりに対する薬の注意事項

冷えによる鼻症状としてよくみられる
鼻づまりに対して、市販または医師処方の
血管収縮剤(即効性があるが数時間で効き目が切れる)
を1週間以上連用してしまうと、

鼻が詰まる→点鼻→一時的に通るがまた詰まる
→点鼻→通っている時間が短くなり詰まり方が
以前よりもひどくなる→点鼻→…

という<泥沼>におちいりますのでご注意ください。

温めるはたらきがある漢方薬の小青竜湯は
気温が低下した時期にみられる症状に
効くことがあります。

しかし、
ティッシュが一箱すぐに終わってしまうような
激しい鼻炎発作の場合には
歯が立ちません。

なお、
小青竜湯は、世の中で一番まずい味の薬の一つに
あげられていますので
美味しい薬に慣れた方はくれぐれもご注意ください。

また、高齢者や胃腸の弱い方には
小青竜湯は向いていません。

そのほか
鼻閉によく効く薬はいくつかありますので、
詳しくは、かかりつけの医師にご相談
いただければ幸いです。


以上の記事は

昨日のコメントへのリプライを兼ねています。
eisin様 コメントありがとうございました。