2020/06/23 13:34

そう思われても仕方がないくらい
ご無沙汰してしまいました…(-_-;)

そして今年もこの花の季節がやってきました。
みとんが大好きだったネペタ。
実は昨年の株はひと冬越したら出てこなくて
春先に新しい苗を植えました。

今月24日はみとんの命日。
あれから丸2年。
虹の橋の向こうで
みの兄ちゃんとも仲良く元気にしているでしょうか…



そして日々何かをやらかしている現世のにゃんず。
この夏で15歳になるあず
若者たちに囲まれて刺激をもらいつつも
いちばんマイペースに日々を過ごしています。
よく寝てよく食べる(^^)。
特に病気をすることもなく、
病院に行くのは年に一度のワクチン接種ぐらい。
日々元気にしています。



ここ数か月定期的にツイッターに載せている
朝と晩の「集合場所」(冬の間は「ストーブ前」でした)
きーちゃんとりーちゃん。


ヒトの食事前になると
みんなが集まってくる場所だったので
写真に収めてアップしているのですが
そのときどきで全員集まるわけもなく
けっこう気まぐれな感じになってます。
あずが来るのはごく稀です)

寒い時期にはこんなにゃんこ団子


暖かくなってきたら出窓が人気に。


シンクロ?(^^;)


「ごはん終わった?」


時々勃発、親子バトル。


額と一体化?


お庭散歩♪


以前にもお話しましたが、
びーちゃんは先天的と思われる肝臓疾患があり
毎日のお薬と療法食で対処しています。
そのおかげか血液検査の数値は
正常値よりは高いものの悪化はみられず安定してるので
これからも続けていくことにしています。


そんな中、今月初めに大変なことが…(-_-;)
りーちゃんが突然歩けなくなってしまったのです…


休日のある日、午前中に外出して帰宅し、
いつものようににゃんずにお昼ごはんを出していると
いつもは走ってくるりーちゃんが来ない…
あちこち探しまわるとテーブルの下でうずくまっていました。
ん?何かが変… そう思って抱き上げて、
ふたたび ん?なんで?
そもそもりーちゃんは抱っこが嫌いなので
抱き上げられること自体がありえない。
そっと下ろすと後ろ脚をひきずって動く状態でした。
どこからか落ちた?いや猫だしな…
骨折? 脱臼? いろいろ頭の中をよぎりました。
(全部はずれでしたが)
とりあえず一刻を争うようなことかどうか確認しようと
かかりつけの病院はお昼休みでしたが
留守電を入れると先生が対応してくれるので
電話をして聞いたところ
15時の診療が始まったらすぐに連れてきてくださいとのこと。
その15時までの間にネットでいろいろ調べました。
もしやこれでは…?と思われる原因がありましたが
とにかく診療を待ちました。

病院で、血液やレントゲンなどの検査の結果、
先生の口から告げられたのは「肥大性心筋症」という病名。
心筋が肥大することによって心臓の働きが悪くなる病気。
りーちゃんの場合は血栓ができて大動脈に詰まり
後ろ足やしっぽの動きが麻痺してしまったということです。
まさに私がネットで見て恐れていたことでした。
血栓をとりのぞく手術もあるそうですが、
この病院ではできないし、リスクも高いということで
投薬での治療ということになりました。
血栓が取り除かれなければ血液が流れていかないので、
最悪は足が壊死してしまうこともあるそうです。
とにかく発症してすぐは痛みがあるということで
それに対処する治療を行うために一泊二日で入院。
その後は、自宅で7日間一日2回の注射と飲み薬での投薬を続けることに。

自宅に連れて帰ったものの
後ろ足が動かないとなるとトイレとか困るよな…
ごはんはちゃんと食べてくれるかな… と、心配なことばかり。
とりあえず、ちびにゃんを保護したときに使った
サークルを出して、その中にトイレも入れてみました。
すると、不自由な足ながら
ちゃんとトイレに行って済ませてる!!(感動)
結局りーちゃんは一度も粗相をすることはありませんでした。
ごはんは食欲がないのかなかなか食べてくれず、
最初は薬も砕いてちゅーるに混ぜて、
ごはんは病院で出してもらった高栄養食を少しずつ、
お水もなかなか飲まないので注射器で飲ませました。
それから日々少しずつウェットフードにしたり
カリカリをふやかしたりしてその時食べるものを食べさせて
通常のごはんを以前のように食べるまでに2週間ぐらいかかりました。
その間に、動きが戻るまでに1週間はかかると言われてた後ろ足は
ありがたいことにどんどん回復していき、
せっかく出したサークルも2日で片付けました。
1週間後、病院で診てもらうと
先生が予想していたよりも早い回復のようでした。
注射は7日で終了し、その後はずっと飲み薬を続けています。
発症数日後。
ごはんとお薬と注射でご立腹?(^_^;)



今はほぼ普通に生活しています。
変わったことと言えば、
以前は逃げてばかりで抱っこなんて無理だったけど、
お薬を飲ませるときは捕まえて抱っこさせてもらえること。
わりと大人しくしてくれてます。(前は暴れん坊だった(^^;)
発症したとき病院の先生に
この病気の予後についてお聞きしました。
原因は遺伝的なものと言われてるそうですが、
詳しくはわかってないとのこと。
なので予防も難しいし、発症すると完治もしない。
ほぼ1年以内で亡くなることが多いそうです。
今飲んでいるお薬を続けても
突然死することもあるし、
今回は回復したけれど、今後のことはわからないということ。
でも、先生のところの患者さんで
途中でお薬をやめてしまっても
数年たっても元気にしてるコもいるそうです。
だからりーちゃんも今後はどうなるかはわからないのです。
良い方へ向かうように祈り、見守るだけです。
それはびーちゃんも同じ。

もしふたりが姉弟?兄妹?だとしたら…
一族で肝臓の悪い子と心臓の悪い子が出るということは
滅多にないことかもしれません とは言われました(^_^;)
遺伝と言われれば、にーちゃんにも可能性が。
きーちゃんも兄弟だとすればそれもわからない…
いずれにしても私たち飼い主は
日々のにゃんずの様子をよく見て
その変化に対応していくしかないですね(^^)

今回のりーちゃんのことも
正直なところ、最悪の場合も脳裏をかすめました。
6月がみとんが逝ってしまった月で
まさかりーちゃんまで… と。
でも、きっとみとんが守ってくれたんだと思います。
そしてみのも。そう思うと涙が出ます。
実際、みとんが具合が悪かったときに学んだことが
今回のりーちゃんの自宅での対処にプラスになりました。
まだ推定3~4歳のりーちゃんが虹の橋を渡るには早すぎます。
みのみとんの分も長生きして欲しいんです(^^)



あ!最近もうひとつびっくりしたことが。
網戸越しに撮ったのでボケボケですが。
このにゃんこ。
2年前、きーびーりーが我家に来るようになった頃
何度か一緒に顔を見せてた「ボス」と名付けたコ。
最近またちょこちょこ顔を出します。
来るとみんながそわそわし始めるのですぐわかります。
にーちゃん、しっぽ太くして見てる(^^;)

元気にしてたんだね、ボス。
きっとどこかのおうちの飼い猫さんだと思うな~(^^)
ちゃんとおうちに帰りなよ~♪

ほかにも我家を通り道にしてるよそのコが何にゃんかいます。
その中にキジ白できーちゃんのそっくりさんもいるので
もしかしたら一族かなぁ とか思って見ています。
やっぱり近所のどこかのお宅のコだと思います。
このあたりはまだ、外に出してる家も多いんだろうな…
そんなことも心配したりしてるこの頃です(*^^*)


久しぶりの更新ゆえ長くなってしまいました。
って もっとマメに更新しなよ って話ですが(^_^;)
最後までおつきあいありがとうございました~(^^)/

2019/06/24 13:05

半年ぶりになってしまいました。
我家のにゃんず 毎日大騒ぎで元気にしております(^^)

今日はみとんの一周忌。
あの日から1年。
まだそれしか経ってないんですね。

みとんが大好きだったネペタの花を、
今年はちゃんと残しておいてお供えしました。


半年前に我家のにゃんずメンバーが落ち着いて、
この半年は翻弄されっぱなし。
みのみとんがやらなかった行動を
次々に繰り出すので、
良くも悪くもいろいろ混乱している毎日です。

にゃんずのプロフィールも追加しましたので、
合わせてご覧ください~(^^)/


冷蔵庫の上のきー

盗み食い企むびー

夕食後のくつろぎタイムのりー


お気に入りのカゴに入るにー

冷蔵庫の上~♪

朝ごはん待ち~♪

親子水入らず?

またまた冷蔵庫の上~♪

新しい遊び開拓中

みっちみちの猫ベッド

3イケメン?

て~のひらを~太陽にぃ~~

おっと忘れちゃだめだよ あず


にーちゃんはまだ1歳になりませんが
すくすく育ってきーちゃんを追い越す勢い。
まだまだ大きくなりそうです。
若者に圧倒されっぱなしのあずは、
時々庭に出てのんびりしています。

前回の記事で、
みんなに破られた障子紙を貼らなくちゃ、と書きました。
年末に全部貼ったのですが、
1月の終わりにはことごとく破られました(-_-;)
その上、ふすまやドアの木の部分は
爪とぎとガリガリ噛みのターゲットとなり
あちこち被害にあっていますが、
これもにゃんこと同居の運命と諦めました。

そんないろいろなことを含めて
楽しいことも癒されることもたくさんあります。
こんな暮らしをみのみとん
虹の橋の向こうから見ているのかなぁ…
生前の写真を見ては
もう触れることはできないんだなぁ と寂しく思います。

お供えのおやつを狙うにーちゃん(;'∀')


それでも
今、元気でいてくれるみんなと一緒に
穏やかな?日々が過ごせればいいなぁ と。
そう願うばかりです(*^^*)

にゃんずの日々の様子は
ツイッターで!

2018/12/05 19:41


早いもので今年もあとひと月をきりました。
夏に現れたにゃんずたちも
やっとここにきてあるべき形に落ち着いたかな
という感じです。

ちびにゃん白組


ちびにゃんキジ組








みんなでごはん♪






11月半ば過ぎ
ちびにゃんたちの皮膚炎が回復し
ワクチン接種も2回目を済ませ
この時期をお待ちいただいていた里親さんに
無事にお届けすることができました。
もうだいぶ慣れて無邪気に遊んでいる頃ではないかと
そうであって欲しいと祈るばかりです。

にーちゃん(白♂)は
我家に残ることとなりました。
まだりーちゃん以外のにゃんずとは
微妙な距離で接していますが
決して臆することなく自由奔放に行動していて
びーちゃんやきーちゃんが面食らっている感じ。
それもこれから慣れていくでしょう。


びーちゃん きーちゃん

りーちゃん

あず(なんでこんな写真しかないの…(^_^;)

そしてお空のみのやみとんも
きっとこの展開を見守っていてくれたことでしょう。


ということで。

恐らく兄妹ではないかと思われる
きーちゃん♂
びーちゃん♂
りーちゃん♀
病院の先生曰く 1歳を過ぎたくらいでは とのことで
我家に来た日が推定1歳の3にゃんと

りーちゃんの子供の
にーちゃん♂ 2018年夏生まれ

総勢4にゃんが新たに我家の家族の仲間入りとなりました。
また新たなにゃんずとの生活が始まっていきます。
いったいどうなることやら…(;´∀`)

とりあえず… 年越しまでに
にゃんずにことごとく破られた障子を
全部貼らなくちゃ!(^_^;)

あ。それぞれのプロフィールも作らなくちゃね!
まだ性格も把握しきれてないので
次の更新までに頑張ります!

今日はみのの月命日です。
来月であの日から2年… まだ2年。
たった2年の間に
みとんが旅立って
すぐに続々とにゃんずが現れて…
ほんとに何が起こるかわかりませんねー(;・∀・)


2018/10/24 20:37


10月と言えば…
あずみのが我家にやってきた月。
先月保護したちびにゃんたちと
ちょうど同じぐらいの月齢。


ということで 過去の画像を引っ張り出して…
あず かわいいー(^◇^)

みの くはーかわいい♪



不公平なのでみとんも!
みとんが我家にやってきた日(4月でした)
なんと勇ましい…(^_^;)
すでに月齢4ヶ月になろうとしていましたねー(^^)


ところで。先月保護したりー母さんとちびにゃん4は…


元気にすくすく育っています。

もうカリカリも食べるようになり
トイレも置いておいただけでちゃんと覚え
体重も保護した頃より600gも増えました。

とりあえず仮の名前をと思い
一覧にして貼っておいたら見事にボロボロにされ
しかも雄雌を間違えてたところがあったので
改めて書き直しました。

(いーちゃんがいない…)

キャットタワーも制覇。


左からはーちゃん、にーちゃん
ろーちゃん、いーちゃん。

すでに里親さん探しを始めていますが
すんなりは行かないある事情が…

保護したその日に病院に連れていったところ
真菌を原因とする皮膚病にかかっていることが判明。
真菌は人間にも感染するそうで
人間の水虫の菌が猫に感染することもあるそうです。
免疫力の弱い仔猫がかかりやすく
実際 りー母さんは感染していませんでした。
この仔たちの対処法としては 
週に2回のシャンプー そして軟膏を塗布。
我家では感染を防ぐため他のにゃんずとは隔離しています。
1ケ月が過ぎ症状は改善してきていますが
まだ完治には至っていません。
里親募集を始めてからご連絡をいただいた方には
この事情をお話して
治療を引き継いでいただくか
もしくは完治するのを待っていただくことを
お願いしています。
先住猫さんがいるお宅では
感染の心配をされるのは当然のことでしょうし
仔猫を引き取っていきなり治療を引き継ぐのも
大変なことだと思うので
十分ご理解いただいて対処していだける方に
ちびにゃんを託したいと思っています。
里親さんが見つかるまでは
病院の先生と相談しながら治療を継続していきます。
既にワクチンの1回目は済みました。
毎日元気に飛び回っていますし
人懐こくみんなとってもかわいいです(^^)


さて。他のにゃんずは…
左からきーちゃん あず びーちゃん。
こんなスリーショットも見られるように。
あず、両手に花 ならぬ 両手にイケメン??(^_^;)


こちらのイケメン?ふたり…
♂なので去勢手術が必要になりますが。
びーちゃん(左)は1回目のワクチン済み。
去勢手術の術前の血液検査で肝臓の数値が悪く
手術見送りとなり 今 お薬を飲んでいるところ。
きーちゃん(右)も1回目のワクチン済み
術前の血液検査は特に問題はなく
手術完了 無事おかまちゃんになりました(^^)/
外猫さんだったコたちが
今はすっかり家猫さんになっています。
いちばんびっくりしたのは
きーちゃんの変貌ぶり。
最初に病院に行ったとき診察室で大暴れしたのが嘘みたいに
今は抱っこも爪切りもできるようになりました。

今後ちびにゃんも含めどんな展開になっていくでしょうねー
まずはちびにゃんたちに いいご縁がありますように!(*^_^*)

2018/09/24 21:03

9月になり
あの暑さがウソのように去っていきました。
急に涼しく(寒く?)なったり
また暑さが戻ってきたり
気温の変化に対応するのが大変ですが
お彼岸のお中日も過ぎ
秋は確実に深まってきています。

みとんが虹の橋に旅立って3カ月
まだそれしか過ぎていないのか… と
みとんみのの写真を眺めては
ふっ と笑ってみたり メソメソしてしまったり。
そんな中 秋の虫の声に思い出したみとんの一場面。


スズムシはアタシが守る!みたいな?(^^)



そんな3カ月の間に
我家のにゃんず事情が大変なことになっています。
以前 3にゃんが我家に来ることを書きましたが
あまりにも頻繁にきて しかも家の中でくつろぐし
どんどん家人にもあずにも慣れていくし
どこかへ帰っている様子もないので
最近になって これはもう保護することにしようと
いろいろ準備を始めていました。

名前は仮に呼んでいた名前をそのままに。
(以前の記事で「サバ柄」と言っていましたが
病院の先生曰く 茶色が入ってるのは「キジ柄」では とのことでした)
びー&きー


びー






びー


きー




そしてここに出てきていないもう1にゃん。
りーちゃんは… なんとおなかが大きかった…(・・;)
ただそれに気づいた時点で
もしかしたらどこかの飼い猫さんかも という思いがあり
保護するべきかどうかを迷っていたので様子見。
お盆過ぎぐらいに おなかをぺちゃんこにした
りーちゃんがやってくるようになり
どうやら我家以外で産んだ様子…
それでも朝晩は必ず我家に来ていたので
りーちゃんも保護することに決めて
3にゃんとも一度動物病院に連れていって
健康状態を診ていただいてきました。



そして… 先週のこと。
なんと!りーちゃんがちびにゃんたちを連れてきたのです。








あの小柄なりーちゃんのおなかに
4つものちびにゃんが入っていたなんて!
そしてみんな元気にしています。
もう少ししたら 里親探ししなくちゃ…(;´∀`)
我家に来たのも何かの縁なので。

この混乱した我家の様子を
みのみとんは虹の橋の向こうから
どんな顔して見てるのかなぁ… と毎日思います(^^;


あ。あずは…
毎日こんな感じ…
寝てばかりいた生活に 若者たちが乱入してきたので
ちょっと刺激をもらってるようです(^◇^)