Grails: プラグインのテスト | Home | 「今日から私もスマフォプログラマー」
2011/06/28 23:48 | 印刷

たぶん今メジャーといえるHTML5モバイルフレームワークは、
 ・Sencha Touch
 ・jQuery Mobile
と思われますが、いったいどっちが良いのか比較してみました。
(他にもjQTouchなんかもいい感じですがこれはまたの機会に)

 
Sencha Touch


・UIパーツはJavaScriptで記述
・独自のイベント処理も多く加えられていて、iPhoneで良さげな
 ネイティブのコントロールの多くを実装できてるのには驚き。

ExtJSというデスクトップ系の大きなフレームワークに準じているため、これを
知らない人にはちょっと抵抗があります。しかしその重そうなイメージとは裏腹にサクサク軽快に動作して気持ちがいい。


・・・・・・・・・・・・・・・

jQuery Mobile

・jQuery Projectのファミリー
・UIパーツはHTMLで記述
・対応機種が多い(デスクトップ版ブラウザも対応)
・まだベータ版
 機能が少ない、そのわりに反応などが重い感じ
 (重いのはjQuery UIもそう、jQueryは軽いが信条だったのになぁ)


・・・・・・・・・・・・・・・


プログラミングが得意な人はSencha Touchなんだろうけど、ここまでコードで書くなら最初からネイティブを前提とした同形式のTitaniumのほうが良いような気もします。
jQuery MobileはHTMLの構造そのものなのでWEBコーダーには何の抵抗もなく作れ、これからはこういうWebby!なやり方がスタンダードなのかなと思えます。

また用途だけで考えれば、iPhoneアプリなみの機能を実装がしたいならSencha Touch、HTMLプロトタイプからサクッとモバイル化したいならjQuery Mobileでしょうかね。
Sencha Touchは特にUIがダサイAndoroidでそれなりにかっこよく作れるのでおすすめ。

とはいえ今となってはHTML/CSS(HTML5/CSS3)の表現力は高く、誰もが慣れ親しんでるのでモバイルアプリの分野においてもUIの構築にはHTMLベースが基本という方向へ行くんだろうなと思っています。となるとやはりjQuery Mobileに期待をします。
でも超リッチなUIのSencha Touchも捨てがたいものがあります。

これはしばらく悩むことになりそうです。

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。