へなちょこと一緒!クリスマスプレゼント選び | Home
2005/12/27 8:24 | 印刷


ダンナのソバチャが今はまっているもの、それはワンワン


その年代の子供を持つ親の間では有名な、NHKの幼児番組
「いないいないばぁっ!」のメインキャラ、それが
”ワンワン”である。


2頭身半くらいのやたら頭のでかい着ぐるみの犬


声は男性(しかも結構年がいってそう)だが、しゃべり方は、
「~なのよ」と、おネエことば


初めて見たときは、ホントにびっくりした。
いない
いないばぁっワンワン

こんなおかまバーのママさんみたいなキャラが天下のNHK
の看板幼児番組のメインキャラでいいのか?!!



まぁ、そんなことはフランス人ソバチャにはわからない。


ソバチャがはまったのは、この”ワンワン”のはじけ加減である。


とにかくテンションが高く、ソバチャが言うには、


「かなりの運動神経の持ち主」


に見えるそうだ。



「僕ならもっと上手くやれる」


と、ソバチャは言う。



ソバチャ「NHKに履歴書を送りたい」


とわけのわからん夢までみている。


彼は犬の調教師の資格を持っていて、


「犬のことは一番よく知っている」からだそうだ。



ちなみにこの”ワンワン”は、着ぐるみは犬だけど、
それ以外に犬らしさはみじんもない。


ってゆーか必要ない、たぶん。



そもそも、このワンワンを知ったのは、おととい。


クリスマスプレゼントで、私の日本人の友人が、「いないいないばぁっ!」
と、「おかあさんといっしょ」をDVDに録画して、コチュ(娘)へと、
贈ってくれたのだ。


コチュはもちろん大喜びで一緒に歌ったり踊ったりしているが、
そんなかわいく踊る娘をたいして見もせずに、真剣に
かぶりつくようにワンワンを見る
ソバチャ。


コチュが何回も同じところを見たがるので、
なかなか先に進まず、次のワンワンが見れずにイラつくソバチャ。



「それにしても日本の幼児番組はすごいね~よくできてるね~」
と感心している。


確かに、フランスではこういう感じの幼児番組はまったく見かけない。



今日、ソバチャの両親の家に昼食に呼ばれた時も、わざわざDVDを持っていって
みんなで「いないいないばぁっ」や「おかあさんといっしょ」を観た。



ちょうどその直前に、トムクルーズと渡辺謙の、「ラストサムライ」を
見て感動に浸っていたソバチャのパパ(彼も日本好き)


「ラストサムライ」のすぐ後に、ワンワンがはじけまくって踊る、
「そうじきロック」をみて、大爆笑。


これ、ラストサムライと同じ国だよね~~?


と私に確認してきた。


ま、100年以上経っているんだからね。


サムライもワンワンになるわけだよ。



ソバチャのママ(私の義母)は、DVDに、「白いネコ」キャラが
でてくる度に、


「あ!あれはキティだわ!キティちゃんだわ!!」


とちょっと自慢げにその場にいるみんなに告げる。


私「いや、キティは耳にリボンがついてるから。あれはただの白いネコ


といちいち訂正するかわいくない日本人嫁。



日本では普通のもの、自分が小さいときからあるタイプの
幼児番組だが、フランスでフランス人と見ると、けっこう笑える。



 今回といい、スターアカデミーといい、抱腹絶倒です。

 フランス人的感覚、理解を超えてます。
 
 これからもガンガン紹介してください。
 

コメント追加

タイトル
名前
E-mail
Webサイト
本文
情報保存 する  しない
  • 情報保存をすると次回からお名前等を入力する手間が省けます。
  • E-mailは公開されません - このエントリーの新規コメント通知が必要なら記入します。