2017/09/18 13:52

9月17日(日)アルピコ交通上高地線の新村車両所にて「モハ10形リバイバルカラー編成」車両撮影会が開催されました。信州ディスティネーションキャンペーン(7月1日から9月末日)に合わせて今年の6月に登場したモハ10形リバイバルカラー編成(モハ3003+クハ3004)をメインに据えたこの企画。この3ヶ月の運行の際に取り付けられていたヘッドマークが今回初めて取り外され「金太郎」とも言われる前面のデザインが初披露されました。
新村車両所ではモハ10形〜に加え、この夏外観の復元を終えたED30形電気機関車の姿も。シールドビームを私鉄電機らしい大目玉に交換、プレートも取り付けられ小柄な車体ながらその姿は誇らし気です。こちらも良い被写体となっていました。
撮影会終了後は新村〜新島々〜松本〜新島々と全線を1.5往復する臨時の快速電車も運行されました。雨こそ上がれどスッキリしない、撮影には余り良くないコンディションでしたが、沿線のあちこちにカメラを構える方の姿がみられました。尚、モハ10形〜は信州DC終了後もこのままのカラーで走りますが、10月に「鉄道の日」を控えていることもあり、暫くはヘッドマークを掲げた姿で走る見込みです。

モハ10形リバイバルカラー編成の運用はこちらで公開しています。

2017/09/13 8:00

新村車両所に新しいモーターカーが入線しました。これまで使用していたモーターカーが老朽化に伴い不調が続いていたことから、今回導入されたものと思われます。平成4年の製造。メーカーは松山重車輌工業株式会社です。(銘板より)
上高地線では現在、レールや枕木など老朽化した軌道の更新工事が進められています。工事は主に夜間実施されるため沿線で目にする機会は余り見られないのですが、文字通り縁の下の力持ちとして今後活躍することが期待されます。

2017/08/23 13:28

今年3月に解体された新村旧駅舎ですが、その際に特徴であった車寄せの装飾と鬼瓦は地元新村地区にて保存されることになりました。保存後どのようになるのか全く情報がなかったのですが、新村駅を訪れてみてびっくり。現駅舎の西側に写真のようなモニュメントが設置されていました。
モニュメントには、筑摩電気鉄道の社章、稲妻のマークと鬼瓦、それから旧駅舎の歴史とイラストが添えられています。ただ、旧駅舎を知らない人がこれを見た場合には何が何だかさっぱりです.筑摩電気鉄道の創設者であり、新村地区の出身である上条信のことについて、一言も触れられていないのは片手落ちの感があります.(そもそも、そういった背景があったが故に保存を求める声が上がった筈…)
歴史的建造物の保存をする目的として、地域の歩みを後世に伝えることがあると筆者は考えます。しかしながら、この展示方法では余りにも情報不足です.また、展示場所が風雨に晒される屋外であることも気掛かりです。筆者自身、旧駅舎の最後の姿を知る人間ですが、今回のモニュメント設置を機に旧駅舎のこと、上高地線のことを伝える方法について今後も模索してゆく必要がありそうです。

2017/08/06 18:06

8月5日(土)は第43回夏まつり松本ぼんぼんでした。同日の上高地線電車ではヘッドマークを掲出(絵柄が新しいものになりました。)お祭りの行われる夕方から夜にかけて上り3本/下り3本の臨時列車も運行されました。
当日は無人駅を含む各駅で電車利用者に向けて写真のうちわが配布されました。絵柄は片面が新村のひまわり畑と3000形電車、そして路娘MOTIONのキャラクターである新村さやかさん。
もう片面は法被姿の渕東なぎささんと臨時列車を含めた帰りの電車の時刻表が印刷されていました。発行はアルピコ交通と松本市地域公共交通協議会。同協議会は公共交通の利用促進・啓発・情報提供などを行う機関です。松本ぼんぼんの日は普段電車を利用されないお客様も数多くいらっしゃることから、良いPRになったのではないでしょうか。

2017/08/05 18:05

上高地線の新村-北新・松本大学前にあるひまわり畑が今年も満開になりました。8月5日(土)・6日(日)には松本大学の学生さんによる「ひまわり祭り」も開催され上高地線電車にも「新村のひまわり」をPRするヘッドマークが掲出されました。
筆者が訪れた際は電車と花の組み合わせを狙うらしいカメラマンの姿も見られました。この電車とひまわりの組み合わせは2009年頃からメディアにも登場するようになりましたが、ここに来てすっかり定着してきた様です。ちなみに…今年は例年より花の背が高い?と見えて、理想の構図を撮るには踏み台・脚立等があった方が良いかも知れません。12日頃まで楽しめるそうです。訪問はお早めに。

2017/07/22 21:44

6月より走り始めたモハ10形リバイバル塗装列車(3003-3004編成)にちょっとした変化がありました。変わったのは側面に取り付けられている車番プレートです。運行開始から暫くの間は他の編成と同様の書体が使われていましたがこれが今回丸ゴシックに変更されました。お手元に写真がある方は是非見比べてみてくださいね。
この日は雨の日曜日。松本駅に到着した列車からは山からの帰りと思われるお客様が降り立ちます。この日は特に中高年のお客様が目立ったのですが、中には10形電車が現役だった頃にも上高地線を利用されたお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

2017/07/16 8:15

鐡道車輌擬人化計画「路娘MOTION」の企画としてスタンプラリーが始まりました。現在、スタンプラリーに参加しているのはアルピコ交通と銚子電鉄の2社。既に路娘のいる5社局も順次追加されるのでしょうか。写真の広告によれば、スタンプを2つ集めるとご当地名産品かオリジナルグッズが貰えるそうです。
スタンプラリーの参加するには、スタンプラリーの台紙(100円)の購入が必要です。アルピコ交通ではスタンプ設置駅である新島々駅窓口で販売中。新村さやかさんのポストカードが付いてきます。また同駅と新村駅窓口では特大缶バッヂとアクリルキーホルダーも販売中。新村さやかさんは、アルピコ交通車内で生まれたキャラクターではありませんが、渕東なぎささんのグッズが登場後半年以上経って登場したことを考えると非常に早い展開です。

2017/07/13 23:05

今回は3000形車内にあるつり革の話題です。丸い吊り輪の上の広告スペースから「井上友の会」が姿を消していました。(井上は松本の地場百貨店です。)県外からお越しの方によく「井上友の会とは何ですか?」と質問を受けたりしたのも今は昔。百貨店全体の苦境が報じられる中で少し寂しい気がします。それはさておき、写真はとある編成で見かけたものです。ご当地の井上を差し置いて何故か遠くの「東急百貨店」の文字が入ったつり革が一つ。もうお分かりですね、5000形電車で使われていたものをこちらに持ってきたのです。地方鉄道はつり革一本買うのも大変なんですよ・・・

2017/07/06 21:37

新島々駅のホームの柱に写真のプレートが取り付けられていました。駅番号であるAK14の下には「しんしましま Shin-shimashima」(つい、声に出して読みたくなる駅名ですね。改めて。) 同様のプレートは3月下旬の時点で北新・松本大学前駅で取り付けられているのを確認しています。現時点では2駅のみでの導入ですが今後各駅に広がって行くのでしょうか。
駅ホームの松本方には新たに柵が設けられていました。ホームエンドに柵がある例は他の路線でも見られるのですが、上高地線の場合は厳重にも本線側にも取り付けられています。先の5月18日に実施されたモハ10形リバイバル塗装列車出発式では大いに役立ったのではないでしょうか。
ところでこの駅ホームから見える昭和電工赤松発電所(ここで作った電気を塩尻の工場で使っているそう)ですが、昨年夏より工事が続いています。我が国では初となる押出成型アルミサッシュを採用した建物ですがこのまま改築されてしまうのでしょうか。

2017/07/03 21:15

大型観光キャンペーン信州DCが7月1日より始まりました。「世界級リゾートへ、ようこそ山の信州」のキャッチコピーを掲げた今回のキャンペーン。山行き電車の上高地線でもその盛り上げに一役買おうと往年のモハ10形カラーが復活、運行されています。最初の土日である1日・2日は大雨の影響により上高地・乗鞍方面の道路がそれぞれ通行止めになるなど出鼻を挫かれる形となりましたが、9月末までの2ヶ月間、沢山のお客様にご利用いただき山国信州を満喫していただければ幸いです。
この信州DCに合わせ、長野県内を走る鉄道事業者では、共同企画として記念入場券を発売。上高地線を運行するアルピコ交通のものは、購入記念証と主要駅、そして渕東・渚各駅の入場券がセットになって1190円です。地紋も松本電鉄・ALPICO・渕東なぎさと三種類使い分けている点が非常に凝っています。お求めは新島々駅・波田駅・新村駅の各窓口にて。記念におひとついかがでしょうか。

2017/06/27 21:05

松本駅7番線上高地線ホームにあるあんどん式の番線表示が変更されていました。今回の変更では青地にプラットフォームである[7]の数字と日本語・英語・韓国語・中国語による「上高地線」とシンプルなものに改められています。
以前はここに新村・波田方面とあったのですが、地域の外から訪れるお客様(特に海外からのお客様)にとっては、これが上高地線であるかどうが重要であること、また使い慣れた地域のお客様にとっては周知の事実…であるとの判断から今回表示から外されたのかも知れません。

2017/06/19 21:22

新村駅でこのようなお知らせが配られていました。『新村さやか&初海あおい 声優オ―ディション 開催』とあります。主催は路娘MOTIONプロジェクト http://locomotion.link/ 上高地線には既にアルピコ交通オリジナルのキャラクタ―渕東なぎささんが居り、地域の皆様に広く知られています。二匹目のドショウか…なんて声も聞こえて来そうですが、3000形電車をモチ―フにしたキャラクタ―デザインから察するに、渕東さんよりはタ―ゲットを絞った形でのプロモ―ションに活躍するのではないでしょうか。

2017/06/11 21:41

モハ10形カラーの電車(3003−3004編成)が走り始めて早一週間。この日は沿線の各所で同編成を撮影して廻ることに。まずは北新・松本大学前−下新にて。北新・松本大学前駅の南東歩いて3分ほどの場所から北アルプスを仰ぐ形で上り電車を捉えます。
こちらは渕東−波田にて。上高地線では数少ない俯瞰ポイントです。普段のダイナミックストライプも勿論良いのですが、やはりこの山と田園に囲まれた、30年前と大きく変わることのない風景にはオレンジとグレーのツートンカラーがより似合うのではないでしょうか。リバイバルカラーはとかく車両にばかり目が行きがちになりますが、こうした沿線風景の中に置いた時に価値を持つような気がいたします。
…とはいえ、やっぱり車両主体で撮りたくもなるのがこの趣味の世界の人間です。順光になる時間まで待って、下新−北新・松本大学前の大カーブで下り電車を捉えました。下新駅からは歩いて7分ほどです。
以前ならば『同じ色の電車ばかりでつまらなーい』と言われた上高地線ですが、なぎさTRAINを加えてこれで3種類。運用情報はバスウォッチャーにて公開しておりますのでお確かめの上この機会に是非お出かけください。

2017/06/04 22:07

アルピコ交通上高地線で、かつて同線で活躍した10形電車のカラーを再現した電車の運行が始まりました。今回、外装が変更されたのは3000形の3003−3004編成。7月からスタートする信州ディスティネーションキャンペーンに合わせた企画です。写真は6月4日に定番撮影地である奈良井川鉄橋(渚−信濃荒井)で撮影したもの。筆者の他にも複数名の方がカメラを向けていました。
オレンジとグレーの車体色が再現されたことはもとより、10形電車に掲出されていたサボ(当時は[松本−島々]でツーマン運行でした。)風の中々ニクい演出も。DC期間中はヘッドマークに隠れて見えませんが、正面の金太郎塗装もしっかり再現されています。
車内には10形電車をはじめとしたかつての上高地線(島々線)の写真が展示されていました。通称アルピコカラーからの大変身に、どちらかといえば普段から利用されている地域のお客様の驚きの方が大きいと思われるのですが、こうした歴史的背景も伝われば良いですね。
記念きっぷも販売されています。新島々・波田・新村の各駅窓口にてお求めください。松本から新村/新村から新島々の乗車券2枚と今回のリバイバルカラーをモチーフにした台紙がセットで800円です。この機会に是非お求めください。

2017/05/26 21:20

上高地線を走る3000形電車のうち1編成が、かつて同線で活躍した10形電車のカラーリングにラッピングされます。昭和30年代に登場し、5000形電車が登場する昭和61年までの約30年間走り続けたこの10形電車。先日の新村旧駅舎内の公開でも現役時の写真を展示しましたが『懐かしい』『島々線と言ったらこの色だよね』と言った声も聞かれました。(島々線が上高地線に改称された直後に10形電車は登場しました。)沿線の方の記憶に残るこの色が、今度の土曜日6月3日、上高地線に再び戻ってきます。(写真はやまびこ国体記念きっぷより)